FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
すんません、毒はきます。
2011年10月27日 (木) | 編集 |
ひょんなことから、昔ほれてたオトコのブログを発見しちまいまして。
いや、めっきり連絡もとっていないし、別にとろうとも思ってないんですけど。
ま、そりゃ発見したら覗くでしょー。んで、読んでみたわけさ。
…だんだんむかっ腹が立ってきましてね。
ぐあーーーー、なんで私、こんなヤツにほれてたんだろ?
全然、魅力的じゃない。むしろ不快。
こんな程度のオトコだったの????
自分の見る目の無さに、ほとほとガッカリしましたさ。

基本的に私は、よっぽどのことがない限りは、好きになった人のことはずっと好きである。
振られたり、別れたりしても、ズルズルと好意を持ち続ける人間である。5年でも、10年でも、20年でも。
けどね。一度嫌いになっちゃうと、とことん嫌いになっちゃう人間でもあるんだなー。
連絡先は全て削除。連絡しない。声も聞きたくない。顔も合わせたくない。もう一生会いたくない。…くらいに。
たぶん、ずっと好きでい続けたいがために、限界まで我慢しているんだろうな。
それで一気に爆発する、と。爆発したら、修復不可能だと。

なるほどねー。これは結婚には向かないわ。
結婚しても、熟年離婚するタイプだな(笑)。

それにしても…と、人の振り見て我が振り直せ。
私のブログも、アヤツのブログのように、誰かを不快にさせたりしているのかなぁ?
彼も別に、特定の誰かを非難したり攻撃的な内容を書いていたりするわけではなかった。
仕事の話をメインに、趣味の話、友達の話、旅先の話、自分の考え…などを書いているだけだった。
でも私にはそれが鼻持ちならなかった。たまらなく不快だった。
うーーーーーーん。してみると、私が不快に感じたのは、彼が悪いんじゃなく私の受け止め方ってことか。
そういうことか。

あー、めんどくさいヤツ、私。
こんな地雷が埋まってるような自分を思うと、ほとほと恋愛するのが面倒くさくなる。
好きになったって、いずれとんでもなく嫌いになるに違いない、と思って面倒くさくなる。
ヤレヤレ。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
No title
こんちーは^^

旅行楽しそうで・・・そう?ではなく楽しさが伝わってきます

読んで読み返して・・・・

ブログってなんなのだろう?と時々思うわけでして

趣味のドールから始めてお洋服アップして

皆様に見ていただき 褒めて?くださって舞い上がって^^の繰り返し

人様の目に留まるのだからあまり過激な事は書けない

見てくださる方が増えてくるとますます 引っかかりのある事は書けなくなって縛られて・・・

あ・・・人を嫌いになる事は多々ありまして 時がたってくると あ・・・それほど悪い人でもないか?と思ったり

人間どなたも表裏 水清くして魚住まず・・・

そんなに追い詰めちゃ駄目ですよ~

きっと良い方現れます^^楽しみだわん^^

元彼さんのブログ もしかしたら綺麗ごとの文章?

べにおさんは彼の裏の部分のご存知な訳で・・・

「え~・・・」と思ったかな?とおもいました



なんだかこちらも寒くて 風邪ひかれたご様子

無理せずお過ごしくだませ
2011/10/27(木) 13:26:00 | URL | 風 #79D/WHSg[ 編集]
No title
風さん

わはー。房総で暴走、楽しんでいただけました?

もう1日分の記事を後日書きますので、またご覧いただければ嬉しいです♪



ブログって、なかなか不思議な存在です。

有り難いことに毎日60名もの方々が読んで下さっています。その中には、実際の私と友達づきあいをしている方あり、ネットでのみ付き合っている方もあり。

基本的に日記のようなものなのですが、実名は伏せるし、感情をそのまま吐露することはしませんし、ある程度見られることを意識して書いています。

読んだ人を不快にさせたくないし、個人が特定されるようには書かない。

けど、自分にウソはつきたくないし、自由度は保っていたい。

たまに、葛藤はありますね。

狭いフィールドでのエッセイのようなものでしょうか。



彼のブログは正直なだけに、デリカシーに欠けるな、と思いました。もちろん、彼にはそんなつもりはないのでしょうが。

私がずっと大切にしているものを、バッサリ切り捨てていたのがガッカリでした。

ま、今にして思えば、デリカシーがないのは昔からだったんですけどね。わははー。
2011/10/27(木) 21:54:00 | URL | みやぢ #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック