FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
初釜♪
2012年01月29日 (日) | 編集 |
P1285168さてさて、そんなわけで初釜に行って来たのだ。(写真や詳細は「まおじゃらん」参照のこと/笑)
今日のコーデ。最高気温:5.9度(湿度:23%)、天気:晴れ。
モノトーンの江戸小紋、金色猫柄袋帯、紫と灰色ぼかしの帯揚げ、赤と金の帯締め、白半衿、白足袋。
下はポリの裾除け、絹長襦袢、ヒートテック8分袖Tシャツ、トレンカ。
「私らしい柔らかモノコーデ」であります(笑)。
P1285170めったに着ない江戸小紋を出してみた。私の手持ち江戸小紋は、いろんな柄を染めた黒と茶の2種。
今回は遠目には横縞に見えるモノトーンの方を選んだ。八掛けが紫なのだよ~♪
着物を決めたら、帯もすぐに決まった。どうやら今回のマイテーマは「江戸前」らしい。
で、八掛けに合わせて帯揚げと帯締めを決めた。
201201 001あれこれと悩んでいたけど、着物を決めたらコーデも早かったな。
柔らかモノ&袋帯ということで着付けに手間取るかと思いきや、これもほぼ1発で決まった。素晴らしい。
たまに着るには柔らかモノもいいね。テロンとした触感が気持ちいい!
べらぼうに寒かったので、黒いベルベットのコートとベージュのマフラーを装着してお出かけ。足元はエナメル草履。

初めての駅に降り立って、コーヒーを飲んで気分を落ち着けていると、たまさんのご主人と★さんが迎えに来てくださった。
で、ご主人の車に乗り込んで、たまさんと義妹さんをひろって、初釜へ。
たまさんと義妹さんが20年来お世話になっているお茶の先生のお宅なのだそうだ。
中へお邪魔すると、いかにもベテラン!といった風情のお姉さま方がたくさん。うひゃー!
これだけ沢山の着物姿をいっぺんに拝見する機会もないので、もうそれだけでテンションあがるー!
薄い紫系の着物が多く、紫大好き人としてはウットリウットリ。いやー、藤色の着物が欲しくなったぞ。
帯も素敵なものばかりでねぇ。さすが、茶人。
普段着物ばかり着ている私にしてみれば、まさに眼福といった感じだったわよ。
それに、さすがに皆さん着慣れていらっしゃるのが、着姿から伝わってくる。全体はゆったり大らかにお召しになっているのだけど、要所要所はきっちりしている…というか、なんというか。
かっこええなぁ~。

P1305171私は腰痛が…ということで、いろいろと省略させていただくことに。
にじり口から入らないでショートカットしたし、正座の代わりに腰掛けに座らせていただいた。
おかげで激痛を感じることもなく過そんでもって、懐石料理の美味しいこと! 供されるお酒の美味しいこと!
写真は全てたまさんにお願いしたので、私は以下に記憶の範囲で。
・菜の花と鞠麩のお味噌汁(鰹だしがめちゃ利いていて美味。鞠麩にカラシがちょんと乗っているのがタマラン)
・炊きたてご飯(これがまた、数回にわけてホカホカのご飯が出されるのだよ。なんてゼイタク)
・鯛のお作り(昆布締めかな? 醤油がかかっているわけでもないのに味があった)
・日本酒(檜の香りがしたよ~♪ 甘口)
・煮物(薄味で上品! 黒コショウをまぶした鴨が添えられていた)
・焼き魚(西京漬けだった。なんの魚だろ?銀だら?)
・かにしんじょ(絶品!!!)
・白ワイン(甘口。アウスレーゼだぜい!)
・煮あわび(めちゃ旨。あわびがワインに合うなんて)
・山芋に梅肉(山芋が梅型なの。すんごい可愛い♪)
・三つ葉とゆずとタコの和え物(和風サラダって感じ。酢の物?)
・白和え(ひじき・インゲン…など。これ、美味しかったなー。作ってみたい)
・香の物(カラシ高菜? しば漬け、赤かぶ)   …まだ他にもあったかも。たくさんありすぎて忘れたー!
・花びら餅(すんごい美味しい花びら餅だった!皮の柔らかいことといったら…。味噌餡も上品で美味)
美味しいものを少しずつ、タイミングを計って供される。
なんて贅沢な食事だろう! ふっはー、満足満喫。

懐石料理のあとは、再びお茶室に戻っていよいよメインのお茶。こちらの流派は表千家で、袱紗さばきやお茶の点て方など、私が習っていた裏千家とは微妙に異なる。ほほー、面白いもんだ。
しかし、どうしても前のめりになって拝見とかしてしまうので、次第に背中から腰にかけてミシミシいってきた。その度に腰掛けから下りて正座をして腰の具合を落ち着かせるのだが、背中から腰が…ヤバイ感じに。
それでもお濃茶の間はなんとかもった。
んだけどねー。
お茶室は4畳半。そこに10人以上の人が収まるのだから、これも未体験。
すんません、わし、少々狭所恐怖症(そんなんあり?)気味でして、閉鎖された空間にいるとだんだん息苦しくなってくるのだす。外が見える状態(ガラス窓とか)か、時々外の空気が吸えないと、どうも居心地悪くて。
201201 002それと腰が限界を越えてしまい、あと薄茶だけ、という段で途中退席させていただきました。
はわわわ…申し訳ないっすー。
懐石をいただいた広間に一人移動して、外に出て縁側で腰を伸ばしながら深呼吸をする。
はーーーーー。
しばらく経つとお茶室からみなさんが戻ってこられて、初釜終了となった。
なんと、お土産に扇子と懐紙までいただいてしまった。
そんでもって、ワインの残りもいただいちゃった♪(帰宅してからチーズとともに美味しく頂戴致しました)

先生のお宅を後にして、たまさん&義妹さん&★さんとともにたまさん宅に向かった。
ずうずうしくもお宅に上がり込みまして、八雲くんとご対面!
八雲くんは美形で、なんともフレンドリーなお猫でありましたよ。だって、初対面のこの私に抱っこさせてくれるんだぜ~♪ お腹触らせてくれるんだぜ~♪ しつこくしても甘がみしかしないんだぜ~♪(しつこくするなよ)
実は飛影ちゃんも抱っこさせてくれたのだけど、彼は途中で「!誰なの?!」と気づき脱兎のごとく逃げたのだった(しばらく気付かなかったあたり、飛影ちゃんらしいね~)。
そして八雲くんは、綿菓子のような甘い匂いのするオトコだった。不思議。
その後、ご主人とたまさんが車で拙宅まで送ってくださったのだった。
ありがたや~。背中と腰がミシミシだったので、ことさら有り難かったっす。

P1305172そうそう、義妹さんがレッグウオーマーをプレゼントしてくださったのだった。
ふわふわもこもこ素材で、これは暖かそう!
この大寒波に立ち向かえそうです。ありがとうございました~。
しかも義妹さんったら、このアタクシのことを「美人! 色白い!」と褒めちぎってくださったのですよ。
ああ…この人生で「美人」だなんて言っていただける日が来るとは、思ってもみなかったわ…。ありがたき幸せ。

盛りだくさんで、非常に楽しい一日でございました。
たまさん、ご主人、義妹さん、★さん、どうもありがとうございました♪ また遊びましょうね~。

追記:家に帰ったらパパッと柔らかモノを脱いで、チャチャッと紬と半幅帯に着替えるたまさん。なんとかっこええ!
追記2:あ…ヅラをかぶらせてもらうの、忘れた。しまった!

いつもありがとうございます。クリックしてくださると励みになります♪
人気ブログランキングへ
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック