FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
経過報告
2007年02月15日 (木) | 編集 |
私の病気は慢性うつ病です。
最初に発病して6年。再発して5年。慢性なんてついているくらいだから、うつ病でいるのが当たり前の世界。毎日抗うつ剤と睡眠薬を飲んで、たまに襲ってくるウツと闘って、精神科の病院に通って、カウンセリングに通って、生きてます。
完治するかどうかなんて、分からない。私の生き方・考え方の問題だから。なるべくストレスを減らして、薬を飲みながら、4月からは仕事に復帰しようと思っていた。

今日校長室で校長と中学教頭と面談した。病気は、完治するかはともかく快方に向かっている。高校演劇部顧問と担任業からは外して欲しいが、4月からは復職できる。
そう報告した。
休職する時、あれだけ親身になって心配してくださったのだから、この報告を喜んで聞いていただけると思っていた。
―――甘かった。
校長は渋い顔で、担任をやらないのは困る、担任をやらない専任教諭を認めることは難しい、若いのだからなおさらだ…という趣旨のことを言った。繰り返し、言葉を換えて。
教頭は追い打ちをかけるように、ならば非常勤講師や事務・図書館司書という選択肢もある、と続けた。
担任をやりたくないんじゃない!病気じゃなかったら、喜んで引き受ける。私は担任の仕事が好きだ。
だけど、好きだからこそ、頑張りすぎてウツが悪化する不安があるから、だから担任業はできない…そう繰り返しても、校長の言い分は変わらなかった。

校長にこれ以上言っても分かってもらえないと思って、面談を終えた後教頭をつかまえて話をした。
私は担任をやりたくなくてこんなことを言っているのではない。完治する見込みがない状況で担任を引き受けるのは、それこそ無責任だ。私は復職したい。以前のように仲間達と働きたい。
でも教頭も繰り返すのは同じことだった。

担任ができない私は、4月からの復職はないかもしれない。
このまま教師という仕事を、終えなくちゃいけないのか…?
こんなに好きなのに。たかが病気のせいで? うつ病だっていうだけで、専任教諭にはなれないの?
精神病患者は、専任教諭じゃいけないの?
すっかり復職するつもりでいたのに、足元からガラガラと崩されていった。
不安で不安で仕方ない。
久しぶりにウツに近い感覚が襲ってきた。
帰宅して1時間、私は黙ったまま何もすることができなかった。

今日は脳みそ病院にも行く日だったので、のろのろと支度をして向かった。
ショックで気分が落ちていたけど、ここの先生には相談できない。
睡眠障害のことだけ相談した。
一日中起きている日と一日中寝ている日が交互にやってくる、と報告すると、断眠療法をするよう指示された。すなわち、どんなに眠くても朝起きてそのまま夜まで起き続けるということ。
―――眠ることが唯一安心できることなのに。ここでも私をラクにしてはくれないのか。
<現在の薬>
・トレドミン25㎎3錠…朝・夜(抗ウツ薬)
・アモキサン25㎎2錠…朝・夜(抗ウツ薬)
・ベンザリン10㎎1錠…就寝前(睡眠薬)
・マイスリー5㎎1錠…就寝前(睡眠薬)
・エチカーム1㎎2錠…就寝前(睡眠薬)
頓服で誘眠剤(ハルシオンとか)をだしてほしかった。
でもダメだった。
いつもと同じ薬を処方されて、帰宅。
好きに眠ることもできない…。

復職できないかもしれない。
そう思うと、不安で不安でたまらなくなる。
涙があふれてくる。
私が考えたってどうしようもないことなのに、考えがぐるぐるとうずをまく。
久しぶりに死にたい気分になっている。

ともかく、明日はカウンセリングの日だから、今日学校であったこと、脳みそ病院であったことを報告して、話をしよう。
ともかく、明日だ。
明日先生に話せば、きっとなんとかなる。先生はきっと私をラクにしてくれる。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック