FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
演劇部合宿③
2012年08月04日 (土) | 編集 |
やはり5時に目が覚める。
めっきり目覚まし時計がいらない人間になってしまった…。

今日は練習はなし。
宿で朝食を摂って、部屋の片付けをして、帰るのみ。
今日の朝ご飯もしっかり食べた。はー、朝から炊きたてご飯と味噌汁と焼き魚が食べられるシアワセ。
9時半に宿舎をバスで出て、佐久平駅に10時着。
IMG_1081.jpg
↑バスの窓からの景色。田んぼの稲が美しい。
IMG_1082.jpg
「となりのトトロ」の世界だよなぁー。夏らしい風景だ。

佐久平駅でお土産購入の時間を30分程度とった。荷物を置いて我先に行こうとする部員たちに一言「この荷物は誰が見るの?」。
別に私がこの場に残って立ちんぼしたっていいんだけど(正直、そのつもりでいたけど)、それを彼らが当然のことだと思っていたら腹立たしい。これも指導。
すると私の気持ちをくみ取った男性顧問が「交代で行けば?」と部員に声をかけた。顔を見合わせてしばらくして、「じゃ、私たち見てます」と1年生が2人残った。
…こういう時、「1~2年生先に行っていいよ~」と3年生が気を利かせるのがオトナだと思うのだがなぁ。3年生は真っ先にお土産売り場に行ったのだった。がっかり。

東京駅で最後の連絡をし、解散。
「今○○。すぐ来てよ」と例の少年が携帯で電話をしていた。
ってことは、何、またここまでお迎えが来るわけ? はああああああああ……。

打ち上げ。
男性顧問と二人で、東京駅構内のお店に入り、ビールで乾杯!
今回の合宿は、彼が全部移動も宿舎も手配してくれた。
これまでずーっと、手配から指導から、ほとんど全部を自分一人でやっていたので、このように役割分担できたのが心から嬉しいし、有り難い。
また、トレーニング指導をしてくれたり、私が言いにくいことを部員に言ってくれたり…おかげで非常に心に余裕をもってすすめることができた。
指導ってのは、こういうもんだよなぁ。一人の教員だけでは、多角的には指導できないもの。
感謝、感謝、大感謝である。
いろんな思いが合わさって、お酒が美味しくて、つまみも美味しくて、会話も楽しくて…いささか飲み過ぎた。
久しぶりに記憶が飛ぶほど飲んで、いつの間にか帰宅。気がついたら、寝ていた。
合宿、終わりました! 良い合宿でした!!

土曜日は黄ちゃんバナー。いつもありがとうございます。2つともポチッとしていただけると、励みになります♪
br_decobanner_20110613205959にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
関連記事


コメント
この記事へのコメント
過保護
リアルタイムではコメント入れられず、時期外れになってしまいました。

駅まで送迎の少年・・・何の関わりもないおばちゃんですが、ため息ついてしまいました。
「昔は・・・」というのは嫌なのですが、それでもやっぱり他に言いようがないのですよ。躾の出来ない親が増えているのは、確かだと思うのです。自由とか個性とか、そういう耳障りのいい言葉に惑わされて、色々はき違えてしまって、とんでもない方向に向かっているのに気付かないままなんですよね。
勿論、昔もいました。甘やかすだけの親や、自分の子どもを可愛いがり過ぎて、見境が無くなっている親。でも絶対数が違います。ここ数年で、本当に増えたと感じます。
その少年の親御さんは、他の子どもに比べて社会的自立が遅れているなんて、全く感じていないでしょうね。それが後々、例えば彼自身の劣等感に繋がるかも知れないなんて、思ってもみないでしょうし。
子どもも子どもで、今の状態が楽なので、自分でどうにかしようと、もがいたり挑戦したりしないんですよね。

学校・塾問わず、先生とはいえ他人は手が出せない領域ですから、もどかしい部分もあるでしょう。ストレスも相当溜まるとお察しします。
今回終わってから、お酒もつまみも会話も美味しかったとのこと、何よりです。(^^)
2012/08/16(木) 22:54:07 | URL | はんな #2sQQXnjA[ 編集]
はんなさん
丁寧なコメントどうも有り難うございます。
教師をやって16年になりますが、年々生徒の精神年齢が幼くなっていくのを感じています。
これは一保護者の方の問題ではなく、幼いことを良しとする社会的風潮にも問題があるかと思いますが…。
かつて過保護だと思われていたことが「親として当たり前のこと」となってきているのかもしれません。
「100%できるようになるまでは親が手助けしないと、心配でたまらないのだ」という声も聞きます。
私はなんでも自分でやりたい人間なので、たとえ30%でも、もしかしたら10%でも、できそうと思ったら放っておいてほしいのです。
が、それは珍しいタイプなのだそうです(笑)
手出しをした方が、早いし効率的だし傷つかないし間違いありません。
でも、失敗を繰り返してもがいている姿を見守るのも、オトナの仕事なんじゃないかなぁ…と私は思うのですけどね。この姿勢は、イマドキでは「虐待(ネグレクト)」にあたるのかなぁ?

まぁ、いろいろ思うところはありますが、このへんで。
これも一意見ですので(笑)
2012/08/17(金) 10:09:33 | URL | べにお #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する