FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
魚と教育
2012年09月11日 (火) | 編集 |
今日のコーデ。最高気温:31.8度(湿度:55%)、天気:晴れ。
今日は湿度が低めで、比較的ラク。ほんでも、帰宅して着物を脱いだら汗がしみまくってたけどね~。
水色に細縞の綿麻、黒地に夏野菜の絹芭蕉布帯、ノースキャロライナの絽帯揚げ、水色のレース組帯締め、黒のポリ絽半衿、生成りに柄足袋っくす。
P9116531.jpg
IMG_1128.jpg
下は麻の半襦袢、サラファインTシャツ、スポーツタイツ。
夏半衿を着納め!週間。
たまたまだけど、今日は半衿が1センチ出るか出ないかくらいの粋な着付けになり、帯と合っていたな。
そういえば、この夏帯を締めてなかったな~と思いましてね。
半衿にお太鼓で素足、のバランス悪さに耐えられず、ついに足袋っくす登場。
思ったよりも暑くなかった。もう素足はやめるかね~。

今日の実習生授業は、3クラス3敗。ぐはー、見事に生徒が引いてた
原因は、授業プランに執着しすぎて、強引な展開で読解をまとめていった点。
実習生にありがちなんだけど…教室の後ろで見ている私も痛かった-。私もやりかねないな、と思って。
人のふり見てわがふり直せ。日々勉強だす。

実習生を預かるようになってからつらつらと考えていることがある。
魚を食べたことのない人の前に丸ごと1匹の魚があったとき、教育者のすべきことはよく研いだ包丁をさしだすことではないかと。
魚を三枚に下ろして、上手に調理して、美味しそうに盛りつけて、小骨を取ってやって、「はい、あーんして」と口に運んでやるのは、教育じゃないんじゃないかと思う。
本人が苦労しながら包丁を使い、手に傷を作りながらさばくのを見守って、「魚っておいしい!」と喜ぶ様子を見て「良かったな」と微笑むのが教育者かなーと。
さて、私は実習生に対して、小骨を取ってしまわなかっただろうか。
包丁の上手な使い方まで教えてしまわなかっただろうか。
少々、反省している。
あと2週間…。

放課後、部活の開始時間に顔を出したら、役者がフルキャストで揃って、すでに発声練習を始めていたよ。
昨日の雷が少しは効いたか? まったく、この状態が1ヶ月前からできていればなぁ…!
稽古ができるのは明日でおしまい。ここからは、技術の向上より意識の向上がカギとなる。

いやーーー、どうにもこうにも、疲れがかなーーーーりきているようだ。
今日は昼休みをとることができずに、昼食抜きで午後の授業に臨んだら、授業終了後の廊下でくらっと立ちくらみしてよろけてしまった。ヤバイ…。
明後日からが勝負なので、それにそなえて今日明日は早めに帰宅し、体を休めることにした。
夕食はきっちり食べて。
P9116532.jpg
牛薄切り肉をさっと焼いて、大根おろしとポン酢で。みじん切りタマネギもかけて、たっぷりの生野菜と。

風花さんはのんびりしてていいねー。
P9116534.jpg
いつものようにプリンタの上にて。

残念少女に対する反響が大きくて、びっくりです。
ホントに「きゃん!」って言うんですよ、あの子(笑)
構ってもらえなかった子なんですかね? その視点はなかったので、勉強になりました! 有り難うございます。
残念少女と同クラスの部員がいましてね、これがまたキッツイ毒舌女なのですわー。この二人、いつかバトルがありそうな予感…おーこわ!
あ、ちなみに残念少女、今日見に行ったら大工仕事の腕がかなり上達してました。わはは!

火曜日は風花さんバナー。いつも有難うございます。2つともポチッとな、していただけると嬉しいです♪
br_decobanner_20110609233723にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

タッキー&翼の「君はツヤツヤ・艶やかレイディ、24時間守るから~♪」を聴く度に、いつの間にか「夢はフリーダムフリーダムしゃぼんのように、フリーダムフリーダム抱きしめて~♪」と変換してしまう私。ああ、年代が分かるわぁ~。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
いや~お芝居なんとか意識が揃ったようで良かったです。


あともう少しですね!
ご飯しっかりとって倒れないように気をつけてくださいね。
2012/09/11(火) 20:38:39 | URL | くー #-[ 編集]
小骨
難しいですよね。。。その実習生が、今までどんな訓練を受けてきたか、要するに家庭と学校での育ち方にもよりますし。
出来上がった像を見せて貰わないと、イメージを膨らませられない人も多いので、魚一匹とよく研がれた包丁では、途方にくれるだけの不安もあります。口に運ぶのは不要でも、小骨を取るまでは見せておいて正解だったかも知れませんよ。どうせ教えても、そこまでは出来ませんから。やっても小骨はまず残ってますから。
大学の講義と実習では全く別物なんですよね。本人も受け入れる側も、相当練られるものなんですね。

多忙な時こそ、休み休みが肝心かと。疲れ過ぎませんよう。
2012/09/13(木) 10:55:51 | URL | はんな #2sQQXnjA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する