FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
旧暦の着物暦♪
2012年10月09日 (火) | 編集 |
今日のコーデ。最高気温:22.1度(湿度:55%)、天気:曇り。
白っぽいダイヤ柄単衣、赤丸の木綿帯、黒地に猫の帯揚げ、黒と緑とオレンジの帯締め、樺茶色に瓢箪柄の半衿、黒地に猫の足袋っくす。
PA086743.jpg
IMG_1183.jpgIMG_1187.jpg
PA086745.jpgPA086744.jpg
下は麻の二部式襦袢、サラファインTシャツ、スポーツタイツ。
いやー、これぞ秋! という陽気でござんした。空気が乾燥して、風が少しヒンヤリ。ようやっと秋が来たねぇ。
さて、今シーズン初の絹物単衣である。しかも、この着物を着るのも初。
袖を通したら…いやー、絹ってこんなに軽かったっけ? そんでもって、あったか。
歩く時の衣擦れの音…忘れていたなぁ、この感じ♪
と、かなり気分が良かったけど、少々汗がにじんでしまった。でも、今着ずしていつ着る?だもんな。
この着物は、祖母のを仕立て直したもの。大島紬のようなひんやり感とつるつる感がある紬。
緑好きの祖母のものらしく、これも下地に緑が見え隠れする。面白いね-。
祖母の着物に、母の帯、小物は私。女3代コーデ(笑)
裄が短いけど、素敵な着心地だったよん♪ HAPPY~♪♪

いやー、今頃ようやく単衣だなんて着物暦と比べて1ヶ月半ずれてるなー、と思ったのだけど、もしかして今って旧暦の9月では?
調べてみました「六曜・月齢・旧暦カレンダー」。
そうしたら、今日は旧暦だと8月24日にあたるのだそうだ。おお、ほぼ合ってるじゃん!
よーし、今後私の着物暦は旧暦でいくぞ♪ そしたら、着物暦と体感気温がどんぴしゃで合うもんね~。ホホホ。

今日の夕食は、ありものの野菜たちでスープ。
<ありもの野菜卵スープ>
PA096746.jpg
①白菜・大根おろし・オクラをウェイパーを溶かした湯で煮る。かつお節も加え、スープにとろみがついたら、溶き卵を回しかけ完成。
…いい加減なレシピだなぁ。んでもね、優しい味で意外と美味しかったのさ♪

中間考査、9割方完成。
明後日までには完成させて、他の先生方にチェックしていただきたいなぁ。
がんばろっと。

火曜日は風花さんバナー。いつも有難うございます。2つともポチッとな、していただけると嬉しいです♪
br_decobanner_20110609233723にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
関連記事


コメント
この記事へのコメント
旧暦〜
まああアカデミックじゃのぉ。んでもって、太陽暦で4月。。。春3月から単衣着てる勘定に!温暖化をまざまざと見せつけられますね(^^;)
ちなみに。。。戦国時代から江戸時代、地球は小氷河期だそうです。ロンドンのテムズ川でスケートしたり(現在は凍らない)ネーデルランド(現オランダ界隈)で豪雪の記録が残ってますわ。
2012/10/09(火) 21:17:14 | URL | たま #-[ 編集]
旧暦大賛成!
お!いいサイトを教えていただきました♪
ふんふん、今年は5月5日が立夏だったのかぁ。
今は、GWから単衣になさる方が多いようですから、ぴったりですね。(私は、もっと早いけど^^;)
ここから単衣、6月21日の夏至から薄物なら、体感温度的にいい感じ(^^)
秋は、彼岸の入りから単衣、そして秋の土用の入りもしくは立冬から袷ならいけるかな。日本は南北に長いんですから、そのくらいの幅があってもいいですよね。
旧暦での衣更え、大賛成ですわ!
2012/10/10(水) 02:08:28 | URL | Ku-nyan #yH6F9.XQ[ 編集]
旧暦
来年の手帳かカレンダーで、旧暦が分かりやすく載っているものを買いたいと思っています。
明治の末生まれの祖母が、ずっと旧暦感覚で生きていました。暦そのものは当然新暦でしたが、二十四節季を基本として、家事や行事をこなしていました。歳も数え年で覚えていましたし。昔の年配の方々は皆、そうでしたね。
私は皆さまほど着物を着ませんが、それでも色々気になりますし、知りたいですね。昔からの日本人の生活や習慣は、奥深くて合理的で、見習いたいと思わせられます。

お祖母さまの紬、とても良い風合いですね。モニターでは残念ながら、見え隠れする緑の下地は分かりませんが、ひんやりつるつる感は感じ取れます。こういう紬、大好きです。
2012/10/10(水) 12:52:21 | URL | はんな #2sQQXnjA[ 編集]
たまさん
アカデミックでっしゃろ?(笑)
「着物暦なんて関係なーい!」と叫びつつも、気にしている小心者ゆえ…自分への免罪符としてね、旧暦なんてものを引っ張り出してきたのでありますわ。
でも、亜熱帯化してきた日本の関東においては、着物暦=旧暦としたらドンピシャに合いまして。この発見が嬉しかったの♪
小氷河期は、けっこう何回もきているらしいですねぇ。テムズ川のスケート風景、私も絵画で見ましたわ~。
2012/10/10(水) 19:20:28 | URL | べにお #-[ 編集]
Ku-nyanさん
ご賛同いただけて嬉しいわ♪
そうなんですよ、意外と旧暦だとピッタリくるのです。
古典が好きで「旧暦ってなんかカッコイイ♪」とか思っているミーハーなので、この発見(?)が気に入りました。

自分が着物を着始めた頃って、着物暦のルールが怖くて着るのを躊躇するようなことがままありました。
ルールに束縛されて着なくなる、って本末転倒ですよね(笑)
日本でも北海道と沖縄じゃ、暦と体感気温の関係は全く異なるでしょうしね~。
要は「服」なんだから、着物暦にがんじがらめになるよりも、感覚を信じて着たらいいと私は思います。

もっとも、様式美を楽しむ場やしきたりを重んじる場においては、TPOをわきまえるのは洋服だろうが和服だろうが同じこと。
街着は、感覚で楽しめばいいと思うのです♪

あら、語っちゃったわ(笑)
2012/10/10(水) 19:34:05 | URL | べにお #-[ 編集]
はんなさん
いいですよね、旧暦&二十四節気。
自然とともに生活している感じを、これらには強く感じます。
カレンダーでは、コープ生協で売っていた二十四節気カレンダー(だったかな?)が好きでした。カラフルで、それぞれの月にまつわる言葉がてんこ盛りで、眺めているだけで「日本人で良かったなぁ」という気分になったものです。…今も売っているのかなぁ?
最近ネットでみつけてiPadにダウンロードしたのが、「ほぼ日刊イトイ新聞」の「暦」。二十四節気をわかりやすく、写真やイラスト入りで教えてくれます。旬の食べ物とか、植物とか。これも、眺めているだけでシアワセになりますよ~。確か紙の本でもあったのでは?

すみません、あいまいな情報ばかりで。私のお勧めはこちらです♪

ウチの母は祖母の着物の趣味を毛嫌いしておりましてねー。母は形見を全く着用しないのです。
だから、私の手でコラボさせてみました♪ せめてコラボで仲良くな~れ!(笑)
つるつるの手触り、私も好きなんです~!
2012/10/10(水) 19:48:37 | URL | べにお #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する