FC2ブログ

ハロウィン・コーデ

今日のコーデ。最高気温:24.5度(湿度:31%)、天気:晴れ!
湿度が低いと気持ちいい! ビバ!
シマウマのお召し、緑にラメ花柄の帯、シャーベット・オレンジの帯揚げ、山吹色の帯締め、オレンジにハロウィン柄刺繍の半衿、カラシ色の足袋っくす。
PA136772.jpg
IMG_1198.jpgIMG_1199.jpg
下は麻の二部式襦袢、サラファインTシャツ、スポーツタイツ。
ひめ吉さんのハロウィン半衿をメインに据えたコーデ、第3弾。
さーて、どうするかのう。ハロウィンっぽい色味ってなんだろう?
そう思いつつ、この着物を選んだらピンときた!
つまり、ハロウィンっぽい色合わせって、黒・オレンジ・緑・紫…なのだと思う。
うん、なんかすごーく合点がいった。納得納得。
ひめ吉さん半衿をつければ、一発でハロウィン・コーデが出来上がるけど…色合わせだけでもハロウィンできるかも♪
ぐふふ。チャレンジするぜい!

で、ふと思ったのだが。
こういう色合わせで何かを表現するって、もしや「襲(かさね)の色目」と考え方は同じなんじゃなかろうか?
黒・オレンジ・緑・紫…ハロウィン。
赤・緑・白…クリスマス。
ピンク・黒…夜桜。   などなど。
平安貴族の気分を味わえて、なんだか幸せな気分になったぞ♪

無事、考査問題作成終了!
放課後には印刷&製本まで終えて、すっきりと学校を後にすることができた。
ふあ~~~~、頑張った! えらいぞ、自分!
明日は来年度の芸術鑑賞会に向けての、下見。
で、そのあとには、お楽しみが待っているのだった。ぐふふ…。

今日の夕食は、鶏手羽元のにんにくオイスター煮。
PA126766.jpg
レシピは「男子ごはん」のもの。
ごま油で炒めるのと、みりん・醤油・オイスターソースで味付けするのがミソ。美味い!
個人的にはもう少し甘い味付けでも良かったな。今度作る時は、砂糖を入れてみるか。

追記
今日の「美の巨人たち」は、菱川師宣の見返り美人。面白かった!
あの無理のあるポーズって、着物の柄を美しく見せるのに必要だったのね~。知らなかったわ。
「美の巨人たち」は、たまにハマる。

すんません、ねむねむだすーーー。コメント返し、明日します。おやすみなさい。

土曜日は黄ちゃんバナー。いつもありがとうございます。2つともポチッとしていただけると、励みになります♪
br_decobanner_20110613205959にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

色合わせ

帯周りの色合わせに悩む今日この頃。
べにおさんのコ―デを拝見して勉強しています(^^)

小物や着物の柄が無くても、色合わせで季節を表現出来るのっていいですね。
十二単で思い出しました?!が、はるか昔成人式の時使った重ね衿(で、いいのかな?)を、
使ってみたいなぁと思っているのですが、
あれは普段着物には使わない物でしょうか?

べにおさんお元気になられた様で何よりです(^^)

えいこさん

きゃー、私のコーデで勉強なんてっ! お恥ずかしい~。
でも嬉しいですわ♪ 有り難うございます。

重ね衿…伊達衿のことでしょうか?
着物と襦袢の間に入る、差し色的な衿です。
たしかあれって、それこそ十二単のように重ねて着ていた頃の衿元を模倣したものだったのでは…。
それとも、留袖の比翼仕立てみたいなもの?
ともあれ、伊達衿は基本的に晴れ着用だったように思います。
振袖とか、訪問着とか、色無地とか…そういうのに使うんじゃなかったかな~? 私はそれらにしか使ったことはありませんが。 
小紋とかでもOK?
紬や木綿では使わないような…?
ううう…こういうことって、Ku-nyanさんとか、はんなさんとか、とんぼさんとか、たまさんとか…そういう識者のみなさんの方がお詳しいと思います。どなたかお教えくださいませ~!(私もよく分かっていませんもので)
よろしくお願いします。

No title

とんぼです。
「重ね衿」は「伊達衿」、十二単の名残…なんて言うと
ずいぶん古いものを、と思いますが、
要するに「たくさん重ねて着るということが、ステイタス」
みたいなところがありました。元々お貴族様のものでしたから。

明治くらいまでは、お金持ちのところのお嬢さんは
3枚5枚という「襲の着物」で、嫁入りしました。
裾模様がお揃いだったりして豪華です。
あれで歩けたのかと思いますが…。

留袖の比翼も、あれは「襲」の名残。
ほんの少し前までは、留袖は実際に白い着物と二枚、
ちゃんと着ていました。友人は未だにそれを着ています。
昔は家で結婚式もやりましたから、それでも
あまり問題はなかったわけですが、世の中変わって、
重いわ暑いわ、ついでに「お値段もかかる」わ…
なんてことから、簡略化されて、留袖の内側に
「二枚着ているように見せて縫い付ける」という
「比翼仕立て」ができたわけです。

そういう意味もあるので「伊達衿」は礼装用で、
普段着物には使わないのが普通です。
ただ、今はこんなにいろいろかわってきていますからねぇ。
浴衣にまで伊達衿がありますから。
それもまた「変化」かと思っていますが、
まずは「小物で勝負」を実践すると、いろいろなものの使い方や、
差し色の使い方がじょうずになって、伊達衿の善し悪しも、
使い分けることができるのではないかと思っています。
小物は大事です。たくさん持つこと…ですね。

余談ですが、日本は長く「室内暖房」ができない国でしたから、
貧しい庶民は、麻の着物の背中に真綿を載せて、
その上から紙子(和紙)の着物を着たり、
一枚の着物に冬は綿を入れ、夏は解いて単衣にして、と、
防寒していました。庶民にとっては「そういう襲」が、
日常的だったわけです。かさねられるものがある、というのは、
「物持ち」でもあったんですね。
だからハギレもむだにせず、全部つなげて襦袢にしたり
していたんです。元はつましい国民なのですよ。

ありがとうございますm(__)m

べにおさん、とんぼさんありがとうございますm(__)m
伊達衿は礼装用なのですね。
そうなのです、今年の夏CMで浴衣に伊達衿を見た気がしていて・・・
検索で調べ様かな、とも思ったのですが
着物の事って、意外と人によっておっしゃる事がまちまちで(**)
べおさんのブログで伺うのが安心で(^^)
甘えてしまいましたm(__)m

留め袖の比翼も知りませんでした。
今度、古着やで見てみよう(^^)
昔のハレの着物は重かったのですね。
襲(しゅうで良いでしょうか?)の言葉も初めて知りました。

ブログを拝見していて、帯あげの色合いの美しさに惹かれて、帯上げで小物の色を増やして行こうかな(^^)

No title

私も「美の巨人たち」は毎週観てますよ。
「見返り美人」良かったですよね。

べにおさんはたまにハマる?
私はドップリですよ~ん!
あの小芝居のくだりが好きなんです♪

とんぼさん

とんぼさん! ああ、とんぼさん!!
丁寧なご説明、どうも有り難うございました!
留袖も伊達衿も、もとは同じ発想なんですね~。勉強になりました♪

そういえば「四月一日」で「わたぬき」と読ませるのも、その庶民の重ね着からきていると何かで読んだことがあります。(って、もしかしてとんぼさんの記事だったりして/笑)
枚数を重ねられるって、豊かさの現れだったのですね。
拙ブログに知性の風が吹きました(笑)。さすが、とんぼさんです。
どうも有り難うございました!

それにしても、浴衣に重ね衿とは!!!
それは、おばちゃん、ビックリでしたわ~。
いわゆる「デコる」感覚で、衿を重ねるのでしょうかね?
ふーーーむ、知らなかった…。

えいこさん

どういたしまして~。って、私も一緒に勉強させていただきました(笑)。
着物好きの方って、みなさん博識の方が多くて、お話を伺うのがいつも楽しみです。
こうして日本文化を知っていくのって、素敵ですよね。

あ、ちなみに「襲の色目」は「かさねのいろめ」と読みます。
実は、この記事でも最初は「重ねの色目」と記述していて、とんぼさんがメールで丁寧に教えてくださったのです!(メールで、という、この奥ゆかしさよ…/感涙)
本当に、みなさまのおかげで拙ブログは成り立っております~。
ありがたいことでございます。

えりりかさん

おおっ! 「美の巨人たち」お好きですか?
いやー、ホントにえりりかさんとはテレビの趣味がバッチリ合いますわ~。
私はテレ東マニアですので、「美の巨人たち」はエプソンが提供していた頃から好きです(かなり前/笑)。
けど、最近はなんか小芝居の締める比重が大きくなってしまった気がしまして…。嫌いじゃないんですけど、情報量が減ったな、と。
コルビジェでしたっけ? 建築家の。あの時の兄弟小芝居シリーズは好きなんですが(笑)
そんなわけで、最近は毎週ではなく面白そうな時だけ観てるのです。

えりりかさん、テレ東つながりで「和風総本家」はごらんになってませんか? 私、あれは大好きで、かならず録画してチェックしてるんですよね~。

重ね衿

今回の「きもの文化検定」の2級の試験問題に出てました。非常にタイムリーですな。

問:空欄に適当な言葉を入れ、文章を完成させなさい。

礼装は江戸時代、黒・赤・白の三昧重ねでしたが、徐々に簡略化され、二枚重ねになり、さらに簡略化されて比翼仕立てになりました。比翼仕立ては(ア)・(イ)・(ウ)・(エ)の部分が二枚重ねに見えるような仕立て方です。これをさらに簡略化したのが(オ)です。

*ア~エは順不同

解答速報は明日の午後ですが、おそらくオは重ね衿もしくは伊達衿が正解だと思われます。

試験問題になるくらいですから、現在の使われ方が適当になっているんでしょうね。
それと、いくら礼装でもお茶席には確か使いませんよね。
胸元には懐紙を挟むから、というような理由だったように思いますが、これは表千家だけかな?流派によって違うのかもしれませんので、ここはお茶人にお任せしますm(_ _)m

和風総本家、好きですよ~♪
豆すけがかわいいので、毎回ではありませんが楽しんで見てます(^^)




Ku-nyanさん

Ku-nyanさん! 有り難うございます!
ほえ~、着物検定ってこんな感じの問題なんですね。
すごいな…定期考査みたい(笑)
そんでもって、さっぱり分からない!
はぁぁぁ…着物の森は奥深いですわ~。

和風総本家ファンがここにも♪ うれし♪
豆助、可愛いですよね~。今は何代目だったかな? 8代目?
初代からの豆助たちは、今どうなっているんだろう…。
シアワセに大きく成長しているかな?

ありがとうございますm(__)m

べにおさん、とんぼさん、Ku-nyanさん
ありがとうございますm(__)m

襲=かさね、なのですね。間違えて覚えなくって良かった~。

着物の検定があるのですね。
文化検定の問題で、着物の勉強になりますね。
図書館で本を借りてみます(^^)
ア、イ、ウ=衿元、上前、裾 でしょうか?

とんぼさんが書かれていた、端切れを無駄にせず
縫い合わせていたという着物で、確か東北
(青森?)に、まるでパッチワ―クの様な着物が
あった気がします。
綺麗だったけど、すごく重そう・・・。

べにおさん、コメントでは無い内容ですみませんm(__)m
色々教えて下さったお二人にも、お礼が言いたくてm(__)m

えいこさん

どうぞ、どうぞ♪
コメント欄はご自由にお使いくださいませ~。
ね? みなさん、博識でしょ?
いろいろと教えていただけるので、とっても有り難いのです♪
みなさま、これからもよろしくお願いいたします!
プロフィール

べにお

Author:べにお
着物でガッコのセンセーをやってます。
6匹の猫と同居中でしたが、5匹になりました。いつも彼らに世話になってます。
芝居や映画やドラマや読書が好きです。
音楽もめちゃ好きです。
バリバリのインドア人間です。
が、時々ムショーに遠くへ行きたくなり、旅立ちます。
どぞよろしく。

悪意を感じるコメント、第3者を傷つける内容のコメント、争い事のきっかけになってしまいそうなコメント等は私の判断で削除いたします。ご了承ください。

今日の日付入りカレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
アクセスカウンター
カテゴリ
過去記事(ログ)スクロール

2019/10 (19)

2019/09 (34)

2019/08 (33)

2019/07 (33)

2019/06 (35)

2019/05 (36)

2019/04 (35)

2019/03 (34)

2019/02 (31)

2019/01 (33)

2018/12 (34)

2018/11 (31)

2018/10 (32)

2018/09 (34)

2018/08 (32)

2018/07 (32)

2018/06 (30)

2018/05 (31)

2018/04 (30)

2018/03 (31)

2018/02 (29)

2018/01 (31)

2017/12 (32)

2017/11 (30)

2017/10 (31)

2017/09 (34)

2017/08 (31)

2017/07 (31)

2017/06 (30)

2017/05 (33)

2017/04 (31)

2017/03 (31)

2017/02 (28)

2017/01 (32)

2016/12 (34)

2016/11 (30)

2016/10 (33)

2016/09 (32)

2016/08 (33)

2016/07 (31)

2016/06 (34)

2016/05 (31)

2016/04 (30)

2016/03 (32)

2016/02 (34)

2016/01 (37)

2015/12 (34)

2015/11 (33)

2015/10 (31)

2015/09 (34)

2015/08 (34)

2015/07 (33)

2015/06 (32)

2015/05 (35)

2015/04 (30)

2015/03 (35)

2015/02 (30)

2015/01 (39)

2014/12 (39)

2014/11 (34)

2014/10 (36)

2014/09 (36)

2014/08 (36)

2014/07 (37)

2014/06 (32)

2014/05 (38)

2014/04 (33)

2014/03 (37)

2014/02 (31)

2014/01 (38)

2013/12 (40)

2013/11 (46)

2013/10 (38)

2013/09 (31)

2013/08 (34)

2013/07 (37)

2013/06 (36)

2013/05 (37)

2013/04 (35)

2013/03 (39)

2013/02 (31)

2013/01 (34)

2012/12 (35)

2012/11 (34)

2012/10 (40)

2012/09 (37)

2012/08 (33)

2012/07 (33)

2012/06 (33)

2012/05 (37)

2012/04 (33)

2012/03 (40)

2012/02 (29)

2012/01 (38)

2011/12 (32)

2011/11 (33)

2011/10 (35)

2011/09 (32)

2011/08 (35)

2011/07 (32)

2011/06 (32)

2011/05 (41)

2011/04 (31)

2011/03 (33)

2011/02 (30)

2011/01 (32)

2010/12 (32)

2010/11 (30)

2010/10 (32)

2010/09 (32)

2010/08 (32)

2010/07 (34)

2010/06 (33)

2010/05 (31)

2010/04 (30)

2010/03 (31)

2010/02 (28)

2010/01 (31)

2009/12 (31)

2009/11 (32)

2009/10 (31)

2009/09 (30)

2009/08 (31)

2009/07 (31)

2009/06 (31)

2009/05 (31)

2009/04 (30)

2009/03 (31)

2009/02 (28)

2009/01 (31)

2008/12 (32)

2008/11 (30)

2008/10 (32)

2008/09 (30)

2008/08 (31)

2008/07 (29)

2008/06 (28)

2008/05 (30)

2008/04 (20)

2008/03 (27)

2008/02 (26)

2008/01 (28)

2007/12 (28)

2007/11 (25)

2007/10 (25)

2007/09 (14)

2007/08 (12)

2007/07 (19)

2007/06 (27)

2007/05 (34)

2007/04 (32)

2007/03 (28)

2007/02 (20)

2007/01 (21)

2006/12 (24)

2006/11 (23)

2006/10 (27)

2006/09 (16)

2006/08 (10)

2006/07 (5)

2006/06 (3)

2006/05 (7)

2006/04 (12)

2006/03 (10)

2006/02 (5)

2006/01 (9)

2005/12 (3)

2005/07 (1)

2005/05 (1)

2005/02 (1)

2004/11 (1)

2004/10 (3)

2004/07 (1)

2004/04 (1)

2004/03 (3)

2004/02 (3)

2004/01 (1)

2003/12 (4)

2003/04 (1)

2003/02 (1)

2003/01 (1)

2002/12 (1)

2002/11 (1)

2002/10 (1)

2002/09 (1)

2002/08 (3)

検索フォーム
にほんブログ村