FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
2013-02-08 (金) | Edit |
今日のコーデ。最高気温:6.0度(湿度:16%)、天気:晴れ。
北風がものすごいイキオイで吹きまくっていた。びょーびょー言ってた。
赤と茶色の格子柄古渡紬、黒のポップ博多帯、卵焼きの帯揚げ、黒とショッキングピンクの帯締め、黒地に白猫刺繍の半衿、黒の足袋っくす。
P2087595.jpg
IMG_1503.jpgIMG_1505.jpg
P2087596.jpg
下はポリの二部式襦袢、ヒートテック5分袖Tシャツ、ヒートテックレギンス、レッグウォーマー。
なんだか、黒の気分。

※注意※
ここから、考えても詮無い脳みそ病のグルグル思考が書かれています。
とめどなくネガティブな思考なので、スルーしてくださって結構です。
ネガティブOK、という方だけどうぞ。
あ、たまさん&タンタンさん、明日は大丈夫ですから、ご心配なさらずに。
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓


そうなの、黒の気分だったの。
何がきっかけなのかは分からないけど、気分が重くてね。
すぐに自分を否定する考えばかりが浮かんで、自分を痛め付けたくてたまらない。手っ取り早く幸福を感じたくて、糖質バリバリ食品をドカ喰いしてしまう。
なんだか嫌。なんだか不快。

家で私がぶっ倒れても、誰にも発見されないんだな。
結婚もしないで、子供も作らないで、未来になんにも残さない人生だったなぁ。
結局、結婚したいほど私を愛してくれる人は誰もいなかったなぁ。
だって、私はダメな人間だから。
何の役にも立たないから。
誰からも必要とされていないから。
その証拠に、家族もなければ恋人もいない。
所詮、周囲のみなさんのご厚意で生かしてもらえているだけなんだ。

ひとりだ。
とんでもなくひとりだ。
自分に自信のない人間は、誰かに必要とされることでしか、存在意義を確認できない。
私が私であるだけならば、私が存在する意味などない。
だって、私はどうしようもない人間で、無能で、劣等感の塊で、見捨てられて当然の人間なのだから。
だから、ひとりなのだ。

涙が出る。
頭がぐるぐるする。
脳みそが沸騰する。
無力感に襲われる。

ウツの時ほど酷くはないが、ちょっときてる。
原因はおそらく、4回の入試によるんだろう。生活リズムの変動と、緊張感を強いられる長時間の業務。
そこからようやく解放されたところで、脳みそがパニックしているんじゃないかな。
一昨日は妙にテンションが高かった。ある意味「躁状態」だった。なんでもできる気がしたし、全てが上手くいっている気がして、幸福感に満ちていた。
その反動か。

大丈夫。明日は授業1限だけだ。
早退して、オフ会だし、合宿だし、連休だ。
大丈夫、大丈夫、大丈夫…。

お腹いっぱいになるまで食べて、ドロンと眠くなった。
とにかく寝て、明日になればきっと大丈夫。
すみません、コメント返し、今日はできません…。寝ます。

金曜日はサラちゃんバナー。お帰り前に2つともポチッとしてなの。
br_decobanner_20110612201207にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
関連記事


コメント:
この記事へのコメント:
べにおさん
将来ひとりが不安だったらグループホームに入るのも良いしネットで皆とつながっていたら良いよ。愛されるんじゃなくて、愛する人を見つけようねv-238
2013/02/08(金) 21:48:49 | URL | すずらん #xJVvItT6[ 編集]
すずらんさん
コメント有り難うございます。
どうも根底のところで愛情に飢えているようでして…お目汚し失礼しました。
愛する人…愛する猫ならいるのですけどね(笑)。
2013/02/09(土) 12:33:57 | URL | べにお #-[ 編集]
たぶん
べにおさんって自分が一番好きな人なんだと思います。自分がかわいくてかわいくて、まぁ、それ普通の人なんですけどねv-238なので、自分を一番愛してかわいがってあげて下さいv-237まずは、そこからですねv-218v-206
2013/02/09(土) 12:42:18 | URL | すずらん #xJVvItT6[ 編集]
すずらんさん
そうなんですかねぇ?
私は自分ほど嫌いな人はいない、と常日頃思っている人間なんですけど(笑)。
自分を愛してかわいがってあげるのは、確かに大事ですよね。
2013/02/09(土) 15:20:47 | URL | べにお #-[ 編集]
いつか
そんな悩んでる自分がかわいいって思えると良いですねv-257たまさん達との交流を楽しみにガンバですv-25
2013/02/09(土) 21:35:26 | URL | すずらん #xJVvItT6[ 編集]
すずらんさん
そうですね~。どうも有り難うございます。
すずらんさんったら、私の応援団みたい(笑)。励みになります♪
2013/02/11(月) 16:12:44 | URL | べにお #-[ 編集]
誰しも
年下の友人が、この冬、故郷に帰りました。
「家で倒れても・・・無力感に襲われる」まで、べにお様と殆ど同じ台詞を残して。

30代半ばで独身、姉も独身で「親が、自分の育て方が悪かったから二人とも結婚出来ない、と思っている節があって、それも辛い」とも言っていました。傍目には元気そうな子でしたが、色々話を聞くと、傷付いた経験が全て自信のなさに繋がってしまい、負のスパイラル状態で。帰郷を機に、前向きに生きるよう様々なことにけじめをつけるつもり、とのことでした。

せっかくなので、彼女と同時期に同じような取り組みをしてみようと思っています。誰しも抱えている、こころの闇。暮れてしまっても、明けの明星をなるべく早く呼び出せるように。
2013/02/13(水) 12:11:20 | URL | はんな #2sQQXnjA[ 編集]
はんなさん
うーーーん、アラフォー独身ってのは、同じような悩みがあるのかもしれませんね。
この記事を書いた時には、気分がかなり落ちていて、さらに『母という病』の文章が頭をグルグルしていましてね…。
結局、幼少期に十分母親からの愛情を受けられなかったことが原因なのでしょうけど、どうも愛されてしかるべき人間であるという実感が持てずにいるのですわ。未だに。
そのお友達が帰郷をきっかけに、心が軽く出来るといいのですけど…。
ん? はんなさんがやろうとなさっている「同じような取り組み」というのは、なんなのでしょう????
2013/02/13(水) 20:26:26 | URL | べにお #-[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する