FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
やさぐれ卒業式
2013年03月02日 (土) | 編集 |
今日のコーデ。最高気温:11.7度(湿度:17%)、天気:晴れ。風強し。
二藍地に宝づくし刺繍の訪問着(付下げ?)、白地に紫と銀でクジャクが織り込まれた帯、紫と灰色の暈かし帯揚げ、白地に鶴亀刺繍の半衿、白足袋。
P3027718.jpg
IMG_1571.jpgIMG_1569.jpg
P3027719.jpg
下はポリの二部式襦袢、ヒートテック5分袖Tシャツ、ヒートテックレギンス。
今日もレッグウォーマーは無し。もういらないかな?
卒業式なので、おめでたい感じのちゃんとした格好を。かといって、メインは高3担任なのだから私は目立たぬよう控えめに。
ちなみに高3担任の女性教員2名は、訪問着+袴で華やかながらキリッとした装いだった。卒業生を送り出す時の醍醐味やねー。
私も卒業生の担任の時には色無地に袴というコーデにするのだが、副担任だと少々微妙な立場なので色無地のみにしている。
これでも色々と気を遣うのだ。
今年は来賓の女性に一人も着物姿がおらず、保護者にも3名しかいなかった(卒業生が450人くらいなので、保護者もそれ以上の数が出席していたのに!)。こういう時くらい、もっと着物を着て欲しいなぁ。カラスの黒羽織なんて、今は逆に新鮮でカッコイイと思うんだけど。

本校は中高と続いている一貫校である。
従って、中学の卒業式では「別れ」という空気はあまりない。生徒は100%そのまま、隣の高校校舎に移るだけなのだから。なので、どこか晴れ晴れしい儀式というだけで、生徒には何の感慨もないのだ。
しかし高校卒業式では、本当に「別れ」なのだから生徒たちの気分も否応なく盛り上がる。答辞ではすすり泣く声が聞こえ、退場時にはうつむき加減で涙をぬぐう姿があちこちで見られる。
中学の教員もかつての教え子たちの卒業式に参列し、成長した彼らに拍手を送る。感慨深い。
…ここまではいいのだが。
でもね、何回も高校卒業式に出席していても、あくまで中学教員でしかない私にとって、高校卒業式は淋しさを痛感する行事でもある。
こちらは卒業生たちに中学時代の思い出を重ね合わせたりして感慨にふけっているが、今を生きる彼らにとって我々中学教員はもう過去のものであり、通過点にすぎない。
式の後、高校教員たちに挨拶巡りをし楽しげに写真などを撮っている卒業生を見ると、中学教員は割が合わないなーとひがみっぽい気分になってしまう。
高校の先生方は、いいとこ取りだなぁー、なんてね。
とはいえ、たまに、わざわざ私のところに挨拶に来てくれる卒業生がいると、逆にこっちも緊張して何を喋ったもんか分からなくなるんだけど(笑)。(そんなわけで、卒業生が遊びに来たりするのが私は苦手である。通過点である私が、現在の君たちと喋るなんてできませんがな)
中高一貫とかいっても、生徒たちにとって大事なのは高校の3年間なんだよなぁ。やっぱり。
と、中学教員しかやったことのない私はやさぐれているのであった。

あー、ここでも1番にはなれないんだなぁ私(笑)。
いつか「寂しい」に押しつぶされて殺されそうな気がするよ…。

土曜日は黄ちゃんバナー。いつもありがとうございます。2つともポチッとしていただけると、励みになります♪
br_decobanner_20110613205959にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
関連記事

コメント
この記事へのコメント
いやいや、中学の3年間があるからこそ高校の3年間があるわけで。だからこそ卒業生さんも挨拶にこられるのでは?僕は中・高とも公立だったのでお世話になった先生を訪ねても異動でおられなかったりしたものです。

僕もこの春異動です。うちの職場は異動のたび新しい業務になり一から勉強、十年後に古巣に戻ったとしても法律や情報システムが変わってて結局一から勉強、考えようによってはマンネリ化しなくていいかもしれませんけどねえ。

和服はあこがれていますが職場で着ることはかなわず、元日に着るだけになってます。夏の浴衣を今年こそ!
2013/03/02(土) 20:57:28 | URL | よしお #-[ 編集]
孔雀の帯がクジャククジャクしてなくてかっこいいですね。←日本語を乱してすみません。
色無地もなんかいつもと違うんだ。というキリっとした感じが素敵です。
中高エスカレーター式の学校では中学校って確かに通過点かもしれません。
でも、私なんて一番心に残っているのは高校の卒業式ではなく中学の卒業式でもなく、中学二年生の時なんですよね。
とかく多感な年ごろ、色々な思いがそれぞれの学年にギュギュっと詰まっているものです。
通過点ではあっても色の濃い通過点なのではないでしょうか?
なんてね。
私はロクに勉強もせず学校が大嫌いな生徒だったので、あまり大きなことは言えません。とほほ。
2013/03/03(日) 11:17:53 | URL | ほあかばりきるま。 #-[ 編集]
こんばんわ、ブログ村のキモノブログを便秘解消の為に着順に毎日見ている者です。(あまり読んではいないけど)「寂しい」に殺されそうとあって、知らない人ながら心配になりました。私も誰の1番でもないと思います。夫にとっても、飼猫にとってさえです。生き物とは皆1番は自分自身なのではないでしょうか。私の考えが寂しいのかもしれませんが、寂しいけれど仕方が無い。寂しいけれどそんなには寂しくない。だってみんながそうだから。自分が1番なのに大事にするのは難しいですね。私にとっても課題です。お元気で!チャオ。
2013/03/03(日) 22:31:30 | URL | ナオ #-[ 編集]
よしおさん
わはー。そう言っていただけると、報われる気がします~。
ありがとうございます。
どうもね、ひがみっぽくていかんですね(笑)。
中学教員で、しかも担任もやってなかった…ってなると、どうしても生徒との関係は希薄になりますよね。したか無いんですけど…。

よしおさん、異動なんですね。
私は来年度どうなるか、まだ決まっていません。
別れと出会いの季節をもうすぐ迎えますねぇ…。しみじみ。
2013/03/04(月) 18:26:36 | URL | べにお #-[ 編集]
ほあかばりきるま。さん
クジャククジャクしてない(笑)。たしかに。
なんか、レーザービームっぽくないですか?
私はパフュームが頭を巡ってしまうのですが(笑)。

通過点という感覚は、もう10年以上持ち続けておりまして。
自分は定点にいて、私の上をたくさんの生徒たちが通り過ぎていくなぁ…って感覚です。
「行く川の流れは絶えずして しかも元の水にあらず/よどみに浮かぶうたかたは かつ消えかつ結びて 久しくとどまりたる試し無し」by方丈記。
川底の小石が、川の流れを見上げている感覚ですねぇ…。あら、詩人ね私ってば(笑)。
なんというか…さびしんぼうなんですな、結局(笑)。
2013/03/04(月) 18:50:58 | URL | べにお #-[ 編集]
ナオさん
いらっしゃいませ。コメントどうも有り難うございます!
そうなんですよね、きっと誰もが孤独で、誰もが1番にはなれなくて…。
それでも、寂しさに襲われると「自分ばかりがなんでこんなに孤独なんだろう」という思いにとらわれてしまいます。
今は大丈夫です。ご心配おかけしました。
ときに。
どうしても気になるので、思い切って質問しますが…。
キモノブログって、便秘解消に役立つのでしょうか?(笑)
ああ、気になる…!(すんません、普段はこんなことばっかり考えているバカモノなのです)
2013/03/04(月) 18:54:43 | URL | べにお #-[ 編集]
元気になられて嬉しいです。ブログ効きますよ。キモノに限らず興味のあるものをツラーっと見ると効きます。図書館で背表紙を見るのと同じ要領です。キモノを一通り見て駄目な時は「つれづれ蕎麦」というブログを見ます。とある女性がほぼ毎日蕎麦を食べる、その報告です。本当によく召上がっていて尊敬します。
2013/03/04(月) 20:34:22 | URL | ナオ #-[ 編集]
ナオさん
えええっ! ブログ、便秘に効きますか!(笑)
面白いなぁ。よく、本の匂いが効く、ってのは聞きますけど。
毎日おそばを食べるってのも、これは気になりますわ~。
おそばばかりは、家で茹でるよりもお店で食べた方が断然美味しい気がします。大鍋で茹でるからでしょうか…。
2013/03/05(火) 20:21:42 | URL | べにお #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する