FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
いろいろあるさぁ
2004年10月15日 (金) | 編集 |
ホントね、いろいろなことが日替わりであるよね。
教師って仕事もさ、どんなもんだか分かんないさ。
けどさ、好きでやってることなんだよね、結局さ。
そうしたら、できる範囲で自分のできることを精一杯やるしかないわけじゃん。
それが、生徒にすぐ反映されるか、何十年後に反映されるかはワカランけどさ。
それが教師ってもんなのかもね。

ウツ病患者の私としては、日々いろんなことを考えてしまうんだけど。
それでも、考えていようと考えていまいと、時間だけは確実に過ぎていくわけで…。
その過ぎていく時間を、生徒たちは生きているわけで…。
そんだったら、考えようが考えまいが、結果は同じって事で。
ま、それでも考えてしまうのが私なんだけどさ。

教師って仕事は、彼らの人生の一瞬にふれあうことができるかどうか、ってことなんじゃないかと思う。
彼らの人生の一瞬を、同じ時間を過ごすことができて、そんでもって彼らの意識のほんのひとカケラにでも残ることができたら……それは、教師冥利につきるってもの。
それくらいのスタンスで過ごしていかないとねえ。
自分のやっていることが、意味のないことだなんて誰も思いたくないもんね。
何百人の生徒の中で、たった一人でも心に残る言葉を残すことができたなら、それは私が教師をやっていた証になるんだろう。

そんなことを、今日の飲み会の席で考えました。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック