FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
「家族ゲーム」
2013年04月17日 (水) | 編集 |
家族ゲーム
E5AEB6E6978FE382B2E383BCE383A0E3839DE382B9E382BFE383BC.jpg
うっかり第一話を観ちゃったので、書いてみようかと。

「家族ゲーム」といえば…森田芳光監督、松田優作、宮川一朗太…ですよね? 我々世代からしてみたら。
kazoku_game.jpg
FilmArchive617imageja.jpg
今日から始まったドラマは、どうやらそのリメイクらしいのですわ。
崩壊した家庭に破天荒な家庭教師がやってきて…という物語。
私は元版は観ていないんだけども…でも、おそらく、きっと…元版の方が良い(笑)。

あーのーねー、破天荒な家庭教師役が嵐の櫻井翔なのよ。
いや、別にね、彼がトクベツに芝居が下手ってわけじゃないのよ? 彼なりに役作りをして頑張ってる。
でもね…でも…彼に破天荒は合わないんじゃん?
申し訳ないんだけども、無理があるんだよなー。櫻井翔というキャラクターに、あまりにもそぐわない。
どうしても清廉潔白・人畜無害・善人・常識人…という風に見えちゃう。
そう、狂気が見えてこないのよっ!
それがとにかく、一番の不満。
今回のラスト近く、教え子をぶん投げてガラスの棚を粉々にさせて、お母さんも突き飛ばし、拡声器で正気を失ったような演説をぶり、狂ったように高笑いする…。
そういう脚本で演出なんだろうけど、櫻井翔に狂気は見えないのだ、どうしても。
もっともっと、怖いくらいに、狂人になって欲しかった!
きっと、おそらく、松田優作は背筋が凍るほどの狂人っぷりを見せてくれたことだと思う。
どこまでが本気で、どこからが冗談? ってのが、他の役者にも観客にも分からないくらい見事に。
ぐあーーーー、元版の映画を観たくなっちゃったわよ!

あと、お母さん役の鈴木保奈美が…どうしようもなく下手。ああ、下手くそ。
「プラチナデータ」を観た時も、その下手っぷりに愕然としたんだけど…この人ってこんなに下手くそだったっけ???
あーーーー、木村佳乃とか、浅野温子とか、そのあたりの精神病患者的演技で観たかったなぁ。
だがしかし、神木隆之介の芝居はやっぱり光ってるぞ。すまん、櫻井翔より断然役にはまってる。
メインたる弟役の子役もなかなか上手。
だめじゃん、このドラマ、子役の方が上手いって…(笑)。
宮川一朗太がちょい役で出演していたのは、遊び心なんだろうなぁ。

さて。
散々書き散らしてきたが…これ、ストーリィ自体は面白い。続きが気になる展開なのだ。
台詞回しも良いし、リメイクのわりに自然な流れになってるし…きっと脚本がわるくないのだろう。
演出自体もわるくない。で、演出はだれだー?とエンドロールで確認したら…佐藤祐市なのだよ。
あああっ! 「キサラギ」の監督じゃんっ! じゃあ、面白いモノ作る人じゃんっ!!
むむむ…来週以降見るかどうか…どうしようかなぁ…。

水曜日は咲夜さんバナー。咲でしゅ。いつもありがとうございましゅ。2つともクリックしてくださると励みになるでしゅ♪
br_decobanner_20110607235956にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する