FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
カウンセリング17
2007年03月30日 (金) | 編集 |
今日が(たぶん)最後のカウンセリング。時間を延長して、1時間半くらい先生と話した。

復職できるようになったという報告をすると、先生も一緒に喜んでくれた。お世話になりました、ホント。

でもそれ以上に喜んでくれたのが、恋愛できる心境になったという報告。「それが一番の収穫じゃない!」って笑って言ってくれた。
「心が健康になった今だから言うけど、あなたは自分に対する戒めが多い人だと思う」と言われた。
戒め…今なら分かる気がする。自分で自分を縛り付けているもの。
戒めにもプラスの戒めとマイナスの戒めがあるという。自分を不自由にするマイナスの戒めは、一つずつ時間をかけて解いていけばいいと。
恋愛に関しても、対人関係に関しても、私は自分で自分に枷をはめていた(いる?)んだと思う。
そこから少し自由になろうと、今の私は考えている。

「反社会的なこと(=犯罪)をしなければ、人はどんな風に生きても良いんですよ」だって。これまた極論だとは思うけど、これくらい大きく考えることが私には必要なのかもしれない。先生は更に自身の恋愛体験談を含めて「不道徳でも反社会的じゃない」例をあげて話してくれた。
うーん、すごい。
そこまで突き抜けた考え方をしちゃうのねー。
してみると、私ってけっこうモラリストかもしれない…。

他人と比較して切なくなってしまうという話をしたら、「誰でも自分の基準で生きていい」と言われた。
その自分の基準に自信がない。
でも「自分がいいと思ったらいい、イヤだと思ったらだめ、でいいんですよ」と言われた。そ・そんな単純でいいんですかー???
「いいんです!」…はい、わかりました。

私は他人に対する許容範囲は広いくせに、自分に対しては妙に厳しい。自分で自分を許せるようになれば、病気もよくなるし、もっと楽になれる。
でも焦る必要はないって。
全部を変える必要はないんだって。
経験を重ねて、少しずつ自分を解放してあげればいいって。

リストカットの話なんかもした。結果だけを見るんじゃなくて、そこに至った原因とつきあうこと。それを肯定して受け容れること。
なんか、いろいろ勉強になったな。私には思いも寄らない考え方だった。
今回でカウンセリングは一応卒業。次回は、自分が負けそうになった時。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック