FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
「仕事」というもの
2007年04月05日 (木) | 編集 |
してみると私は、「仕事」というものを「仕事」としてとらえてきたのか、疑問が残る。
今回の復職騒動をめぐって、私なりに「仕事」というものの断片が分かったような気になってはいるが、本質が分かっているかどうかといえば「???」なのである。
私は職場に<家族>を求めている。
信頼できる<仲間>を求めている。
それは青臭い理想論的な考え方なんだろうとも思う。でも<家族>のいない私にとっては、身近な存在である同僚達を<仲間>として<家族>として受け容れたいのだ。
もちろん同僚の中には、もっと職場の人間関係をドライに割り切って考えている人もいる。私もそうできたら楽だろうとも思う。
それでも私は<仲間>を求めている。
一度心許した相手は、ずっと近しい存在であって欲しいと願う。
物理的な距離が離れても、精神的な距離は近くあって欲しい。
それを相手がどう思うかだ。
防御策として「迷惑だったらそう言ってね」と前フリをしてある。つまり、迷惑だと言われるまではOKだということだ。
さいわいなことに、これまで私が心許した相手は「迷惑だ」と私に告げたことはない(そりゃ、言えないだろう!というツッコミはあえて無視)。
新年度、新しい人間関係が待っている。でも私は相手が嫌がるまでは、これまで築いてきた人間関係を引きずっていたいと思っている。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック