FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
ゆっくりしようね。
2013年10月07日 (月) | 編集 |
黄ちゃんを病院に連れて行った。
少量ではあるが食べたことを報告すると、先生がえらく喜んでくれた。
血液検査の結果に時間がかかるというので、30分ほどあたりをうろついてから再訪した。
「血糖値が前回の半分になったんですよ」と朗報。
しかし、その後レントゲンを見せられて、説明を受けると…黄ちゃんのお腹には大きな腫瘍があった。
テニスボールくらいの大きさのが1つ、ビー玉くらいのが2つ。
末期、なのだそうだ。
「外科手術で腫瘍を取ったとしても、回復できるかは難しいです。麻酔の段階で無理かもしれません」
こんなでっかいものをお腹に抱えて…。
「どうしますか?」
そうかー、私は今、命の決断をせまられているのか…。
「今、彼女は痛かったりしんどかったりしてるんでしょうか?」
「今は痛み止めも効いていますし、落ち着いていると思いますよ」
黄ちゃんは、どうしたいかなぁ? 診察台の彼女は、緊張しながらも私をまっすぐ見ていた。
昨晩の、寝室から出てリビングでうずくまっていた彼女を思った。
…そうだねー、おうちに帰ろうか。みんながいるもんね。
「穏やかに、家で過ごさせたいと思います」
そう先生に言うと、先生も涙目になって「そうですね。そうしましょう」と応えた。

家に帰ると、彼女はさっそくお気に入りのクッションに丸まった。
実は検査待ちの30分で、ペットショップでありったけの猫エサを買ってきていたのだった。
20131007_02.jpg
「食べる-?」となでると、嬉しそうな顔をしたのでスープタイプのパウチをあげた。
なんと1袋完食! やるじゃん、黄ちゃん。
ゴキゲンさんのぐねぐね。ぐねぐねするのは久しぶりだねー♪
IMG_0550.jpg
笑ってるよなぁ。
IMG_0551.jpg
やっぱ、笑ってるよ、うん。
IMG_0556.jpg
しんどくなくて、穏やかに過ごせるなら…お家がイチバンだよね、黄ちゃん。
IMG_0565.jpg
ゆっくりしようね。なるべく、ゆっくりね。

月曜日は海大くんバナー。お手数ですが、二つともポチッとな、していただけると励みになります♪
br_decobanner_20110608205601[1]にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
関連記事


コメント
この記事へのコメント
うんうん!!黄ちゃん、嬉しそう。
にゃんこもわんこもほんと、表情が豊かですよね。
他の動物は分からないが一緒に暮らしてみれば
あらゆる動物に彼らなりの思考と表情があるのでしょうね。
美味しいものを食べるてみんなとゆっくり過ごすんだよぉ!
2013/10/07(月) 18:15:16 | URL | mdmkaori #-[ 編集]
mdmkaoriさん
あ、やっぱkaoriさんにも嬉しそうに見える?
黄ちゃんが嬉しそうな顔をしているうちは、なるべく家でみんなと一緒に過ごさせたいなーと思ってます。
ずっと私の隣のクッションにいてね、なでられると笑うんだよ-。
やっと甘えられるようになったのかなぁ? 可愛いなぁ。
2013/10/07(月) 18:31:32 | URL | べにお #-[ 編集]
べにおさん黄ちゃんお疲れ様でした。

大好きなべにおさんと
大好きなおうちと
大好きな海大君とゆっくり過ごしてね。

黄ちゃん本当に嬉しそう。

先生も優しい方で本当に良かったです。
2013/10/07(月) 20:12:12 | URL | くー #-[ 編集]
お疲れ様です
黄ちゃん、やっぱりお家がいいよね・・・
ってことは、べにおさんが良いって事♪

黄ちゃん、ゆっくり甘えてね♪

トッティも応援してるよ!

2013/10/07(月) 23:12:03 | URL | ハマの広島人 #-[ 編集]
やっぱりおうちが一番、安心できるのでしょうね。
いつもと同じ場所、同じにおい、同じ仲間達。
私は長らく小動物を飼ってますが、前に無理な治療を強行し
死期を早めてしまった子がいて、それからは
体も心にも負担がかからない治療、看護を、模索中です。

黄ちゃん、べにおさんもお仲間もとってもお好きなのでしょうね。
嬉しそうで何よりです♪
2013/10/08(火) 14:49:47 | URL | かぐら #FXbBe/Mw[ 編集]
家でゆっくり
初めて書き込みさせていただきます。
ほぼ毎日読ませていただいる着物初心者です。
着物記事は大変参考になっています。ありがとうございます。
お料理も参考にさせていただいています。
ここから本題です。
黄ちゃん良い選択をされたと思います。
末期なのであればなるべく自然にゆったりと過ごすことが良いと私も思います。
我が家にはチーズという名前の9歳のヨーキーがいます。
まだまだ元気ですがチーズが同じような状況なら
べにお様と同じ選択をしたと思います。
痛みが出たらなるべく痛くない様なことをしてあげて
なるべく家で過ごしてもらうのが一番なのかなって思います。

これからも毎日楽しみに読ませていただきます。
よろしくお願いいたします。
2013/10/08(火) 17:23:56 | URL | チーズ母 #7r4xH7r6[ 編集]
人も猫ちゃんも一緒ですね~ぇ

認知でグループホームにいる母も腫瘍を2つ持っているけれど、
もうこのままでとお願いしています。
のんびり、ゆったり過ごして欲しい。望むのはそれだけです。
良い選択をされたと思いますよ。
家だと大変な事も起こると思いますが、頑張って下さいね。

下旬に我が相棒の手術を控えてます。心配だけどなんとかなるさ・・・・・と。
歳がいくと次々とまあ、いろんな事がおこりますね。みんなひっくるめて人生面白いのかな。
2013/10/08(火) 18:05:36 | URL | あーちゃん #-[ 編集]
くーさん
はい、黄ちゃんは今日もニコニコです。
痩せているのさえなければ、ベタベタに甘えたな単なるワガママお嬢さんのようになってます(笑)。
今まで甘えるのが下手くそだったから、これからめちゃくちゃ甘えさせなくちゃ!
先生は咲夜さんの時にも散々お世話になって、なんというか、こっちの気持ちに寄り添ってくれる先生です。それが、とても有難いです。
2013/10/08(火) 21:21:07 | URL | べにお #-[ 編集]
ハマの広島人さん
はい、正直、黄ちゃんがこんなに我が家やみんなを気に入ってくれていたとは思っていませんでした(笑)。
いつも一人でいることが多かったけど、それでも家とみんなが好きだったんだな-。それが分かって、不謹慎ながら嬉しいです。
黄ちゃんが苦しくないように、トッティ、応援よろしく! 
2013/10/08(火) 21:24:39 | URL | べにお #-[ 編集]
かぐらさん
ありがとうございます。
猫は特に「家につく」ともいいますから、やっぱりお家がイチバンなんでしょうね…。
本当は、少々無理にでも手術をした方がいいんじゃないか、とか、他の方法をとらない私は単なる不精者なんじゃないか、とか、この決断は単なるエゴではないのか、とか…色々モヤモヤはしてるんです(笑)。
自分の決断が正解だとは思いませんが、黄ちゃんの笑顔を信じたいと思っています。
かぐらさんのかつての決断も、十分ありだと思います。自分を責めないでくださいね。
2013/10/08(火) 21:31:54 | URL | べにお #-[ 編集]
チーズ母さん
いらっしゃいませ! コメントどうも有り難うございます。
「どうしますか」と問われたとき、「ペットと暮らすってその命の決断をしなければいけないってことなんだ…」と改めて気づきました。私は一人暮らしですので、猫たち全ての命の決断を私一人で今後もしていくわけなんですね。
そう思ったら、恐ろしいような、誇らしいような、不思議な気分になりました。上手く言えませんが(笑)。
毎日拙ブログをご覧になってくださってるなんて、とても嬉しいです♪
またいらしてくださいね。
2013/10/08(火) 21:39:37 | URL | べにお #-[ 編集]
あーちゃんさん
そうですね、ホント、人も猫も一緒だと思います。
たまたま、最近母が入院しましたが、もし母が命に関わる入院だったとしても、おそらく黄ちゃんに対する気持ちと同じ気持ちになると思います。
ま、母の場合は「どうしたい?」って訊けるし兄弟もいる分、黄ちゃんとは対応が変わってくると思いますけどね(笑)。
相棒さんの手術、上手くいくといいですね。
2013/10/08(火) 21:45:09 | URL | べにお #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/10/08(火) 22:55:39 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する