FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
「どうして私ばっかり」と思ったとき読む本
2014年02月05日 (水) | 編集 |
朝の段階でまだ頭痛とクラクラがあったので、大事をとって今日はお休みさせてもらった。
1日家でダラダラしていい。そう思うだけで、ずいぶん心が軽くなる。
ほぼ1日中、猫と一緒に布団にくるまって、こんこんと寝続けた。
夕方5時に起きて、猫たちにエサをやって…あれ?頭痛がなくなってるじゃん。
どうやら、「何もせずにダラダラする時間」を欲していたみたい。
心も体もすっきりできた感じである。ほっ。

「『どうして私ばっかり』と思ったとき読む本」という本を読んだ。
「どうして私ばっかり」と思ったとき読む本 (PHP文庫)「どうして私ばっかり」と思ったとき読む本 (PHP文庫)
(2012/07/04)
石原 加受子

商品詳細を見る

例年、学生時代の芝居仲間がつどって我が家で開催していた「年末企画」。
それを一昨年からやっていない。なぜか。
それは「どうして私ばっかり…」とつらくなったからだ。
正確には、もっとずっと前から「どうして私ばっかり」と思っていた。でも我慢して続けていた。
学生時代からずっと続けていた企画を途絶えさせたくなかったし、みんな楽しみにして喜んでくれていたし、辞めたら一緒にこの企画をやっていた友人(故人)に申し訳ないという気持ちもあったから。
滅多に作れない大量の料理を作るのは楽しかったが、11月頃からメンバーに連絡をとって日程を調整して、一人で部屋を片付けて一人で買い出しに行き、全員が帰った後に一人で後始末をしていると孤独感がつのり、どうしても「なんで私ばっかり」と思わずにはいられなかった。鬱だったころには、年末企画が終わるとダメージが強くて寝込んだりしていた。
一昨年、私自身が楽しめないなら「年末企画」と距離を置こうと決意した。
そこで幹事を親友にまかせて、我が家ではなく外の居酒屋でやった。
去年は、おそらくやってない。(私に連絡がなかっただけで、どこかでやったのかもしれないが)
今は、私が「どうして私ばっかり」と考えなくて済むようになったら、また「年末企画」を再開したいと思っている。
そんな思いで、この本を読んだ。
他人中心の考え方をしていると、「なんで察してくれないの?」「私のことも考えてよ!」というモヤモヤした思いにかられて、我慢するたびに不快感が溜まっていく。自分ばかりが「損」している気分になる。
自分の感情をちゃんと見つめて、自分中心で考えれば「今はこうしたいから、それはできない」とか「これが終わったら、そっちをやるよ」とか、柔軟に対応できる。相手も自分も尊重できる。
なるほど、私が「年末企画」を休む宣言をしたのは、自分中心に考えるための第一歩だったんだなぁ。
なかなか共感できる内容だった。でもきっと鬱の頃だったら、理解はできても納得はできなかったかもしれない。
今だから読めた本だったな、と思った。
これ、子育てでイライラしている母親にも読んでいただきたいなぁ。気持ちが楽になるだろうし、おそらく子供にもいい影響を与えると思うよ。うん。

さーて、明日は入試その4。
これでようやく、長い長い入試期間が終わる。

水曜日は咲夜さんバナー。咲でしゅ。いつもありがとうございましゅ。2つともクリックしてくださると励みになるでしゅ♪
br_decobanner_20110607235956にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
関連記事


コメント
この記事へのコメント
読んでみたいです。
どうして私ばっかりと思うことは、実はあまりない僕です。周囲に支えられて生きてますから。しかしたまには思うわけで、どうして私ばっかり『迷惑をかけてしまうんだろう』と落ち込みます。

人は支え合いながら生きるもの。お互い様と割り切るために、なにか妙案はないものか、と自問しています。
2014/02/05(水) 21:24:27 | URL | よしお #-[ 編集]
祝快復
べにおさん、おはようございます。
良くなられたようで安心しましたv-238

楽しいのだけど、負担になっておられたのですね。一人で全ては、精神的にも肉体的にも大変なこと、働きながらですから自分の時間も削るし、年に一度とは言え、毎年はきつかったであろうとお察しします。義務のようになっていたのであればなおさらです。

またやりたいと思われるまで快復されたのは距離を置いたのが功を奏しましたね。きっと楽しい会になることでしょう。年末までまだまだありますし、企画を練るのが楽しみですねi-228
2014/02/06(木) 09:27:33 | URL | ふでぺん #iWX6Rsqc[ 編集]
よしおさん
わーい、よしおさんだ♪ コメントどうも有り難うございます。
私はあちこちに気を遣っているうちに、ふつふつと怒りのような気持ちが湧いてきて『どうして私ばっかり…!』って思っちゃうんです。
でも、その「気を遣っている」ってのも、「こうすることを期待されているはず」という、私の勝手な思い込みだったりもして。なんつーか、考え方のクセですよねぇー、こうなると。
こちらの本は、所々言葉足らずで分かりにくかったりもしますけど、もしかしたらよしおさんにも興味深い内容かもしれません。
気が向いたら、ぜひ♡
2014/02/06(木) 19:25:51 | URL | べにお #-[ 編集]
ふでぺんさん
楽しいのは楽しいんですけどね…終わった後、家に一人でいると会をやる前よりもガクーーンと孤独を感じてしまって(笑)。要は淋しがりなんでしょうなー。
「義務」というほど負担だったわけではありませんが、いつの間にか「私がなんとかせねば…」という方向に考えてしまっていたんですね。これも、きっと単なる思い込みだったのでしょうけど…。
実はまだ「年末企画を復活させよう」とまでは考えが至っていないんですよ。でも、『辞めたわけでなく今はお休みしているんだ』と考えることで罪悪感も薄れます。もう少し、時間をおきたいと思います。
仲間が集まるのは楽しいし、拙宅に来てくれるのは単純に嬉しいことなので。
2014/02/06(木) 19:32:52 | URL | べにお #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する