不定期更新のつもりが毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居をメインに、日々の記録を積み重ねています。
「永遠の0」
2014年03月03日 (月) | 編集 |
さて、試験問題ができあがったので、後ろめたいことなく完全オフ♪
ゆっくり朝寝をしたいところだが、猫目覚ましは今日も仕事キッチリなので5時に起こされる。
昨晩作った問題をプリントアウトして、すっきりした脳みそでチェックをかける。
うむ、特にミスは見当たらない。いけるんじゃないかなぁ?
目も冴えてしまったので、よっしゃ久々のカラオケじゃ~!
…3時間も歌ってしまった。ワンマンライブが出来ちゃうぜ。
浮かれまくって、たまさんにくまぬりえを送る。
IMG_2610_201403032018402f2.jpg
そうこうしているうちに、歯医者に行く時間。車を飛ばしてアニキの所へ行く。
治療は10分程度で終わり、とんぼ返りで今度は映画館へ。
ずっと観たかった「永遠の0」を観るのだ。
おっと、その前にショッピングモールの中華料理屋にて昼食を摂る。
ホタテとエビとイカと季節の野菜のXOジャン炒め。糖質オフ生活のため、定食ではなく単品で。
IMG_2611.jpg
お店の中華炒めって、やっぱ美味しいなぁ♪
そして、いよいよ映画だっ!
img3830722546610.jpg
…あーーーーーーー、やられた…。
非常に素直に、自然に、心が揺さぶられた。泣けた。
とっても等身大の戦争映画だと思った。
不自然なところのない脚本だし、演出だし、役者だった。
…って細かいところを指摘するのももどかしいくらい、ジンと来た。
私はこの映画、すごく好きだ。
この作品については、いろんな人が批判しているらしい。「右傾化」「特攻を美化している」「戦争賛美」などなど。
そうとってしまう人もいるのかもしれない。でも、私にはそう感じられなかった。私は私が感じたことを信じる。
素敵な、映画だったよ。これは原作も読まないとな♪ 120点。

さて、ここからはちょっとシモがかった話。
実は映画を観始めた途端、胃の辺りがムカムカとしてきて、さらにお腹がグルグル。
やばい、吐き気もしてきた…脂汗がじわりじわりとにじんでくる。
中華炒めにあたったか? ホタテ? エビ? それともイカ?
なんにせよ、昼食後に急に来たのだから、アレが原因であるに違いない。
胃部不快感を抱えながらの映画鑑賞(それでも、何度かそれを忘れてしまうほど、夢中になって観ていたんだけどね/笑)。
映画が終わって即行でトイレに行くも、吐けそうで吐けない、下りそうで下らない。ぐぐぐ…こういう状態って一番キツイ。
とりあえず、上体をかがめながら車に乗り、腹痛をごまかしながら運転して帰宅。15分間の道のりが、1時間以上に感じたよ。
その後、リビングでもんどりうっているうちにお腹が盛大にギュルギュルしてきて、ようやく下ってくれた。
そしてじっとしていたら、なんとか平常通りの状態に。はーーーー、良かったよぉ!
胃袋を鷲づかみにされているような、モノスゴイ感覚だったわ。なんだったんだろう、あれ。
ま、なんとかなって良かったなぁ。

月曜日は海大くんバナー。お手数ですが、二つともポチッとな、していただけると励みになります♪
br_decobanner_20110608205601[1]にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
関連記事

コメント
この記事へのコメント
永遠の0
映画は観てないけど、原作はよかったですよ。

この作品がお好きなら、設定はちょっと違うけど「亡国のイージス」(福井晴敏)もお好きでは?
これも、映画も原作もどちらもいいので、お薦めですよ。
2014/03/03(月) 23:42:58 | URL | Ku-nyan #yH6F9.XQ[ 編集]
胃袋を
鷲掴みって云うと美味しくてノックアウトされたみたいに感じますが外出時の急転直下って本当につらいですよね~。
脂汗と冷や汗と焦燥感。
永遠のゼロ良かったですか。
原作は読んだんですが観に行こうか行くまいか悩んでいるうちにすっかり時間が経っちまいました。
む~~~ん。どうしようかなあ…。
亡国のイージスも面白かったですね~。
あれも映画は見てないかも…。
ん?観たかな?真田ひろゆきと中井貴一が出てたっけ?記憶喪失っす。
2014/03/04(火) 06:30:58 | URL | ほあかばりきるま。 #-[ 編集]
原作者が。。。
「永遠の0」戦争の取り扱い方については批判はしているが【作品自体はおもしろい!!!】という方、周りに多しです(^^)。。。けどけど、私は、あの原作者のおっさんをバラエティでちょくちょく見るようになってから、大嫌いになってしまった(^^;)。。いえ、絵の世界でも最低の人格者が素晴らしい作品を描くというのは珍しくないので、小説で似たようなことがあっても、驚かないのですが。。。とりあえず、映画にしろ、本にしろ、あのおやじに印税渡すと思うとイヤだ。という拒否反応がはたらいてしまう(^^;)。。。ので、最大の嫌がらせを思いついた!!!図書館で借りよう!!!
2014/03/04(火) 07:22:52 | URL | k-mana #-[ 編集]
体調大丈夫ですか?アルコールで消毒しないと。。。(爆)
私はまあまあ飲める方だと思います。ワインが一番好きだけどリキュール類も好き~。日本酒も美味しいなって思うようになりました。暑すぎた昨年の夏からはビールにも目覚め。。。結局全部~いけます!邦画はあまり観ませんがべにお先生の感想は信頼性ありますね~。v-22ロックな塗り絵にナイス!
2014/03/04(火) 11:49:50 | URL | passionpiano #-[ 編集]
Ku-nyanさん
おおっ! すでに原作を読んでいた方がここに…!
そうですか、原作も面白いんですね。これは楽しみ♪
『亡国のイージス』ってのも、書名だけは知ってます。ふむふむ、これも図書館で探してみようかなぁ?
あ、本の話題で思い出した。『九つの、物語』のキャスティングごっこ開催しますよーっ! 告知、告知(笑)。
2014/03/04(火) 21:06:32 | URL | べにお #-[ 編集]
ほあかばりきるま。さん
どわっはっはっ!! そうきたか!
ほ~さま、「胃袋をつかむ」はアリだけども、「鷲づかみ」しちゃイカンでしょ(笑)。鷲づかんだら…やっぱ痛いと思いますぜ(笑)。
もとい。
外出時の体調不良はシンドイし、不安ですなー。…ってことは、「ゆるゆる京都ツアー」の時のたまさんはかなりしんどかったんでしょうな…しみじみ。
おおおっ、ほ~さまも『永遠の0』と『亡国のイージス』を読了された方なのですね。あらあら、これは2冊とも読まなくちゃだわー!
2014/03/04(火) 21:10:54 | URL | べにお #-[ 編集]
K-manaさん
ほほう、原作者のおっさんがお嫌いなのね?
私は逆に、あのおっさんをテレビで観るにつれて、作品も気になるようになった人間(笑)。
で、嫌がらせじゃないけど私も本は図書館で借りますよ~(笑)。
2014/03/04(火) 21:17:17 | URL | べにお #-[ 編集]
passionpianoさん
あらあら…晴れの国の方~、ここにも酒飲みがいらっしゃいますよー!(爆)
私はかつて、毎日赤ワインのフルボトルを一人で1本あけるような人間でしたわー。わっはっは。今はせいぜいカルピスサワー1缶…丸くなったもんです(笑)。
日本酒も甘いワインも大好きなんですけどねー、あれらは糖質多いので控えてます-。
私は基本、邦画しか観ません。…字幕を読むのが面倒で(笑)。
2014/03/04(火) 21:21:59 | URL | べにお #-[ 編集]
映画を観始めてすぐにそんな状況になってしまったとは、大変でしたね。
体調が万全ならもっと感動できたかも?
やはり戦争賛美と捉える人がいるんですよね。それは捉え方がちょっとヒネクレ過ぎではないかと私など思ってしまいます。大ヒットする理由を右傾化に繋げるなんて、左傾化してる人の言いがかりですよ。
戦争は二度と起こしてはならないという気持ちが強くなるし、現在あることないことで某国が騒いでいるのも、日本人があの戦争の始まった原因をよく知らないままで、今に至ることが原因ではないかと思うのですが。
べにおさんの、「自分の感じたことを信じる」という言葉がステキです!

ちなみに百田氏の感動触れ込みの短編文庫を先日読んだのですが、笑っちゃうほど感動できず陳腐な内容に驚いたんですよね~速攻で売ってしまった…
2014/03/05(水) 11:08:46 | URL | えりりか #mQop/nM.[ 編集]
えりりかさん
いや~、えりりかさんのブログで「永遠の0」の記事を拝見してから、特に観たくて観たくて…。ようやく念願かないました♡
あの映画は、素敵でしたわよ。ほんとに。
どこにも無理はないと思うし。右傾化させようなんて意図もまったく感じませんでしたし。
映画作品としてだけ観ても、素晴らしい出来映えだと思います。あんな映像、よく撮れたなぁ!
私、悲惨さや哀しさ、グロさばかりを強調した戦争ものって、なんか違和感があるんです。その当時の人達だって、笑うこともあっただろうし、嬉しいこともあっただろうし。そこを排除して描くことが、「戦争反対」につながることなのだろうか…?とも思います。
「少年H」の時も書いたのですが、空襲の爆撃機が空を飛んでいるのをみて「きれい…」と思わずつぶやいた少年、あれってすごくリアルだと感じたのですよ。
…あれ? 何を言いたかったんだろう?(笑)
あー、言葉足らずだし上手く説明できませんが…。とにかく、「永遠の0」は素敵な映画です(笑)。

笑っちゃうほど感動できない陳腐な文庫? それはそれで興味が湧いたりなんかして…(爆)。
2014/03/05(水) 20:25:50 | URL | べにお #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する