不定期更新のつもりが毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居をメインに、日々の記録を積み重ねています。
いざ、伊豆!その6
2014年04月01日 (火) | 編集 |
前回のあらすじ>
ああ、朝ごはんも美味しかった…。

<第6章 復路 3/26午前>
簡単に荷物をまとめ、車に乗り込む。
オーナーご夫妻が見送ってくれた…が、カーナビ設定をぐずぐずしていたらバツの悪そうな様子になり、申し訳なかった(笑)。
たまさん:「行きとは違う道がいい!」
…と言われても、地図に関心のない私としては「はぁ、お好きにどうぞ」と言うしかない。
ナビちゃんが提示した6つのルートの中から、たまさん好みの道を選び、さあ出発だ!
どうやら行きは海沿いだったため、帰りは山道にしたらしい。
ナビの言うとおりに走り、伊豆スカイラインという所へ。その料金所にて、トラブル発生。
なんと、入り口の料金所で行き先を告げ、その分の料金を払わなければいけないというのだ。
困った。行き当たりばったりで動いている我ら。行き先など決まっていない。
この場で行き先を決めなければならぬ、という状況にうろたえてしどろもどろになる私たち。
料金所のおっちゃん:「ナビで来たの?(苦笑)」
私:「あ…はい」
おっちゃん:「どこまで行くの?」
私:「えと…東京です」
おっちゃん:「じゃ、熱海峠(終点)までだね。950円」
あっさり行き先を決められてしまった。
私:「いやー、ドキドキしたねー」
たまさん:「まさか、おっちゃんに行き先を決められるとはねぇ」
私:「緊張したら喉渇いた。朝、コーヒー飲めなかったし」
たまさん:「んじゃ、どっかでお茶しようか?」
ナビに「カフェ・喫茶店」と入力すると、ルート沿いに1軒発見。だが、いざ到着すると定休日だった。
私:「むー、まさかの定休日」
たまさん:「(ナビを見て)次の喫茶店は、スカイラインを下りないとないよー」
私:「えー、でも終点までの料金払っちゃったから…」
たまさん:「下りられないねぇ…」
思いがけず、シバリが生じてしまったのだった。なんということでしょう!
私:「うがー、あのおっちゃんのせいで、我々はコーヒーも飲めないんじゃー!」
たまさん:「熱海峠までは、とにかく行くしかないね」
黙々と車を走らせる。…と、「峠の茶屋」という看板を発見。
私:「峠の茶屋って…コーヒーあるかなぁ?」
たまさん:「あ、でも桜咲いててきれいだよ♪ ダメ元で行ってみよう」
IMG_0394.jpg
峠の茶屋に期待はしていないので、まずは道を挟んだ満開の桜へ向かう。
IMG_0397.jpg
濃いピンク色の…ヒガンザクラかしら? キレイ、キレイ♡
桜を満喫したあとで、ようやく峠の茶屋へ向かうと…なんだ、この古民家たちは???
私:「たまさん、着物が似合いすぎる場所だよ、ここ」
IMG_04011.jpg
奥へ奥へ行くと、大きな古民家をそのまま使っているそれが「峠の茶屋」だった。
ほえーーー、雰囲気タップリ! 囲炉裏では炭がはぜているし、火鉢まであって現役で暖房の役目を果たしているんだぜ。
IMG_0408.jpg
私:「なんだか、思いがけずいいところに来ちゃったねぇ」
たまさん:「あ、田舎じるこがある♪ 私、これ~」
私:「ええっ? さっきお腹いっぱいって言ってなかったっけ?」
たまさんのビックリ注文。私は初志貫徹でコーヒー。
IMG_0405_20140331211041a4e.jpg
これが田舎じるこ。大きな焼き餅が2つも入っている(笑)。
IMG_0406.jpg
たいらげとる、たいらげとる…。
IMG_04071.jpg
かくして、宿を出発してから1時間もたっていないのに、まったりゆったりくつろいだのだった。
<まだ書き終わらん。その7へつづく>

火曜日は風花さんバナー。いつも有難うございます。2つともポチッとな、していただけると嬉しいです♪
br_decobanner_20110609233723にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
関連記事

コメント
この記事へのコメント
続きも楽しみでございまする~
べにおさん、こんにちは。
読ませていただいておりますよ~~。どこで茶々?を入れれれば良いのか、迷っているうちにどんどんレポートが進んでしまいますi-229

ペンションも素敵だったけど、ここも、なになに~~古民家がたまさんに良く似合ってる~~~e-461。桜のピンク色がとってもいいですね~~~続きもよろしくです~~~☆
2014/04/01(火) 21:11:37 | URL | ふでぺん #iWX6Rsqc[ 編集]
行きとは違う道
これ、すっごく分かります。
私は普段の生活でも往路と復路はできる限り違うルートを選びます。
ましてや遠出となれば絶対。海沿いと山道なんて二択ならめっちゃうれしいですよね。
そして間違ったとしてもUターンはせずに回り道をする。
まあそんなことをするからいつでもどこでも道に迷うんですが…。
桜のピンクが綺麗ですね~
2014/04/01(火) 21:23:06 | URL | ほあかばりきるま。 #-[ 編集]
炭がはぜているなんて そういう文章がさらりとせてくるなんて素敵です
田舎しるこの組み合わせもたまりません!!
憧れの伊豆のドライブ楽しく読ませていただいております
2014/04/02(水) 21:50:15 | URL | ソフィー #-[ 編集]
ふでぺんさん
どうもありがとうございます~。
長々と続けてきたこの伊豆旅行記も、あと1回でおしまいです。
お楽しみいただけたようで、嬉しゅうございます~♪
こちらの「峠の茶屋」、本当に見事な古民家だったのですが、珈琲やお汁粉に惑わされて室内の写真を撮るのを忘れておりました。
たまさんが平らげている写真が全てですので…残りは想像で補ってくださいまし(笑)。
2014/04/03(木) 08:40:08 | URL | べにお #-[ 編集]
ほあかばりきるま。さん
まあ、ほ~さまも道好き?
うーん、世の人はけっこう地図や道が好きなんだなぁ。
でも、ほ~さまも道に迷うそうで(爆)、安心いたしました。
伊豆は、海と山の両方を楽しめる場所でしたね。たまさんも、海沿いの道・山の道…と楽しんでいたようです。
ただ…帰りは山道にしてしまったために、干物が買えなくなってしまいましたけどね(笑)。
2014/04/03(木) 08:43:48 | URL | べにお #-[ 編集]
ソフィーさん
わはは~、お褒めにあずかり…照れますな(笑)。
実はこの火鉢の写真は「お!授業で使えそう♪」と撮影したものなのでした。やーね、こんな時でも職業病がでてしまって(笑)。
以前、茶道をやっていたときは、まさに「炭がはぜる」というのを目の当たりにしていたので、それで自然に出てきたのかもしれませんね。
そうですよねー、現代人は滅多に使わない言葉でしたね。
伊豆観光をいっさいしていない旅行記ですが、お楽しみいただけたでしょうか? わはー。
2014/04/03(木) 08:48:14 | URL | べにお #-[ 編集]
写真
楽しいです。こんな情緒を感じさせてくれる風景を見ると日本歌曲や童謡などBGMを流したいような...でお写真撮るのが上手いなぁ~と改めて思っています。桜の色や枯れた味わいの民家やコーヒーカップの色。特にたま様が綺麗ですね。おしるこを頂くポーズも着物周りの色合いもいい感じを映してらっしゃる~。
センスいいです。v-252
2014/04/04(金) 00:27:03 | URL | passionpiano #-[ 編集]
passionpianoさん
楽しんでいただけました?
あ、まさに同様の似合う風景でしたよ~。畑が一面に広がっていたし…なんといっても、この古民家ですからねぇ。
ふふふ…お汁粉を食べるたまさん、手のポーズがしなやかですね(笑)。もしやカメラを意識なさっていたのかしら?
2014/04/04(金) 21:16:46 | URL | べにお #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する