不定期更新のつもりが毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居をメインに、日々の記録を積み重ねています。
見送り。
2014年06月12日 (木) | 編集 |
昼休み、突然全校放送が入った。
「先日お亡くなりになった○○先生が、告別式を終えて本校に最後の挨拶に来ます。生徒諸君、先生方、見送りをしたい方は中庭にお集まりください」
なんと! ウチの学校も、粋なことをやるじゃあないか。
どうやらご家族の方から、告別式の式場で校長と副校長がお願いされたらしい。
で、学校にいる中高教頭に連絡をとって、そういう運びになったらしいのだ。
校舎のあちこちから、ばらばらと生徒や教員が集まってくる。
中1の時○○先生に担任をしてもらっていた現高3はもちろん、○○先生を知らないはずの中学生まで。
ものすごい数の生徒と教員で、中庭は埋め尽くされた。
高校の教頭が先導して歩き、○○先生を乗せた長い黒い車が正門からゆっくり入ってきた。あとには、お坊様やご親族の方が乗っているらしい車が続く。
すると、それまでざわついていた中庭がしんと静まりかえって、無言のまま道を空け、車の通過に合わせてまるでウエーブのように頭を下げていく。車の窓に、ご家族の方々が涙ぐんで「ありがとう」と言っているのが見えた。
車は中庭を歩くようにゆっくりとぐるりと周り、最後に長いクラクションが鳴ると、全員自然と手を合わせて目を閉じた。
そのまま車は焼き場へと走って行き、生徒も教員もばらばらと自分の場所へ戻っていった。
…なんかね、ヘンな例えだけど映画のワンシーンのようだったよ。
ウチの生徒も、教員も、なかなかどうしてやるじゃない。
おーい、チカちゃん、見てたかい? うれしかった?

木曜日は空良くんバナー。お帰り前に2つともポチッとしていただけると嬉しいです♪
br_decobanner_20110611220432にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
関連記事


コメント
この記事へのコメント
読んでて涙が出てきました・・・きっと学校のこと生徒のこととを心にかけていらしゃったのでしょうねえ・・・・
こどもたちも 一瞬でも命に真摯に向かい合うことができたの思います。
立派な最期の授業となりましたね。
2014/06/12(木) 21:33:23 | URL | ソフィー #-[ 編集]
ソフィーさん
奥様の話では、最後まで復職を希望していたそうです。
だから、故人の意思を尊重して学校に立ち寄ることをお考えになったんでしょうね。
とても喜んでいらっしゃったようで、良かったと思いました。
最期の授業かぁー、切ないなぁ。
2014/06/13(金) 19:19:39 | URL | べにお #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する