FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
こんな本読んだ~。
2014年07月28日 (月) | 編集 |

あなたの中の異常心理 (幻冬舎新書)あなたの中の異常心理 (幻冬舎新書)
(2012/01/28)
岡田 尊司

商品詳細を見る

「自らのアイデンティティをもたない人形は、それ自身の主体性をもたない。主体性をもつのは、人形に今日の洋服を選び、アイデンティティを与える存在だ。人形と遊ぶように子どもを育てる関係において、主体性をもつのは母親で、子どもではない。ハンドラーは母親で、子どもは母親のドールになるのだ。
 しかし、子どもが成長し自立していくことは、すなわち自らのアイデンティティを獲得するということである。母親のドールとして育てられた子どもが、アイデンティティの獲得に躓き、そこで苦しみやすいのは理の必然である。
 自分の一部であって、同時に、外なる対象である存在を自己対象という。自己対象は、自分の思いのままにできる所有物のようなものであり、お気に入りの人形もまた自己対象である。ドールとなった子どもも、母親の自己対象だと言える。
 だが、本来、自己対象とは、幼い存在が対象との関係を育んでいく段階で、その成長のプロセスを支えてくれる過渡的な存在である。つまり、通常、自己対象とは、幼い子どもにとっての母親なのである。自己対象が、自分の求めることに応じてくれることによって、その子は心の安定を維持するとともに、次第に成長を遂げていくことができる。母親が、子どもの求めるままに欲求を叶え、呼びかければ愛情深い眼差しで応え、いつもそばに寄り添い、守ってくれるからこそ、子どもは安心して育っていくことができる。
 ところが、子どもの方が母親の人形になってしまっては、その関係が逆転してしまうのである。だが、現実には、こうした逆転が頻繁に起きるようになっている。子どもの方が親を支え、慰める役割を担っているということも珍しくない。」
はげしく共感。はげしく納得。
この本、タイトルにぎょっとするが、書かれているのは異常心理とすれすれの一般心理とも言える。


40代にしておきたい17のこと (だいわ文庫)40代にしておきたい17のこと (だいわ文庫)
(2011/04/09)
本田 健

商品詳細を見る

立ち読みして気になるフレーズがいくつかあったので、買って読んでみた。
うーーーーーーん、後半にいくにつれて「そうかなぁぁぁぁ?????」って気分になる記述が多いが、まあまあ面白かった、かな。


糖尿病で死ぬ人、生きる人 (文春新書)糖尿病で死ぬ人、生きる人 (文春新書)
(2014/06/20)
牧田 善二

商品詳細を見る

これも、前半は面白いんだけど、後半はなんか少々違和感あり。
まあ、一つの意見として受け止めましょう。

夏は本が読みたくなるね-。本屋にいくと、ついつい目に付いた本を買ってしまう。
まだまだ読みたい本がてんこもり。
見たい映画も、見たいドラマもてんこもり。
忙しや、忙しや…。
とか言いながら、今日は久々に自宅カラオケで3時間熱唱。バカだねぇ(笑)。

<今日のおまけ>
そらっちをワクチンに連れて行った。
激しく抵抗するわ、病院ではびびるわ、キャリーの中でぶんむくれるわ…。
そのくせ、帰宅したらこれ。
かぁちゃん、聞いてー!
P7281095.jpg
ボクね、ヒドイ目にあったの。
P7281096.jpg
でもかぁちゃんがいるから大丈夫
P7281101.jpg
かぁちゃぁぁぁぁぁ~~~~ん
P7281100.jpg
…そのヒドイ目に遭わせたのも、かぁちゃんなんだけどな(苦笑)。
やっぱ、あんぽんなのである。

月曜日は海大くんバナー。お手数ですが、二つともポチッとな、していただけると励みになります♪
br_decobanner_20110608205601[1]にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
関連記事


コメント
この記事へのコメント
うわ~可愛い!甘えん坊な空良君は本当にべにお先生をお母さんと思っているんでしょうね。綺麗な可愛い空坊やv-350よしよしって撫でてあげてるお姿が想像できます。いいな~v-283
2014/08/01(金) 18:54:31 | URL | passionpiano #-[ 編集]
passionpianoさん
この暑さにもかかわらず、デッカイ毛もこじゃらがベタベタひっついてくるんですよーーー! やーめーてー!
甘ったれのオトコです…猫だからいいけど、人間だったら相当ウザイです(笑)。
2014/08/03(日) 16:05:43 | URL | べにお #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する