不定期更新のつもりが毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居をメインに、日々の記録を積み重ねています。
みちのくドライブ二人旅。その4
2014年08月28日 (木) | 編集 |
<前回のあらすじ>
カーナビの指示を無視して、前沢牛を食べに向かった我ら。
それをきっかけに、なにやら不吉な雨が降る…。

<8/21~昼>
秀衡公の怒りをかって、ざんざん雨が降る中をドライブする。
が、寄り道をした前沢では土砂降りだったくせに、平泉が近づくにつれて雨は弱まり…中尊寺に到着した時にはなんと上がっていた! 空には晴れ間まで見えている。
たまさん:「そんなに自分のとこに来て欲しかったんだ…」
私:「…秀衡公、大人げないよ…」
IMG_0644_20140824210200ae2.jpg
日射しまで出てきた中、ほとんど山道のように急な参道を上っていく。雨上がりの湿度はハンパなく、ちょっと歩くだけで汗が噴き出る。
私:「ぜーはー、日光に続いて、こっちも、苦行だ…」
細かく休憩を入れながら上る。これではまるで、着物de登山。
IMG_0646.jpg
たまさん:「去年のKu-nyanさんごっこを思い出すねぇ」
私:「あれも着物de登山だったもんねぇ…」
何度目かの休憩を終えて、いい加減汗だくになった頃…ついに金色堂に到着。
IMG_0649_2014082420475927c.jpg
昔はなかったけど、今は隣りにコンクリートでできた立派な建物があり、そこで金色堂に関する展示を見てレクチャーを受けることができる。ほお、便利になったもんだ。
金色堂内部では、たまさんと『義経はここにいる』がらみの話に花を咲かせる。たまさんは知識が豊富で、「なるほど、そういうことか!」と気づかされることが多い。教養あるわね~(笑)。
金色堂の後は、旧覆堂を見る。
IMG_0651_20140824204655cc8.jpg
内部にこんな柱が立っていた。これも昔はなかったものだなー。
それにしても「覆堂」がことごとく「おおいどう」と紹介されていたことに驚いた。これ、昔は「覆堂」と書いて「さやどう」と読ませていたのだ。そして、「さやどう」と読まなければ『義経はここにいる』の解釈は成立しないのである。
むむむ…この数年でいったい何があったのだろう? 「おおいどう」と読む根拠が発見されたのだろうか???
私:「なんで『おおいどう』ばっかりなんでしょうねー?」
たまさん:「うーん、不思議だねぇ」
釈然としないが、これでこの旅の第一目的はクリアした。お昼の時間も過ぎていたし何より休憩がしたかったので、旧覆堂ちかくのレストランに入って昼食を摂る。はー冷房って素晴らしい!
トマトの冷製パスタを食べた。うまうま♡
IMG_0652.jpg
私:「あとは、高館(たかだち)と毛越寺(もうつうじ)と達谷窟(たっこくのいわや)かー」
たまさん:「そんなに回れるかなぁ? 今何時?」
私:「げげっ、午後2時!」
たまさん:「宿のチェックインは?」
私:「午後3時で予約してある…」
前沢牛のタイムロスは、こんなにも影響していたのだった。
血の気が引く我ら。
たまさん:「今日の宿は山形の蔵王だよね? ここから3時間はかかるよ」
私:「わかった、とにかく宿に連絡してチェックインを午後6時にしてもらう」
たまさん:「高館は…いっかぁー」
私:「毛越寺だけで…いっかぁー」
かくして、ゆるゆるな私たちは中尊寺の山を下りて毛越寺に向かうことにした。
ゆるゆるにも関わらずここを外さなかったのは、『義経はここにいる』において重要な場所だからである。
(気になる方は小説を読んでみてね~♪)

義経はここにいる (徳間文庫)義経はここにいる (徳間文庫)
(2005/04)
井沢 元彦

商品詳細を見る


<8/21~夕方>
中尊寺から車で10分程度で、毛越寺に到着。
IMG_0655_20140824205333583.jpg
お参りをしたらすぐ、風通しのよい庭園前のベンチに座って休憩をとる。
なんか…もう…着物de登山にくたびれて…ヘロヘロだったのさ。
私:「見て見て~。梵字の書かれた指輪、買っちゃった♡」
IMG_0653_20140824205306108.jpg
たまさん:「どの指にはまる?」
私:「うーん、薬指がジャストサイズなんだけど…左じゃ毛越寺と結婚しちゃうよねぇ」
たまさん:「それはいかん(笑)。右にしなさい」
IMG_0654_20140824205323a6d.jpg
薬師如来がご本尊で、健康になるらしい♪ 
そういや、めっきり「恋愛成就」だの「良縁」だのよりも、「健康」を願うようになってしまったわ(笑)。
その後宝物館を見学し(ビバ冷房!)、早々に駐車場に戻る。だって…くたびれ果てていたんだもん。
私:「もうダメだー! かき氷食べるーっ!」
IMG_0656.jpg
ミルク味のかき氷にマンゴーソースをトッピングしたものを食す。あああ…生き返る…。
私:「よし、あとはとにかく宿へ向かうぞ!」
たまさん:「Here we go!」
私:「つかまってろぉーっ!」
この頃には、またポツポツと雨が降ってきた。まるで秀衡公が「平泉のお参りが済んだなら、もういいだろ」とでも言うように。
たまさん:「これだけ秀衡公にロックオンされてたってのが可笑しいよ(笑)」
<その5へつづく>

木曜日は空良くんバナー。お帰り前に2つともポチッとしていただけると嬉しいです♪
br_decobanner_20110611220432にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
関連記事


コメント
この記事へのコメント
秀衡公
の、怨念?もとい。大歓迎?を受けたんですね~。
計画通りに行かないのが旅の醍醐味。
寄り道したり予定を吸った場したりするのもいいじゃありませんか。
さて、蔵王には何時に到着したのでしょう…。
2014/08/29(金) 07:05:44 | URL | ほあかばりきるま。 #-[ 編集]
私も昨年40年ぶりに中尊寺に行ってまいりました。時間がなくて毛越寺に行けなかったのが心残りです。
寄り道が旅の楽しさですよね!

「食うこと一関〜」はそんな奥が深いものではなく、
しなければいけない事を後回しにして(前沢は一関より北=後にあるから?)
つまみ食いをしたりして、がっついてる状態の時によく言われたような。

2014/08/29(金) 09:03:17 | URL | ももまも #-[ 編集]
ほあかばりきるま。さん
秀衡公は大人げないオトコでした…我々の中では(笑)。
大人げないけど、単純でお人好し、みたいに勝手にキャラを作って遊んでおりましたわ。なんだかねー。
んん? 「予定を吸った場したり」とはなんぞや?
スッタバ…妙に乗りのいいスタバ?
キュウッタジョウ…? 余計わけがわからん。
あー、「すっとばしたり」か!!!
ほ~さま。今回もナイスです(爆)。
2014/08/29(金) 20:39:48 | URL | べにお #-[ 編集]
ももまもさん
私は10年ぶりの平泉でしたが、なんとここに40年ぶりの方がいらっしゃった!
年月を経て同じ場所を訪問するってのも、楽しいですよね-。
そして、そうです、寄り道がまたいいのです♪

「食うこと一関~」の解説ありがとうございました。へー、面白いなぁ…。
たしかにあの時はがっついていたので、どんぴしゃなワードですね(笑)。
2014/08/29(金) 20:42:29 | URL | べにお #-[ 編集]
只今、たまさまとべにおせんせぇ~の旅行記をさかのぼって楽しませていただいておりますぅ~。って今頃べにおせんせぇ~は必死のパッチでお仕事中かしら?(➡悪魔のささやき。けけけっ)たまさまのところでべにおせんせぇ~が指輪を買われたって書いてあったのでどんなんかな?ってちょいと興味を持っておりましたの。私、梵字のフォルムがとっても好きなんですのよ。一時期はまって本も持ってますの。旅先で何か自分へのご褒美っていいですよねぇ~。健康第一♪ほんまにつくづくそう思います。
2014/08/31(日) 12:55:16 | URL | かっぱ #-[ 編集]
かっぱさん
ああ…悪魔のささやきが胸に突き刺さるわぁー。もうね、今日はあきらめましたわよ。夏休み最後の日だもの、のんびりしないと!(人はコレを自己正当化と言う/笑)
梵字、カッコイイですよね~。だから私、御朱印を集めているのかも…。筆でシャシャッと書かれた梵字って、超魅力的♡ あわわ、不謹慎ですね。
梵字指輪は、右手薬指にしっかりはまってますわよ~。これを見る度「やべ、健康祈願してたんだった」とハッとするので、もしかしたらそういう意味で効能があるのかもしれません(笑)。
2014/08/31(日) 20:06:34 | URL | べにお #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する