FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
みちのくドライブ二人旅。その7
2014年08月31日 (日) | 編集 |
<前回のあらすじ>
宿の「オーナー」に翻弄され、就寝時間も遅くなってしまった我ら。
しかし、彼は本当のオーナーではなかったようだ…。
朝食を食べ、「お釜湖」を目指して出発した。

<8/22~午前>
宿からぐねんぐねんと山道を登り、「お釜ゆきのりば」に到着。ここで車を降りる。
IMG_0663_201408250701441cd.jpg
ほえーーーっ、空気が気持ちいい! 湿度が低い! 気温も低い!
私:「気持ちいいーっ! 眺めもサイコー! ずっとここにいたーい!」
IMG_0664.jpg
たまさん:「いやいや、ここからリフトでお釜まで行くから」
リフトとなっ?!超久しぶり。わーい、楽しいっ 乗り物ってテンション上がるわぁ~。
というわけで、着物deリフトのたまさん。
IMG_0665_201408250701442cd.jpg
かなり面白い光景だよなぁー(笑)。
ちなみに、私の足下を見るとこんな感じ。
IMG_0669.jpg
それにしても天気が良い。すっかり青空が見えて、日差しが肌に突き刺さるくらい。
たまさん:「しまったー、日傘持ってくれば良かった-」
私:「私も。襟足が灼けていくのが分かる…」
そうこうしているうちに終着駅に到着。
ここからは、ゴツゴツした岩がたくさんある斜面を歩いて行く。見よ、この荒涼たる風景を!
IMG_0670.jpg
写真を撮るたまさんをパチリ。うーん、見慣れたせいか違和感がなくなってきた…。
IMG_0671.jpg
さて「お釜」とは愛称で、本当は「蔵王刈田岳・熊野岳・五色岳の3峰に抱かれた円型の火口湖。釜状なので『御釜』という名前がつきました。湖面はエメラルドグリーンの水をたたえ、荒々しい火口壁と対比して神秘的な雰囲気。」(蔵王町観光協会HPより引用)ということ。
到着。なんじゃ、この色はっ!
IMG_0673.jpg
ものすげーキレイ
IMG_0672.jpg
あまりに美しいので、写真を撮りまくる。これはiPhoneで撮ったもの。デジカメとは雰囲気が変わるね~。
IMG_3089.jpg
たまさん:「こんなに天気が良くてキレイに見えるのは珍しいんだよー」
IMG_3087.jpg
ラッキー☆ 秀衡公が去った後には、こんな幸運が待っていたのだにゃー♪
さんざん写真を撮って振り向くと、このような光景が広がっていた。これもまた、ワイルドな美しさ
IMG_0678.jpg
はぁぁぁ~いいもん見させてもろたー
帰りは下りのリフトに乗り…
IMG_0679.jpg
爽やかな空気とさよならしたら、さあ後は帰るだけっ!
<その8へつづく。次回、完結!>

日曜日はえんちゃんバナー。いつもありがとうございます。2つともポチッとしていただけると、励みになります♪
banneren.gifにほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
関連記事


コメント
この記事へのコメント
お釜
りゃー。
この世のモノとは思えない色彩ですね。
すごくきれい。
晴れているから輝いてるんでしょうね。
こんな景色見てみたいです。
着物でリフト姿もレアですな。
こちらの風景も拝見したいです(^w^)
2014/09/01(月) 19:49:50 | URL | ほあかばりきるま。 #-[ 編集]
ほあかばりきるま。さん
ここはまさに絶景でした! きれいかったー♡ 果てしなく写真を撮りたくなったもんです。
このエメラルドグリーンの水の上を雲の影が流れていくんですよ~! しばらくみとれてしまいました。
清涼な空気も、たまらなく良かったです。
ほ~さまも、いつかぜひ♪ 着物deリフトも、いつかぜひ(笑)。
2014/09/01(月) 22:01:52 | URL | べにお #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する