不定期更新のつもりが毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居をメインに、日々の記録を積み重ねています。
帯枕受け実験?
2014年09月01日 (月) | 編集 |
さぁ仕事がはじまったので通常モード記事ですよぉ。
今日のコーデ。最高気温:23.2度(湿度:81%)、天気:雨ー。
モノトーン市松秋草柄セオα、ピンクのひなたぼっこ猫麻帯、薄紫の帯揚げ、濃紫と灰色の帯締め、トンボ柄の手ぬぐい半衿、灰色の足袋っくす。
P8311265.jpg
IMG_3106.jpgIMG_3107.jpg
P8311267.jpg
下は麻の半襦袢、エアリズムTシャツ、エアリズムステテコ。
気温は低かったんだけどねぇ…いかんせん湿度が高すぎ!
結局、体感気温は高くて汗だくになったさー。
うーん、この気温でも湿度が高いと「麻+セオα」でも快適とは言えないのだな。
ひと月着物を着ないでいると、この体感快適さと組み合わせの感覚がにぶるね~。

さて、久しぶりにお太鼓をしょったら、帯枕が下がってきちゃってね。気になったので、帯枕受けを替えて締め直した。
これが付け帯の友「帯枕受け」。
※追記:正式名称は「帯揚げ止め」と言うのだそうです。とんぼさん、ご指摘有り難うございます!
P90112701.jpgP90112711.jpg
普段はAの、バインダークリップみたいので帯にひっかけるタイプを愛用。Bはくちばしみたいな部分で帯をはさむタイプで、滅多に使わない。
使い方は、下図のとおり。固い帯なら、Aタイプで充分帯枕が固定できる。
kihon.jpg
が、今日の帯は柔らかくてこんなことに…。で、帯枕が下がっちゃったのだ。
zurioti.jpg
そこで急遽Bタイプに変えたら、なんとか帯枕を固定できたというわけ。
fit.jpg
「じゃあ普段からBを使えば?」とお思いでしょう。ところがね…
Bは下の金具がちょうどお尻にあたるのですよ。
P90112721.jpg
なので、低めに帯をしめる私にしてみると、常にお尻をツンツンされている状態になるのだ。これは不快。
ま、これで「固い帯はA、柔らかい帯はB」と使い分ければいいということが分かったよ。以上、実験(?)終了。

<今日のワンプレート>
朝。鶏レバの煮付け、たらこの煮付け、冷や奴、和風ハンバーグ、ツルムラサキとオクラのごま和え。
P9011268.jpg
夜。たらこの煮付け、我が家の白和え、サルサソースのハンバーグ、鶏レバの煮付け、プチトマト、ツルムラサキとオクラのごま和え。
P9011269.jpg
◆白和えの中身は、大根・人参・コンニャク・キクラゲをダシで煮たものと塩もみキュウリ。あえごろもは木綿豆腐とすりごま。
◆サルサソースは、玉葱&ピーマンのみじん切り・トマトのざく切りを混ぜて、ケチャップ・レモン汁・塩こしょう・タバスコ・オリーブオイルで調味したもの。甘酸っぱくてサッパリしたソースになる。
また仕事から逃避して、凝った料理を作ってしまった…。
それでも、少しずつエンジンがかかりつつあるよ。脳みそが仕事モードになってきた♪

月曜日は海大くんバナー。お手数ですが、二つともポチッとな、していただけると励みになります♪
br_decobanner_20110608205601[1]にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
関連記事


コメント
この記事へのコメント
私は柔らかい帯の時は帯板がコルセットみたいに胴をすべてくるっと包む形のものを使っています。
そうするとどんなにやわらかい帯でもまっつぐになるので。
でも一日中つけることを考えたらそれも窮屈ですかねえ?
Bの金具のタイプも時々使いますが皆さんあれはお尻にあたるのが難だと仰いますねえ。
私は尻の肉が厚いからかそれとも鈍感なのか平気なんですよね。
2014/09/01(月) 23:01:16 | URL | ほあかばりきるま。 #-[ 編集]
これ正式名は「帯揚げ止め」といいます。
なんかへんですよね。
今じゃ呉服屋さんでも通じない…。
帯止め金具、で検索すると、下が金具ではなく、
ただのあの白いベルトとホックだけ、というのも
ありますよ。

私はこれではじめたばっかりに、手結びがヘタです。
この金具が当たるのは「反り腰」の人が多いようです。
この前、着付けを教えてた方がそうでしたが、
別にわざとお尻を出っ張らせているわけではないのに、
お尻の上が、カーブしてる…つまりお尻の上が、
へこんでる感じです。

ツンツクツンを防止するには、帯締めたあと、
お尻のところにガーゼのハンカチなどたたんで入れる。
もうひとつは「後ろ帯板」というのもあります。
前板よりかなり短いもの。
帯の真ん中がクシャらなければいいのですから、
市販のものよりもっと小さくても
いいんじゃないかと思っています。
べにお様なら、硬い厚手の下敷きかなんかで、
ささっと手作りできるとおもいますよ。
2014/09/01(月) 23:19:26 | URL | とんぼ #-[ 編集]
ほあかばりきるま。さん
ほうほう、胴を一周する帯板ということですね。へ~、そんなものが存在するのか! 着付け小物って、奥が深いっす。
私はとにかく柔らかい帯が苦手なので、その方法は有効かもしれませんね~。柔らかめのメッシュ帯板とかだといいかも~♪
情報有り難うございましたっ!
2014/09/02(火) 21:09:10 | URL | べにお #-[ 編集]
とんぼさん
正式名称は、帯揚げ止めなんですか! 
さっそく、記事に追記させていただきました。いつもどうも有り難うございます♪
でも、なんかピンとこないネーミングですねぇ。目的は帯揚げを止めること??? 帯枕受けの方が、よっぽど実態にあっている気がしますが…。
そして、後ろ帯板となっ! 世の中にはいろんな小物がありますねぇ! やっぱり奥が深いですわ…(笑)。
いやいや、びっくりです。
2014/09/02(火) 21:16:29 | URL | べにお #-[ 編集]
ついでに「通称」ですが「ひこうき」と呼ばれてます。
こっちの方が「らしい」ですよね。
そして着物に慣れた方にはこちっの方がよく通じます。
2014/09/02(火) 21:28:38 | URL | とんぼ #-[ 編集]
とんぼさん
あ、確かに「ひこうき」の方がそれっぽい感じがします(笑)。
面白いですね、ネーミングって。
そういえば、お茶の先生も「ひこうき」っておっしゃっていました。今、思い出しました~。
2014/09/03(水) 21:24:20 | URL | べにお #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する