FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
カウンセリング19
2007年06月01日 (金) | 編集 |
88eb8ab7.JPG3週間ぶりのカウンセリング。
今回はカウンセラーの先生に、母宛に書いた手紙と母からの手紙を読んでもらった。そして、母からの手紙の真意が分からないで混沌としている旨を伝えると、先生はこう言った。
「たぶんこれがお母さんの正直な気持ちなんだと思いますよ。自分が良いと思ってやっていたことが、あなたにとってはトラウマになってしまった。それに対して弁解や言い訳はしないで、受け止めるってことでしょう。あなたの気持ちはちゃんと伝わっていますよ。そして受け止めるだけの容量が、お母さんには年齢的にも体力的にもあったってことです」
あー…、そうなのか。母さんは受け止めてくれたのか。
それが分かっただけで、今回のカウンセリングの目的の大半は果たしたようなもの。
あとは、この手紙を受け取った時のパニックした状態の話とか、恋愛の話とか、「そのまんま」感の話とか、薬の話とか、つれづれにおしゃべりをした。
「ずっと心の奥にワインのオリみたいに溜まっていたもの(=家族のこと)があって、それが撹拌されて表面に出てきて、今はそのオリをすくい取りつつある感じです」と先生に言うと、「なるほど。それはいい表現ですね」と言われた。
「急がないで良いんですよ。そうやって気づきを増やしていって、少しずつ自分を楽にしてあげれば」と言われ、先月を振り返った。5月は家族に関する本をむさぼるように読んで、その度に自己分析をして、痛い思いをして、理屈をこねて。我ながら生き急いでいたと思う。
やっと自分を解放してあげられそうな感覚を得ることができたのだから、この「そのまんま」感を大切にしていこうと思った。
今回も時間を延長しておしゃべりをした。とてもすっきりした。

画像は、帰り道にペットショップで購入した猫首輪。唐草模様の紺(海大用)・緑(風花用)・赤(咲夜用)。か・可愛すぎる!
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック