FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
厳寒期の下ごしらえ。
2015年02月08日 (日) | 編集 |
毎日着物生活を始めて早4年。
試行錯誤を繰り返し、ようやく落ち着いた「my下ごしらえ」を冷静に鏡で見てみたらかなりヘンだった(笑)。
そんなわけで、以下にご紹介してみようと思う。

①パンツ一丁でスタート。
00.jpg
②素肌にヒートテック5分袖Tシャツを着る。背中側を引っ張って衣紋を抜いても見えないようにする。
01.jpg
③Tシャツの上から和装ブラを着用。
02.jpg
胸の谷間には、汗取り用のタオルを差し込む。ハンカチサイズのタオルの1/3を折ってクルクル巻いたもの。
P2082090.jpgP2082091.jpgP2082092.jpg
分厚い方を上にして、薄い方をブラに挟んで固定。
④足袋っくすを履く。
03.jpg
⑤ヒートテックレギンスを履く。
04.jpg
⑥レッグウォーマーを履く。踵をくるむように履くのがポイント。これでかな~り暖かくなる♪
05.jpg
(ここまでやったら、上から半纏を着て化粧をしに洗面所へ行く)
⑦腰の補整に、タオルを折りたたんで使う。②でグイーンと伸ばした背中側のTシャツで、タオルをくるむようにする。
06.jpg
タオルは普通サイズのを二つ折りにしてから三つ折り。
P2082094.jpgP2082095.jpgP2082096.jpg
⑧二部式襦袢の裾よけをつける。裾よけの紐で補整タオルをおさえる。
07.jpg
⑨二部式襦袢の半襦袢を着用。これにて下ごしらえ完了。
08.jpg
…⑥の時点で鏡を見ると「エアロビクスダンサー?」って感じでヘン(笑)。
こんな格好で、上から着物着て仕事してますー。
肌襦袢とか長襦袢とか、めっきり着なくなったなぁ。みなさんは肌襦袢を着てるんですかねぇ?
ちなみに、夏場の下ごしらえはコチラ

うがー、ルンバくんの掃除が雑になったと思ったら、吸い込みができなくなっていた。分解して中を清掃したけど、回復せず。
さらに、アイロンが電源入れてランプがついてもずーっと冷たいまま…。
なぜいきなり家電2つも壊れる?! ぐぐぐ…修理に出さねば…!
そんでもって、昨晩奥歯の金属がとれてしまった。ぐぐぐ…自分自身も修理に行かねば…!!

日曜日はえんちゃんバナー。いつもありがとうございます。2つともポチッとしていただけると、励みになります♪
banneren.gifにほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
関連記事

コメント
この記事へのコメント
だんさー
絵を見ていてエクササイズでもはじめそうな格好だなあと思っていたらべにおさん自身がそう書かれていた…。
ちなみに私も似たような感じです。半袖じゃなくてタンクトップでレッグウォーマー徒歩性を無しにしたらほぼ一緒ですね。
長襦袢はたまに着ますが。
腰の補正はやっぱり入れた方が断然きれいに仕上がると知りつもつい面倒で…。
おかげでたれにいつも変な皺ができちゃって。
料理も身だしなみもひと手間を惜しむと台無しなんですかねえ。ふー。
2015/02/08(日) 22:36:51 | URL | ほあかばりきるま。 #-[ 編集]
なるほどです!Tシャツの上にぶらですか・・・・汗確かにすってくれますね!谷間に ミニタオルというのも すっきりするかも!さらに私の場合 乳が漫画に出てくるおばあさんのように のしいかに梅干状態に近くなっているので 乳のうらというのが存在するのですよ・・・・あ・・・・笑いましたね・・・
なのでうらにガーゼなんかはさんでみようかなと思いました

若いころからいやでした いわゆる豊満な胸といいますか・・・始末にこまる

腰のタオルをシャツにくるむというのも妙案ですね  安定がいいのではないでしょうか・・・
補正は個人個人で差があるものですから 自分でどうするか研究しなくてはいけませんね

私はワンピース式の肌襦袢きてます
楽ですが 補正がしにくいです


三つ葉にわさび・・・新鮮な鶏のささみ さがして作ります!!
2015/02/08(日) 22:43:48 | URL | ソフィー #-[ 編集]
ウケるーーー
この姿の現物を何度も見ているはずなのに、こうしてイラストで冷静に解説されると笑うーーー(爆
絵の丁寧っぷりも笑うーーー(爆
赤裸々な姿ですよね〜( ̄▽ ̄)
私も肌襦袢着ませんわー。緋牡丹お竜の、ツボ振り姿ですわー。
2015/02/08(日) 22:51:06 | URL | たま #-[ 編集]
おぉ~解りやす~~ぃ!
べにおさん、こんにちは。
わぁ、参考になりますー(^^)。私も下着の上に和装ブラやってま~す!肌触りが良くなくて思いついたんやけど、毎回洗濯しなくていいし便利です。私は最後に半襦袢を着ると、着物を着た時(腰ひもをする時)たくし上がってしまって何度もやり直し(解っていても)なるんで、二部式を着る時は裾除けを最後にします。そうなると、衿を調整するのに不便で(衿の裾を引っ張れないので)どうしたものかと思っておりますです。あと、肌襦袢は重ね着の一つとしてエアリズム(冬でも活躍)の上に着てますよ~。
2015/02/09(月) 09:45:42 | URL | ふでぺん #iWX6Rsqc[ 編集]
ほあかばりきるま。さん
「レッグウォーマー徒歩性を無しにしたら…」なるほど、スポーツウーマンのほ~さまは、徒歩をすること前提でレッグウォーマーを履くのだな…ふむふむ。
って、違ーーーう! 「レッグウォーマーと補整」ですね?
毎度ありがとうございまーすっ♪(笑)

腰の補整を入れないと、私、帯がしわだらけになるんですー。かといって、市販の補整具は使いたくなくて…。
で、あみだしたのがこの「タオル補整」です。簡単だし、洗えるし、お金もかからない(笑)。汗取りにもなる優れものですぜ、奥さん。
ダマされたと思って一度やってみません? 私は帯のしわが激減しましたよ~。
2015/02/11(水) 00:54:51 | URL | べにお #-[ 編集]
ソフィーさん
ワンピース式の肌襦袢? ほほぅ、そういうものもあるのですね。
着物関係は、いろんなものが存在しますにゃー。それだけ、何をどう着付けたら満足いく着姿になるのか、みなさん試行錯誤しているんでしょうね。
Tシャツの上からブラというのは、以前ブログをやってらしたKu-nyanさんから教えて頂きました。汗かきの私には、これが快適です♪
たまさんがいつもおっしゃるのですが、補整はホントに人それぞれ。体型や腰骨の位置など関係するようです。
自分にとってベストな着方というのを探していくのも、一つの楽しみですね~。
2015/02/11(水) 00:59:56 | URL | べにお #-[ 編集]
たまさん
そうか、現物を見ているたまさんでもウケるか(笑)。
毎日のことだから無意識のうちにやってるけど、冷静に見るとやっぱヘンよねぇぇぇ。ウケていだだけて本望ですわ♪
そうなの、たまさんは緋牡丹お竜なの。ずるい、カッコイイわ。
私はエアロビダンサーだっつーのに…。
2015/02/11(水) 01:07:00 | URL | べにお #-[ 編集]
ふでぺんさん
わははー、赤裸々大告白でしたが、ご参考になったでしょうか?(笑)
ふーむ、半襦袢…なんでたくしあがっちゃうんだろう…?
着物を羽織る時にまくれて上がってしまうのかしら? 裾線を決めるときかな…? うーん、気になる~。
着物を着て一日過ごしているとどうしても衣紋がつまってくるので、私はトイレに行った時とかに半襦袢を引いて衣紋を整えるんですよね。だから、それができないというのは、快適じゃなさそうで…。
なんか、半襦袢がたくし上がる原因が分かるといいですね。
2015/02/11(水) 01:17:05 | URL | べにお #-[ 編集]
綿だからですかね
べにおさん、こんにちは。
たくし上がる原因。気になりますよね(^^;。私が思うに、半襦袢が綿素材だからかな。滑りが悪いってか。着物を羽織って丈を決める時に上がるんです、多分。解ってるんで上がらないようにやってるんやけど、腰ひもを締めて確認すると上がってるんです。もぉ涙です。なので、裾除けを最後にすると解消されるんですけど、後々直したいときに引っ張れない(出来ないことはないけど)のはNGですよね。困ったもんです。まだまだ修行です。
2015/02/11(水) 11:23:03 | URL | ふでぺん #iWX6Rsqc[ 編集]
ふでぺんさん
うーん、半襦袢の身頃が綿素材というのは、よくあると思います(私の手持ちもみんな綿素材)。だから、それが原因ではないと思うのですけど。
あ、丈を決める時に上がるのなら、着物の裾を上げる時に一緒に半襦袢の裾を上げちゃうのでは? つまり、お端折りの中に半襦袢の裾を入れてしまうような形なのでは?
だとしたら、対策として着物の裾を上げる前に一旦着物をふわっと体から離して(半襦袢が下りるのを確認して)から裾を上げてみてはいかがでしょうか?
…あー、文字だけで説明するのは難しいなぁ。この説明じゃ、上手いこと伝わらないような気がしますが…。
2015/02/11(水) 15:02:20 | URL | べにお #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する