不定期更新のつもりが毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居をメインに、日々の記録を積み重ねています。
染芸展に行ってきた~。その1
2015年03月09日 (月) | 編集 |
先週の金曜日、たまさんと一緒に毎年恒例の「染芸展」に行ってきた。
P3082235.jpg
これ、東京友禅の展示会なのだけど、たまさんのお知り合いの友禅作家さんが出品されるし、毎年おもしろいモノがタダで(ここ重要!)、しかもなんの勧誘もされずに(ここ更に重要!)じっくり見ることができるので、非常に楽しいイベントなのである。
今年で3回目の訪問である。待ち合わせ場所も、浜松町駅から徒歩数分の○○カフェと決まっている。
私は半ドン仕事を終えて、着物をちゃっちゃと脱いでてきとーな万能服(Gパンとデニムのチュニック)に着替えての参加。
たまさんは(全ての袷に袖を通そうキャンペーン期間につき)滅多に見ない招き猫の大島紬と、初めて見る花織の帯、初おろしの単衣の長羽織(コチラ参照)での参加。あら~おされだわ
地下にあるカフェから地上に上がると、「じゃあ行こうか」とたまさんは左へ向かって歩き始めた。あれ?
私:「ちょ、ちょっとたまさん、会場は右でしょ?」
たまさん:「え? こっちよ」
私:「いやいや、いくら方向音痴の私でも3回目だから分かるよ。右だって」
たまさん:「ええーっ? だって、ほら…(と地図を取り出して確認する)…右だね
私:「でしょでしょっ!?」
たまさん:「うわーーーーっ、ショック! 私がべにおさんに道を教えられるなんてっ!
私:「なんじゃ、その失礼な物言いは(笑)」
たまさん:「私、浜松町は鬼門なのよ…なぜかここにくると、出口を毎回間違えて大回りしちゃう」
私:「わかった、浜松町ならまかせろっ!」
かくして、意気揚々と会場につき、展示を拝見した。

いやー、今年もオモシロかったっっす♪(会場では写真撮影不可なので、画像無し。想像でお楽しみください)
私:「これは着ないなー」
たまさん:「私、これ好きー♡」
などと、好き勝手なことを言いながら作品を鑑賞する。
基本的にリアルな花柄とかになると「うげー、お上品爆弾!」と警戒する我ら。デザイン化された花柄なら大丈夫なんだけどなぁ。
で、で、で、今回私たちのハートを鷲づかみにしたのが、百鬼夜行柄の訪問着!
コバルトブルーの濃淡で染められた地に、都会の町並みが染められていて、そこに白ギツネたちが先導するあやかし達…。いや、これが面白いったら、可愛いったら!
私:「これいいねー!」
たまさん:「私も好き! この、禍々しい感じがたまらん♡」
私:「いい表情してるなぁ、コイツら…」
たまさん:「訪問着は着る機会がないから、これ、帯だったらいいのに…」
すると、のちほどこの柄の半幅帯をしめているご婦人を発見。もしや作家さん?
oono1.jpg
(↑画像検索したら見付けた。たぶん、この帯)
私が「たまさん、百鬼夜行の帯!」と指さすと、たまさんはまさしく「猫まっしぐら」に駆けだして(笑)、ご婦人に話しかけたのだった。
こちらの作家さん、百鬼夜行シリーズをお描きになっているらしい。
ホームページをお持ちです。コチラ「染工房雪夜」
いやー、面白い作品を作っているなぁ! こういう風に、作家さんと直で話せるって楽しい。
もちろん、たまさんのお知り合いの作家さんにもご挨拶して、しばし歓談。こちらの作家さんについては、きっとたまさんが詳しく書くだろう(いつもの丸投げ/笑)。素敵な作品とも出会ったのだよ…ぐっふっふ。
さて、こちらの展示会、例年はお抹茶と和菓子を楽しむスペースもあるのに、今年は会場が狭くお茶のコーナーもない。ありー?
作家さんに訊いてみたら、今年は助成金がおりなかったのだそうで…あらー、大変だにゃー。
さらに、この建物がなくなるらしく、来年は浅草で開催するとのこと。
私:「せっかく浜松町はまかせろ、という域に達することができたのに…」
たまさん:「まぁ、そのピンポイントな能力は、結局無駄だわね…」
<予想外に記事が長くなっちまったので、連載。その2へつづく>

たまさんったら、ちゃっちゃと記事をあげてらっさる。はやいわ~。
当日のたまさんコーデはコチラ
この記事に対応するたまさんの記事はコチラ

月曜日は海大くんバナー。お手数ですが、二つともポチッとな、していただけると励みになります♪
br_decobanner_20110608205601[1]にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
関連記事

コメント
この記事へのコメント
この作家さんのサイト見ましたよ~。
もう涎モノですね。
私もこんなのめちゃめちゃ大好きです。
訪問着は着ることもないけど帯なら。帯なら~~~。
って思っちゃいますね。
実物を目にしたら清水の舞台からダイビングしちゃいそうです。
せっかく方向音痴の汚名返上かと思いきや一度限りとは切ないですなあ。
とても他人事とは思えません…
2015/03/11(水) 05:57:52 | URL | ほあかばりきるま。 #-[ 編集]
ほあかばりきるま。さん
でしょでしょ? いいですよね~。
この作家さんの色使いもすごく好きです♡
たまさんが大胆にも半幅帯の値段を訊いてましたが、15万だそうです。…ぐぐぐっ、あれだけ描き込まれたら、さもありなん。でも手が出ない…!
ほ~さまにも生で見ていただきたいにゃー。ホントに素敵なんですよー。

そして、誰もつっこんでくれない「浜松町ならまかせろ!」につっこんでくれて有り難う。我が心の友よ!(←ジャイアン風に/笑)
私がたまさんに道を教えることなんて滅茶苦茶レアなケースだというに…もう浜松町にはいかないだろうなぁ。しくしく。
2015/03/11(水) 20:48:01 | URL | べにお #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する