FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
無声授業
2007年06月19日 (火) | 編集 |
なんとか声がでそうだったので出勤したものの、頑張っても「ささやき」程度しか声が出ない。
どうする、授業。今日は3コマもある。
…出勤したからには、やるっきゃない。
というわけで、黒板に全て書きまくり、筆談状態で授業をやった。あとは身振り・手振りのみ。一言もしゃべらずに、授業3コマやりきったぞ。…なんとかなるもんだ。生徒たちよ、ご協力に感謝する。
放課後には、咳は出るものの、通常レベルの声がでるようになったので、明日は普通に授業ができると思う。

薬の力は偉大である。しかし逆に、これだけ即効性のある薬というものはコワイ気もする。
そうでなくても、抗うつ剤に眠剤=計7種類を日常的に飲んでいるのだ。今回で更に2種類増えて、合計9種類。もうこうなると、食後の薬を飲むために食事をしている気分になってくる。
友人に「薬が増えるのは頑張っていることへの勲章じゃないよ」と言われ、至極納得。最近薬は増えるいっぽうだ。

先週1週間を振り返ってみると、やはりウツだったのだと思う。以前のように突発的に激ウツが来ることはないが、緩慢としたウツがダラダラと続く感じか。今日もイマイチ気分が落ちているし。

精神がやられると、感情が暴走して、心がそれに振り回される。
パニック状態に陥って、頭の中が「淋しい」でいっぱいになって、誰かに助けて欲しくてたまらなくなる。
それで酒を飲みまくり、電話をかけまくる。そんな迷惑なヤツ、私。
暴走する感情をコントロールする術か、心が振り回されないようにする術を身につけなければいけない。でも、どうやって…?
心が不安定な時の過食のように、今の私にとって仲間に甘えるのは必要悪のようなもの。だけど、それは健全ではない。
薬でもどうにもならないもの? カウンセリング?
分からない。私は、どうすればいいのか。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック