不定期更新のつもりが毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居をメインに、日々の記録を積み重ねています。
なんとなく端午の節句な宴。その1
2015年05月06日 (水) | 編集 |
5月5日。
たま家が夕食を食べに来訪する、ということで、前日から料理の仕込みに入る。
なにを作ろうかな~とスーパーを歩いていたら、「ちまき」とのキーワードが耳に入った。
そうか、5月5日だもんな、端午の節句だもんな。
かくして、なんとなく端午の節句を意識したメニュー構成となった。
※以下、いつものように写真は全てたまさん撮影。

●もやしときゅうりと椎茸の和え物。
IMG_0953.jpg
①椎茸は軸をとって薄切りにし、もやしとともにレンジでチン。
②きゅうりは千切りにしてから塩もみし、水で塩気を洗い流してから水気をよーっく絞る。
③ボウルに①②と瓶詰めメンマを入れて和える。味が足りなかったら、塩こしょうとごま油を加える。いりゴマを加えて、完成。
…夏場に美味しい中華風の和え物。私は「味付きメンマやわらぎ」をつかっている。簡単で美味しい。
●カリカリじゃこの冷や奴。
IMG_0952.jpg
①じゃこ(しらす干しでも)をフライパンに入れ、ひたるくらいのごま油を注いで火にかける。じゃこがはねるので、火加減を調節してじっくり火を通して、じゃこをカリカリに炒め揚げする。
②皿に豆腐をのせ、①をザザッとかけ、小ネギの小口切りを散らして、上から醤油をジャッとかける。完成。
…昔行った居酒屋さんのメニュー。じゃこのカリカリが美味しい♪
●冷やしトマト。
IMG_0954.jpg
①よく冷やしたトマトをスライスし皿に盛って、上から塩をパラパラかける。完成。
●鯛のかぶと煮。…ええ、ここが端午の節句風味ですのよ。煮崩れてかぶとだかなんだか分からなくなってるが(笑)。
IMG_0955_20150506150151b84.jpg
①鍋に湯を沸かし、鯛のあらを10秒ほど茹で、冷水にとる。流水で血や鱗を指でこそげ取る。
②圧力鍋に①と生姜の薄切り・水・酒・砂糖・醤油を入れ、20分ほど煮る。骨が柔らかくなるまで。
③蓋の蒸気おもりが下がったら、蓋をとって汁気がなくなるくらいまで煮詰める。完成。
…鯛のあらを1パック198円で入手したため作製。生姜たっぷりで、味付けは濃いめが美味しい。
●がんもどきとコンニャクの煮物。
IMG_0956_20150506150153332.jpg
①頭と腹をとった煮干しと、だし昆布を鍋にいれて水を注ぎ、1時間くらい経ったら火にかける。沸騰直前に昆布を取り出し、煮干しはしばらく沸かしてから取り出す。合わせダシの完成。
②①の鍋にがんもどき、下ゆでしてあく抜きした手綱コンニャク、だし昆布を細切りにして結んだものを入れて、中火でさっと煮る。塩、酒、醤油少々で味付けし、完成。
…ただいま「枝豆ギッシリがんも」という商品にはまっておりましてね(笑)。
<珍しく丁寧にレシピなど書いていたら、記事がボリューミィになったので、ひとまずここまで。その2へつづく>

水曜日は咲夜さんバナー。咲でしゅ。いつもありがとうございましゅ。2つともクリックしてくださると励みになるでしゅ♪
br_decobanner_20110607235956にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する