不定期更新のつもりが毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居をメインに、日々の記録を積み重ねています。
年の瀬合宿。その3
2016年01月16日 (土) | 編集 |
お久しぶりでございます。「年の瀬合宿」連載、再開です。

<前回のあらすじ>
干し芋。グラタン。リンゴのクラフティー。

<阿波しじらの水通し。12/27>
さて、まずはこの「阿波しじら」の出自についてお話せねばなるまい。
11月終わりごろ…新宿御苑に行ったあたりだったかの、たまさんからメールがきましてな。
たまさん:「べにおさん、阿波しじらの未使用反物2本で5000円ってのはお値打ち?」
私:「何それ! 絶対、お値打ちだよ! 安い木綿反物だって1本8000円はするもの!」
たまさん:「今オークションで出てて、気になってるの~。べにおさんも見て見て-」
私:「分かった、見る!(…見た…) いいじゃん、これ。色味も面白そう…」
たまさん:「べにおさんもそう思う? ねーねー、これ落札して二人で分けない?」
私:「いいよ-! 2500円で阿波しじらが手に入るなら、買う買う!」
たまさん:「良かった-! じゃ、落札するね!」
しかもね、送料込みで2本5000円だったのよ、奥さん。ホントにお値打ち品。
かくして、たま家に阿波しじらの反物が2本届いたのだった。
たまさん:「私これで単衣を縫う! べにおさん、縫い方教えて♡
私:「…えええっ?! あれだけ裁縫が嫌いなたまさんが?」
たまさん:「2500円の反物なら、多少失敗しても納得できるもん(笑)。そうねー、合宿して教えてもらいながら少しずつ縫って…半年後くらいに仕上がったらいいな~♪」
私:「マジっすか…」
そんなこんなで、なんと今後の和裁合宿決まってしまったのだった。
…で、その手始めとして、この「年の瀬合宿」で反物の水通しをすることになったのである。
※ちなみに「水通し」とは、(木綿は洗濯すると縮むという特徴があるため)反物状態で水に通してあらかじめ縮ませておこう!というもの。水通しをしてから仕立てることで、仕立て上がって洗濯をした時の縮みを最小限にできる…と思われる。木綿着物は自宅でガンガン洗うからね~、先に水通しをしておいた方が安心さー。(って、こんな説明で合ってるのかな? 私の認識はこんな感じだすー)
たまさん:「べにおさんが木綿単衣を縫うときは、どんな風に水通ししてるの?」
私:「私はいい加減だよ~。反物をいったん広げてから屏風畳みにして、あとは洗濯ネットにいれて洗濯機で洗うだけ~」
たまさん:「あ、そんなんでいいんだー」
私:「いいかどうかは知らん(笑)。念のため、たしか昔の『七緖』に染織こだまさんの水通し方法が載っていたから、それを読んでからやってみよう!(…『七緖』vol.4を読む…)あらー、水に12時間つけて、しぼって…結構めんどくさいな(笑)」
たまさん:「ふーん、とりあえず一晩水につけて、そっからは洗濯機でいいんじゃん?」
私:「そうするかー」
というわけで、入浴後に風呂桶を洗い、そこに水をはって屏風畳みにした反物を漬けこんだ。
私:「では明日をお楽しみに。おやすみー」
たまさん:「おやすみなさーい」
就寝とあいなった。

翌日、風呂桶から引き出してネットに入れ、洗濯機で(洗剤無しで)洗濯をして脱水。
針金ハンガー5本を使って室内干しをしたら、なんと夜までにはすっかり乾いてしまった。
んで、巻き巻きしたのがコレ。
P1013977.jpg
左のブルー系に格子っぽいのがたまさん、右の緑系に縞っぽいのが私の阿波しじらである。
さてさて、和裁合宿に向けて、6回の合宿で縫い上がるように講座内容を考えなくちゃ…(←まるで授業を考えるような思考である。職業病だねぇ…/笑)。
<画像が少なくて、すんません。いずれ「まおじゃらん」で公開されるであろ。その4へつづく>

土曜日は黄ちゃんバナー。いつもありがとうございます。2つともポチッとしていただけると、励みになります♪
br_decobanner_20110613205959にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
関連記事

コメント
この記事へのコメント
た、たまさま。
今までの記事で知るところの情報によるとですね。
たまさまに着物を縫い上げる忍耐力があるとは到底思えないんですけど。
もしかしてほぼほぼべにおせんせ~がお手伝いすることになるのでは?
いや、失礼しました。
そんなことないんですよね。
自分と重ねてはいけない。きっと完成しますよね。

グッドラック!!!!
2016/01/17(日) 20:57:29 | URL | ほあかばりきるま。 #-[ 編集]
ほあかばりきるま。さん
ですよねぇぇぇ?!(笑)ほ~さまもそう思いますよねぇぇぇぇ?!
私も一瞬耳を疑いましたもの。でも、縫う気満々ですのよ~たまさんったら。
合宿だけで縫い終わらないようなら、持ち帰っての宿題も辞さない覚悟だと。
なので、私の使命は、いかに彼女のモチベーションを保ちながら和裁講座をするか(爆)。頑張りますよ~。ふははは!
ちなみに我が家で縫い物(付け帯とか)をする場合、私はたまさんの手伝いはしませんのよ。口は出すけど、手は出さない。指導の基本ですな、ふははは(爆)。
2016/01/18(月) 19:38:19 | URL | べにお #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する