FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
カウンセリング22
2007年10月05日 (金) | 編集 |
b563c1a9.JPG先日のダメダメ感と、その時の「自分を痛め付けたい感じ」について話した。
先生によると、ウツと自傷傾向とは別物らしい。だから自傷・自罰傾向に気持ちが向かっていくのは、私のパーソナリティに関係があるのだそうだ。
「原罪意識(自分はもともと罪深い存在であるという意識)」……また新たなる課題が増えた感じだ。

なんで私は自分で自分を罰したくなるのか。自分を傷つけたくなるのか。
それはおそらく、私にとって自分を罰することが楽な行為だったからなのだろう。外罰でなく、内罰を指向するのは、それが自分にとっては楽だからだ。内罰が楽だというのは矛盾しているようだが。

そして、「何かの役に立っていなければ生きている価値はない」という考えも、この原罪意識と密接に関係がありそうな気がする。
おそらく生育歴と関係あるのだろう。

もやもやする。
まだ家族関係のことだって、私の中で未解決のままなのに。
いや、原罪意識と家族関係ってのも深く関係しているような予感がある…。そしておそらくこの予感は正しい。

原罪意識というのはリストカットする精神と非常に近いらしい。
自分は(例えば親に)認められていない→自分は悪い子だ→悪い子は罰せられなければいけない→リストカット→自傷したことで懺悔がすんだ気がする…。
…なるほど、近いなと思った。
私の時代には「手首を切る=自殺したいから」という図式だったが、ものの本によると「リストカットは生きるために行う」のだそうだ。
屈折しているけど、自分の中では適合性がある。自分を罰することではじめて自分の存在を認めてあげるわけだ。

私はウツになると自分で自分が許せなくなる。自分で自分を消してしまいたくなる。

先生には「また1年がかりかな」と笑われた。えーーーっ、また1年ですかぁ?

現段階の私は、なるべく自分をセーブしつつ、でも結局頑張りすぎてウツになり、1週間ほどで浮上する…という生き方しかできない。それはそれで悪くはない、と先生は言う。
でもねぇ。もう少し楽な生き方しようよ、自分。

画像は非常に楽な生き方をしている海大君。足蹴にしているけれど、彼は喜んでいるんです。…ホントです!!
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック