不定期更新のつもりが毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居をメインに、日々の記録を積み重ねています。
歩きまくって谷根千散策。その4
2016年12月29日 (木) | 編集 |
<前回のあらすじ>
弥生美術館、竹久夢二美術館を出て、墓参り。
猫もなか、主菓子、愛玉子…。

朝倉彫塑館を目指して歩いていると、いきなりこんな看板が目に入った。
IMG_5114.jpg
へー、ねこ博か。入場無料か。じゃ、寄ってみましょー♪
お気軽な気持ちで小さな画廊に入ると、んまぁかばいい猫グッズたちがてんこもり。
ミニチュア猫が金魚を狙ってる-。
IMG_1853.jpg
こっちは、7匹で狙ってるー(笑)。
IMG_1854.jpg
猫の七福神だっ! これ、高さ2㎝弱なんですのよ、奥さん。
IMG_1852.jpg
ガラス細工のねこ。右下にちんまり移った「猫鏡餅」がかな~り気に入った。
IMG_1851.jpg
イラストもほんわか可愛い。
IMG_1855_201612232117076cb.jpg
いやー、いいもん見させてもらったわ~。
お礼の気持ちで、猫ピアスを買った。
IMG_1862.jpg
きょとんとした表情の茶トラ。そらっちに似ている気がしてね(笑)。
IMG_1863.jpg
1/10まで開催中ですので、気になった方はいらして下さいまし♪

ねこ博をあとにして、朝倉彫塑館に行く。
IMG_1860.jpg
素敵な建物。朝倉文夫のお家をそのまま改装して展示してあるらしい。
うおっ、やっぱり猫の像を作った人だ! 何匹もの猫たちが、非常にリアルな佇まいで展示されている。
これは、間違いなく猫飼いの作だな、と思わず笑みが浮かぶ。
あれー、以前どこかで見たことがある気がするんだけどなー。なんだろ、5年前に行った山形の猫展だったかな、去年か一昨年に行った渋谷松濤の猫展だったかな…。どっちもたまさんと一緒に行ったので、今度たまさんに訊いてみよう(笑)。
ぐふふ、猫と犬のポストカード買っちゃった♪
IMG_1858.jpg
左の「のびをする猫」なんて、猫飼いならみんな「あるあるー!」と頷くこと必至。よく捉えてるなぁー。

よっしゃ、あとは日暮里駅から帰るだけじゃ。
と、駅に向かって歩いていたら…あらら猫グッズのお店発見。
どーしてこう私というヤツは猫モノに弱いんでしょうかねぇ?(常に猫が足りないオンナだから?) 案の定、ふらふらと立ち寄ってこんなもんを買ってしまいましたわよ。
IMG_1861.jpg
ダヤンの静電気除去キーホルダー。これの先を、車のボディとかドアの取っ手とかに「ピッ」と付けると、静電気が放出されて、触ってもバチッとこないというシロモノ。静電気を放出すると、ダヤンの下の四角い液晶に顔のマークが出る仕組み。
…これね、かなりの優れものですわよ。ささいなことではあるけども、静電気の恐怖から確実に守ってくれるって、ストレスフリー♪

それにしても、谷中という街はとにかく猫だらけの街だなぁー。
これで谷中銀座商店街とか行くと、これまた猫だらけなのだよ。
猫好きにはたまらん、谷根千散策。
そんでもって、着物が似合う街 谷根千。…って、私は万能服だったけども(笑)。
楽しい1日を過ごすことができたのだった。<完>

木曜日は空良くんバナー。あんぽん、あんぽん、あんぽんたーん♪ お帰り前に2つともポチッとしていただけると嬉しいです♪
br_decobanner_20110611220432にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

<後日談>
彫刻家朝倉文夫のことを知りたくてネットで検索してみたらば、なんと朝倉摂のお父さんだったってことが判明。ビックリ!
朝倉摂といえば、超有名な舞台美術家。
学生時代に劇団で大道具(舞台美術)を担当していた私は、教員になってから図書館で『朝倉摂のステージ・ワーク』という本を読んで、「この人の作る舞台って、スゲーーー!」と感動したものだった。
そうか、あの朝倉摂のお父さんが朝倉文夫だったんだ…。
なんか、朝倉家の作るモノって私を惹きつけるなぁ。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
昨日今日ととても興味深く読ませていただきました
冬休み中に見に行く映画をどれにしようかとまよっていたところでして・・・・どちらの映画もいいでうねえ
あと1月末には 遠藤周作の「沈黙」も公開されますしねえ・・・
谷根千も ぜひ散策してみたいところ
根津には一度行きましたが 時間がなくて根津神社にいっただけ・・・すぐ近くには 着物のリサイクルショップがあるのでそこにも行きたかったのですが 発見できずに・・・・欲求不満で帰ってきました
今回の記事を読ませていただいて ぜひそのうちまたいくぞっという気持ちになっておりました!
2016/12/29(木) 21:28:43 | URL | ソフィー #-[ 編集]
ソフィーさん
わはー、どうも有り難うございます。
何かのご参考になれば、嬉しいです。
そう、「沈黙」が映画化されたんですね。映画館で配布していた情報誌に書いてありました。遠藤周作の代表作ですな。
谷根千は、とくに目的もなく歩いていても、風情のある街並みで楽しいです。東京にお越しの際には、ぶらり散策されるとよろしいかと♪ 意外な発見があったりもしますよ。
2016/12/30(金) 20:19:44 | URL | べにお #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する