FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
「尊敬する」ということ
2007年11月12日 (月) | 編集 |
今まで私は「尊敬する」という言葉を、安易に使ってきたように今日思った。

私にはできないことができたり、私の知らないことを知っていたりすれば、私にとってそれすなわち「尊敬」の対象となる。
そのこと自体は決して悪いことではない。他人の良いところを見つけるのが得意なのは、私の長所だと思う。
ただ「あの人はすごいなー。尊敬しちゃうよ」と口にする度、どこかで『そもそも私とは出来が違うんだよな』『それに比べて私の未熟なことといったら…』と考えていた気がする。
つまり、『向上心の無さ』と『卑屈さ』が同居した意識である。
だけどそれは違うだろう、と今日になって気がついた。

私の尊敬する人たちは、常に努力している人たちだ。向上心を持ち、真摯な姿勢で、自己の能力を最大限に生かしている人たちだ。
だからこそ私は、彼らを尊敬し、彼らに憧れる。
だったら、私もまた彼らに少しでも近づくことができるよう努力しよう。向上心を持とう。少なくとも「尊敬する」「憧れる」という言葉を使う時には、そのことを意識しよう。…そう思った。

漫然と「尊敬する」のではなく、「少しでも近づきたい」と強く思うこと。これって、結構大切なことなんじゃないかと思う。

さーて、彼らに近づくためにも、お持ち帰りした仕事にこれから着手しようっと!(トホホ…涙)
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック