FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
懐古録。
2017年10月27日 (金) | 編集 |
先日のあすかさんとこの記事で、ほ~さまが「私はおかっぱの上に髷だけのせてました」とコメント。それを読んで、私も過去の記憶が蘇った。
そうだそうだ、私もお正月に着物を着せられて、おかっぱに髷をのせてたっけ。
着物は赤に白の絣柄のウール、しかもアンサンブルだったなぁ…。
懐かしい。もう40年以上昔の話である。
…そういや、アルバムに写真が残っていたはず。ちょっくら探してみるか。
IMG_60940.jpg
左が私、真ん中が姉、右が兄、後ろにいるのが母である。
わっはっは、記憶違いも甚だしい。赤いウールのアンサンブルじゃねーし、髷でもねーし(爆)。
私が着ているのは小紋のアンサンブルだね。帯が赤と金の市松柄で、たしかこれは半幅帯だったと思う。アタマに載せてるのは、でっかいリボン。あー、そうだそうだ、当時はこういうでっかいリボンを頭に載せるのも普通にあった気がする。
姉が着ているのは、これは晴れ着ですなぁ、袖も長いし。何だろう、十三参りとかそういう時の着物って感じだけど…この時姉はまだ小学3~4年生のはず。むむむ…? 微妙に肩上げもしてあるっぽいし、帯周りも帯揚げ・帯締めもあるってことは、ちゃんと袋帯だな。へー。だがしかし、この着物と帯は私の記憶には全くないのだー。
それにしても、私も姉もいっぱしに履いている正装用の草履の鼻緒が細いこと…時代やねぇ。
これは、お正月に母方の実家へ年始挨拶に行った時の写真である。毎年、1月1日に父方の実家→母方の実家とお年始に行くのが恒例行事だった。ちなみに父方の実家と母方の実家は、徒歩で行ける距離。
窮屈な格好でじじばばの古くさい家を2軒も訪問しなければいけないってのが、子供心に苦痛でねぇ…元日は嫌いだったなぁ。
でも今になってみると、正装で家族写真を撮る機会なんてそうそうなかったから、母と三兄弟+これを撮影したであろう父を思うと、ちょっとほんわかと良い気分になったさ。

うーん、赤い絣のウールアンサンブルが記憶にあるんだけどなぁ…。どっかに写真は…。
IMG_60930.jpg
あった! けど、これ、姉貴じゃん。もっとも、お下がりで私も着させられたことだと思うが…残念ながら、私がこれを着ている写真はなかった。
あ、この時姉が頭に載せていたのが「髷」ですな。この写真だと分かりづらいけど、これが私の記憶にある髷である。
やっぱ、こんな感じでショートカットにいきなり載せる。これ、何で固定していたんだろう…アメピンかなぁ、コームかしら。
兄貴もウールのアンサンブルを着させられてるね。そんでもって、モザイクかけたけど表情はかなりしょぼくれている(笑)。
姉貴の帯ってば、赤と金色の市松柄だ。この帯は、我が家の正月の定番だったのだろうか。
背景も含めて、ものすごい昭和感だ! でも今見てみると、結構かわいいじゃないの♪

楽しくなったので、ほかに和装姿の子ども時代写真がないかと探してみたら、おっと浴衣じゃないのさ。
IMG_60960.jpg
あー、これは幼稚園の夏祭りだ。覚えてる。
ジャングルジムに浴衣で上っている私…(笑)。この浴衣、サッカー地みたいなぼこぼこした生地だった記憶がある。ぼこぼこだけど、「しじら」とはまた違う質感だったのよ。で、生地がツルツルのペラペラだった。
IMG_60970.jpg
袖丈が長いねぇ…おはしょりもたっぷりあるから、かなり大きめのサイズを着てるんだな。ま、これも姉貴のお下がりであろう。帯は真っ赤な博多献上柄半幅帯。昭和の定番ですな。
それにしても…モザイクをかけても分かる、黄昏れた表情。
隣の少年のワルイ顔と、さらに隣の少年の疲労ぎみの顔と合わせて、妙にやさぐれ感の漂う写真となっている。どうした、幼稚園児。

あー、面白かった。それぞれの写真をデジカメで撮影し、「よーしよしよし、これで今度ブログ記事を書こうっと♪」とホクホクしていたら、なんとほ~さまに先を越されていた!コチラ
いやー、考えることは同じなんですなぁ。それにしても、金魚提灯の時といい、このシンクロ率にはビックリだ。
そしてほ~さまのところでも、幼児の表情がやさぐれていて笑った(爆)。
以上、あすかさんに刺激されての懐古録でござんした。

金曜日はサラちゃんバナー。おばちゃんっ、サラちゃんがなめてあげるの♪ お帰り前に2つともポチッとしてなの。
br_decobanner_20110612201207にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
関連記事


コメント
この記事へのコメント
可愛いです(*^^*)
リップルというかサッカー生地の浴衣私も小さい頃に着ましたよ~
幼稚園くらいかな?袖が長くてお気に入りだった
2017/10/27(金) 20:36:21 | URL | 東野朱乃 #-[ 編集]
東野朱乃さん
ほー、リップルという生地でしたか! 知りませんでした。
なんか、綿コーマよりも薄くてツルツルしていた印象です。でもボコボコした織で…最近でも存在するのでしょうかねぇ? 昔は子どもの浴衣には一般的だったように思うのですけども。
2017/10/27(金) 22:06:55 | URL | べにお #-[ 編集]
私、自分が怪しいです(笑)
リップルもサッカーも同じ感じの意味の言葉で使ってます(((^^;)

確か子供用の夏のパジャマには使われてると思いますよ
大人用でも夏のパジャマには多いです

主人がぼこぼこした肌触りが嫌だと言って夏ようパジャマを探したときにそればっかり売ってて苦労した覚えがあります
2017/10/29(日) 11:54:44 | URL | 東野朱乃 #-[ 編集]
東野朱乃さん
ほほう…と思って、「リップル」で検索かけたら「仮想通貨」ばかりが出てきて、あわわあわわ(笑)。
改めて「リップル 生地」で検索したら、サッカー地よりもお安くデジタルでできるのがリップルだそうです。
ヤフー知恵袋にあったので、ご覧下さいな♪
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1143919341
2017/10/29(日) 20:28:31 | URL | べにお #-[ 編集]
ありがとうございます♪
2017/10/29(日) 21:07:06 | URL | 東乃朱乃 #-[ 編集]
わーい😄うれしいな。
さすが同世代。なんだか自分の昔を見ているような😁
そして、記憶がいつの間にやら別の記憶とごちゃ混ぜになって上書きされてる事ってあるあるですよね!
何かの拍子に事実と記憶が違っていることにあれ?なんで?ってなるんです。
2017/10/29(日) 21:14:12 | URL | ほあかばりきるま。 #-[ 編集]
東野朱乃さん
どういたしまして♪
私も勉強になりましたわ~。
2017/10/30(月) 17:50:26 | URL | べにお #-[ 編集]
ほあかばりきるま。さん
お正月に夏の浴衣…シチュエーションまで同じですよね(笑)。
当時は盆と正月には和装を、というような習慣がまだあったんですなぁ。
今回の記憶違いは、自分でも笑っちゃいました(笑)。1枚目の写真がありありと頭に浮かんでいたくせに、着物と髷はまったく違っていたもんでね。わはー。
2017/10/30(月) 17:52:30 | URL | べにお #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する