FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
クリスマスコーデ、その4。「探偵はBARにいる3」
2017年12月20日 (水) | 編集 |
今日のコーデ。最高気温:10.6度(湿度:33%)、天気:晴れ。
黒の菊水柄大島紬袷、今様色(いまよういろ)ふくれ織り帯、★ちゃんから戴いたピーコックグリーンの帯揚げ、白の帯締め、100均の星の帯留め、ペイズリー柄の木綿半衿、白地に椿柄の足袋っくす。
PC202409.jpg
IMG_6246.jpgIMG_6247.jpg
PC202411.jpg
下は木綿の半襦袢、ポリの裾よけ、エアリズムTシャツ、エアリズムステテコ、レッグウォーマー。
「まだクリスマスまで間があるのに、もう飽きたんですかっ!」とほ~さまに叱責されたので(笑)、クリスマスっぽいコーデを組んでみた。
こちらの星帯留めは、100均で買ったヘアアクセサリーの飾り部分に、同じく100均のコード止め(あすかさん御用達/笑)を両面テープで貼り付けたモノ。いやーーー、スポンジタイプの強力両面テープだったんだけど、ダメだね、すぐはがれちゃう。これは、グルーガンかなんかで固定してやった方がいいかも~。

今日は午前中で仕事が終わるので、早退けして映画に行ってきたぞ! 
探偵はBARにいる3だっ!
T-POSTER.jpg
ああ、久しぶりの「探偵はBARにいる」だわ…。どうやら、2から4年が経っているらしい。
しかし、相変わらずめっちゃくっちゃ面白い映画だったよっっ!!
もうねー、探偵(大泉洋)と高田(松田龍平)のコンビを見ているだけで嬉しい。この二人、サイコー。
そんでもって、今回はアクションがハデよ~。スローで見せるところなんて、ドキドキもんだったっす。
嗚呼…この映画を観てると、大泉さんがカッコ良く見えちゃうんだよなぁぁぁ、不本意ながら(笑)。
うっかりすると、ときめいちゃうんだものなぁぁぁ、まったく不本意ながら(爆)。
今回はね、前作や前前作に比べてよりハードボイルド感が増している感じ。
もちろん、飄々とした面白さや小技もアチコチにあって笑わしてくれるし、ググッと泣かせてくれるし、お色気もあり(笑)、馴染みのキャラクターたちも登場して嬉しい限り。
エンドロールで「脚本 古沢良太」の文字を見つけて、ああそうか!とハタと膝を打ったわよ。
やっぱり、古沢良太にハズレなし! 嬉しいねぇ~♪ この人の脚本は、間違いなく面白い。また作品の構成や言葉のチョイスがいいんだよ~。うんうん。
私は、「探偵はBARにいる」の時も、「探偵はBARにいる2」の時も絶賛しておりますが、今回も大絶賛でございますわよ。
探偵はBARにいるシリーズにハズレなし! 
こりゃ、4が楽しみだわい♪(もちろん、作るよね?/笑)

私にとってこの映画は、「俺たちは天使だ!」や
ダウンロード (1)
「探偵物語」
ダウンロード (2)
「まほろ駅前多田便利軒」
ダウンロード (3)
「ルパン三世」
images.jpg
なんかに通じるモノを感じるのよね~。好き好き~♪
あ、これから見るという方は、エンドロールが始まったからって帰っちゃだめよ。エンドロールのラストのラストまで、きっちり見てくださいね♪
嗚呼、面白い映画だったーーー! はぴはぴ~!

水曜日は咲夜さんバナー。咲でしゅ。いつもありがとうございましゅ。2つともクリックしてくださると励みになるでしゅ♪
br_decobanner_20110607235956にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

「探偵はBARにいる3」ネタバレを含む内容…これから見る人は読まないでくださいー。

   ↓


   ↓


   ↓


   ↓

ここから。

ラスト近くで探偵が入院中の子どもの所へ行った場面で、『岬マリの子どもだ!』って探偵が考えるシーン。
観客である私もそう思ったし、そこでぶわっと涙が溢れたのさ。
が、すぐさま別の女性が登場して「うちの娘に何か?」…えええっ、岬マリの娘じゃなかったのぉぉぉ???
ここで少なからず観客はみんなガッカリしたと思うのね。はい、私も大ガッカリでした。
なんだよー、ここで肩すかしを食らわせることないじゃんかよー せっかく感動の涙を流したというのにぃ!
ところがところがだよ、そのあとの畳みかけが凄かった。
少しずつ謎が解けていくうちに、岬マリの娘でないからこその切なさがぐぐぐっとこみ上げてきてさー。
もう、大泣きっすよ!!! くっそー、脚本家にしてやられたぜ。
この、騙されたからこその快感ね(笑)。古沢良太、畏るべし。
で、ラストのラストは、読みどおりでした(爆)。これはまた、予定調和の快感さ!
エンドロールのラストまでちゃんと見てね~。満足度120%の映画っすよ♪
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する