FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
2018-01-02 (火) | Edit |
学生時代の芝居仲間3名が大晦日から元日にかけて拙宅に集いまして、年越し企画と称して飲み会を実施したわけでさぁ。
当日までの期間もけっこうあったので、大掃除も済ませ、おもてなし準備にいそしむことができた。
IMG_6271.jpg
リビングも、おもてなし仕様にセッティング。
IMG_2031_20180102214823c6d.jpg
サラ子もスタンバイ・オーケー(笑)。
IMG_2032.jpg
●とろとろ鶏レバー。塩+ごま油につけて食す。
PC312461.jpg
●アボカドの生ハム巻き。なます。
PC312463.jpg
●大根煮。煮干しダシで。
PC312462.jpg
●ポテたまサラダ。
PC312464.jpg
●えびとトマトのマリネ。
PC312465.jpg
●タコとオクラの花椒和え。こちらは「男子ごはん」レシピ。
PC312466.jpg
●森のしずくさん風なべ。
PC312467.jpg
●デザートの、ふわとろチーズスフレケーキ。レシピはコチラ
P1022472.jpg
●年越しそば。
P1012468.jpg
そして、年が明けた深夜2時になってようやく全員就寝。

翌朝、私はいつものように4時起きして朝食の仕込みをする。
先日作った餅は、結局軟らかすぎて固まらなかったので、せめてものあがきでフライパンにて焼く。
P1012469.jpg
●雑煮。鶏もも、卵、小松菜、なると。
P1012471.jpg
…餅ってば、すぐに汁の中で溶けて分解。しくしくしく。餅作りはもっと研究して精進せねば…!
●なます、黒豆、鶏チャーシュウ、チーズの盛り合わせ。
P1012470.jpg
…多少なりとも、正月気分を味わってもらおうと。
こうして朝食を食べた2名は早朝のうちに帰路に着き、もう1名はゆっくりまったりとお喋りしつつ時を過ごして夕方に帰路に着いたのだった。
あー、たくさん料理を作れて楽しかったっす♪ また集まろうなー!

火曜日は風花さんバナー。やっぱりふうちゃんが一番可愛いのよ! 2つともポチッとしなさいよ!
br_decobanner_20110609233723にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
関連記事


コメント:
この記事へのコメント:
明けましておめでとうございます。
お餅の敗因は、もしかしたら、もち米を炊いたことではないでしょうか?
水分が多過ぎたのでは?面倒ですが、蒸してからつくとよいのではないかと思います。
なんて言ってるわたくしは、子供のころからもちつきを見ていただけの門前の小僧でございまして、自分でついたことは一度もないんですが。
つきたてのお餅をちぎって、納豆やら大根おろしやらをからめて食べるのがもちつきの日の楽しみでした。
また、どうやらローカルなものらしいのですが、地元では、もち米と一緒に、落花生か大豆を蒸して(基本は落花生です)、青海苔を混ぜ込み塩味をつけ、米の粒々が残る程度のつきかたをする「豆餅」を必ず作ります。平たくのすのではなく、大きい柿の種(のカットする前)の形にのすのもお約束です。固くなりすぎないうちに1センチほどの厚さに切って、焼いて食べるのが基本の食べ方です。よかったら作ってみてください。詳しい作り方は、たぶん検索すれば見られると思います。
心も体も健康第一に、無理せず元気に一年をお過ごしくださいね。
2018/01/03(水) 03:13:55 | URL | やのめ #-[ 編集]
おもち
以前コメントさせていただいたことがある者です。娘時代に高校の音楽講師をしていたという…。
お餅のこと、気になっておりました。
お寺で育ち、中学生の頃から年末には餅つきを手伝っておりました。
嫁いだお寺では、12月初旬にお善哉用の餅つきを義母と二人で機械で六升、20日すぎに子供教室の餅つきをパパママ達と共に臼で10キロ、29日に役員さん達と、機械でお鏡餅を二斗八升つきます。餅つきはウンザリ😂していました。
紅緒先生のジャーで炊いて潰したお餅の斬新な?手法に心奪われ、その後どう食されたのか、とても興味がありました。
楽しそう!!!
お餅がついてみたい興味動機→やってしまおうと決心→方法を考えて実行→その結果出来上がったものを工夫して食べる😍。
状況と人が変われば、餅つきも楽しめるのですね😘。
さて、他の方も言っておられますが、餅米は☝🏻2.3日前にかして水に浸けておいてから蒸してください。
うちでは、蒸し器の中に麻の布をしいて二升入れ、布の余った部分を上から被せたものを、二段重ねで蒸し器に置いて、約1時間蒸してからついています。
餅米の量が少ない場合は、蒸し時間が少なくて良いのではと思います。箸で刺してすっと通る又は、親指と薬指で摘んで潰してみると良いと思います。長く蒸して柔らかい方が、早く搗けるのではと思いますが

すり鉢ですり潰しという方法は如何でしょうか?
私達は☝🏻餅をつきながら、おしゃもで水分を足していきます。勿論、水分が多い方が柔らかく仕上がりますが、黴やすいです。

例年なら、今頃役員さん達の新年会の為、午後から買い出しに行き、家族以外に15人程の鍋の準備をしていますが、今年は娘の受験の為、別日に外でということなので、時間がありました。
紅緒先生のブログを楽しめて嬉しいです。
ありがとうございました。
2018/01/03(水) 17:09:18 | URL | まめ #btHAXud2[ 編集]
やのめさん
おおお! なんと、餅に詳しい方がここに!
そうかー、蒸すのが面倒で炊飯器で炊いちゃったんですけども、やっぱ蒸した方が餅になりましたかねぇ? 水分を減らして炊くんじゃダメかなぁ?(ものぐさ/笑)
で、「豆餅」って美味しそうですねぇ♪ 落花生は千葉の名産でもあるので、もしかしたら千葉にもそういった餅があるのかもしれません。
そういえば、先日テレビでサツマイモを一緒に搗いたお餅をやってました。土地土地で色々混ぜ込んだお持ちがありそうですね~♪
2018/01/03(水) 21:42:47 | URL | べにお #-[ 編集]
まめさん
おおおお! 餅に詳しい方が、更にここにも!!
うはー、これはかなり本格的かつ大量に搗くんですね。私は子どもの頃の餅つき大会に参加したくらいしか経験がないので、この分量と頻度にびっくりしちゃいました(笑)。すごいなー。
うーーーん、やはり吸水をしっかりして「蒸す」ってのがポイントなのか。
来年は蒸してやってみようかしらん。
勉強になりますー。どうも有り難うございました!
2018/01/03(水) 21:46:02 | URL | べにお #-[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する