FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
春を訪ねて茨城へ。その6
2018年04月05日 (木) | 編集 |
<前回のあらすじ>
ほんとにもう、このお宿さんってば…
磯原シーサイドホテルさん、満喫いたしましたーーーー。

<勿来関~天心記念五浦美術館~野口雨情祈念館。3/30>
さて宿を出発し、北茨城からちょこっと北上して、福島県いわき市へ。
「勿来(なこそ)の関」というのがあるらしいのだな。
で、国語教師的には「なこそ」と言えば「滝の音は 絶えて久しくなりぬれど 名こそ流れて なほ聞こえけれ」の百人一首の歌が頭に浮かぶのだが、あれって「なこその滝」だよなぁ-、「なこその関」じゃなかったよなぁー? と、疑問に思いましてね。それで行ってみたわけでさぁ。
駐車場に車を駐めて「いわき市勿来関文学歴史館」へ行く。入館料320円。やすっ!
どうやら「なこその関」の方が古来からの歌枕で、百人一首にあった「なこその滝」が歌われるまでは「なこそ」と言ったらこちらの「勿来関」のことだったんだそうな。へー。(ちなみに「なこその滝」は京都)
んだが、その「勿来関」がいわき市にあったという確たる証拠はないそうで、歌で歌われていた内容からすると
①東北の、福島県周辺にあるらしい
②太平洋のそばにあるらしい
という前提で書かれていることから、『いわきなんぢゃね?』『いわきっぽくね?』と考えられているのだそうな(笑)。おもしれー!
いやーーー、勉強になったっす。今回の旅は、和歌に関連するモノが多いね。
しかし、この歴史館の展示方法は…奇抜すぎてどうも(苦笑)。おーーーい、普通に見せてくれ~と思ってしまったさ。
歴史館を見学したあとは、和歌の刻まれた石碑をたどる。天気もいいし、軽く山を登る形になるので見晴らしが良い。
終点で、「勿来関趾」の石碑を発見。
IMG_6587.jpg
別ルートで山を下りて駐車場に戻る。途中に「吹風殿」という建物があるので、そちらも見学する。入場無料、やすっ!
IMG_6588.jpg
あら、立派だこと。これ、寝殿造りを再現したものなのだそうな。へー、そうか、こういう所に平安貴族は住んでいたのね~。
なかなか面白うございました。

北茨城に戻って、今度は「茨城県天心記念五浦美術館」へ行く。入館料190円、やすっ! そんでもって、これまた立派な建物!
IMG_6589.jpg
ここの桜はまだ蕾。これから咲くのか~、楽しみだねぇ♪
さて、岡倉天心という人物の名前は知っていたが、展示を見ていたら結構ファンキーな人だということが分かって面白かった。
彼が着ていた羽織とかも展示されててねー、まぁ昔の男性は小柄だこと小柄だこと。
東京美術学校(現:東京藝術大学のもとの一つ)設立に貢献した人らしく、「制服を制定して本人は気に入ってよく着ていたけども、浸透しなかった」なんてエピソードはかなり楽しい♪ この制服ってば、奈良時代の官僚の服装をモチーフにしたんだって。この制服を着て馬に乗っている天心の写真とかも展示されていて、なんか可愛かったっす。
あー面白かった。

最後に、「北茨城市歴史民俗資料館(野口雨情記念館)」を訪れた。入館料260円、やすっ!
野口雨情といえば、童謡の作詞。「シャボン玉」「七つの子」「雨降りお月さん」「赤い靴」…などなど。
1階の展示を見ていたら、雨情さんってば「全国ご当地民謡」ということで、各都道府県に作詞をしているんだって。すげー!
ちなみに千葉県のは「証城寺の狸囃子」でした。しょ、しょ、しょじょ寺~♪
2階は北茨城の歴史民俗展示。うーーーん、戦争関連や東日本大震災関連の展示がメインで、見ていてドキドキするなぁ。

以上で見学は終了。帰りはボチボチと下道で帰った。時間かかったー(笑)。

<おみやげ>
1日目に行った、アルパカのいる観光交流センター「秀緑」にて。
カセット式ドリップコーヒー、10パック入り。元値1000円だったのが、300円になっていたので購入。
P3302784.jpg
ガラスのピアス。らぶり~ これも、元値の1割引。
P3302785.jpg
今回の旅は、なんだかとっても安上がりに済んだな(笑)。北茨城、楽しんできました~!<完>

木曜日は空良くんバナー。あんぽん、あんぽん、あんぽんたーん♪ お帰り前に2つともポチッとしていただけると嬉しいです♪
br_decobanner_20110611220432にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
関連記事


コメント
この記事へのコメント
旅行記楽しかったです!
こんばんは。はじめまして。私は大阪在住のJガールと申します。

旅の躍動感が伝わってきて、旅行記すごく楽しく拝読しました。関西から、なかなか茨城県に行けないのですが、いつか結城紬の里に行きたいと思ってますので、そのあとはぜーったいに、磯原シーサイドホテルさんに泊まりたい!と強く思いました。良心的で素敵なお宿ですね。目標が出来て嬉しいです。ご紹介ありがとうございました。

ちなみに結城から磯原までは、電車では行きにくいですよね?レンタカー借りたほうが良いですよね。
2018/04/05(木) 21:00:53 | URL | 永遠のJガール #kCTSxNgQ[ 編集]
こんにちは
こんにちは、いつも楽しみに読ませて頂いています。
北茨城もよさそうですね~!
お泊りになったホテル、いつか必ず!と思っています。

私は茨城にはまって足掛け3年。
常磐線沿いの茨城・千葉の県境のかろうじて東京というところに住んでいますので、都心に出るのと同じ時間で行かれるので、
地学・古代史好きにはたまらない所です。

御岩神社はやっと二回でかびれ神宮まで制覇、鹿島神宮・息栖神社・香取神宮(千葉県ですよねw)三社めぐりは3回もしました。
那珂湊でウニいくら丼も楽しみ、年二回のみ公開の装飾古墳・虎塚古墳などなど・・・

明日は謡曲・桜川で有名な桜川市の雨引観音へ行きます。常陸多賀の海と浴槽面が繋がって見える露天風呂のスーパー銭湯も。もちろん那珂湊でウニ丼もw
来週は大腸ポリープを取るのでしばらく遠出はしないように言われているので今のうちにと欲張りました(;´∀`)

以前ご紹介なさっていた千葉県の日帰り温泉もとても良さそうですよね。
手賀沼の温泉は近いのでよく行っていたのですが、行きすぎて、ちと偉そうですが飽き気味なので是非行ってみたいです。

また毎日の着物画像とお食事メニュー(私も糖尿病です)を楽しみにしています。
あ、うちも猫'sと同居しているんですよ♪
2018/04/05(木) 23:03:40 | URL | Sari #uWkmdtS2[ 編集]
素敵な旅行でしたね。
こんにちは!引っ越しが無事済みまして荷とき地獄の合間に、ブログ拝見して疑似旅行体験で癒されておりまする。

どの場所も素敵でしたが、私の一番のヒットはお風呂上がりの「筆ペン練習」デシタ🎶
さすが国語の先生!お上手なのにはちゃんと理由があるんですねー。
そして、それが又リラックスタイムになっているとは!「好きこそものの~。」ですね。

ちなみに、私も筆ペン練習したいと思っていますが、私の場合、緊張が伴います。ゆえに、あまり練習できないという悪循環😵💨 なんとかしないとですね。

まあ、当分は筆ペン練習より、引っ越しの片付け優先ですが、、、。

先日の白和えも、もう少し落ち着いたら作りたいと思っていまーす!

ブログ拝読楽しんでおります。
2018/04/06(金) 13:13:38 | URL | こだまん #-[ 編集]
永遠のJガールさん
いらっしゃいませ! コメントどうも有り難うございます。
いつもブログ拝見してますよ~。読み逃げでごめんなさいね。
さて、結城が茨城のどのへんなのか見当がつかなかったので(あい、バリバリの方向音痴です/笑)、グーグル先生の地図を見ました。なるほどー、結城はかなり内陸側ですね。磯原は思いっきり海側で、しかもほとんど「福島県いわき市」と変わらないくらいの北側です。うーーーむ、電車だと難しそうですねー。
ま、でも、「どうやって行こうかな~?」とか考えるのも、旅のお楽しみですものね♪ ぜひ、いつかいらしてくださいまし♪
2018/04/06(金) 20:10:22 | URL | べにお #-[ 編集]
Sariさん
いらっしゃいませ! コメントどうも有り難うございます~。
おお! 茨城にはまっていらっさる方がこちらに!
そうですかー、茨城県ってばまだまだ魅力的な所がたくさんあるのですね~。千葉県民にとってはお隣の県なので、これからもまた訪ねてみたいと思います♪
日帰り温泉…「大和の湯」のことですね? あそこも、お気に入りの施設なんですわー。ぜひぜひ、いらしてくださいな♪
2018/04/06(金) 20:15:43 | URL | べにお #-[ 編集]
こだまんさん
引っ越しお疲れさまでした~! 新生活はいかがですか?
荷ほどきも大変なことだと思います。焦らず、少しずつ、生活を整えていってくださいね。ご無理なさらぬよう。
筆ペンもいろいろなタイプがありますので、自分好みの筆ペンをみつけるのも楽しみの一つのように思います。私はペン先がちゃんと筆になってるのが好きで、ぺんてるの携帯筆ペン「きらり」というのがお気に入りです♪
筆ペンは、とにかく「慣れ」だと思います。道具に慣れてきたら、それなりに字形がとれるようになってきました。でもいっぺんに沢山やるのは集中力がもたないので、こうやって旅先で少しずつぼちぼちとやるのが性分に合うみたいです。筆ペン、面白いですよ~。
2018/04/06(金) 20:23:38 | URL | べにお #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する