FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
「となりの怪物くん」と100均と。
2018年04月27日 (金) | 編集 |
映画「となりの怪物くん」を観てきた。
jirocho4himizu-img421x600-1521364595ywiagu1251.jpg
原作まんがにハマったもんでね~。
9784063655407.jpg
で、感想。
う”-----------ん、ザンネン!!
なんでそんな演出するかなぁぁぁぁ???? というのが多々あり、引いちゃう瞬間が何回もあったのだなぁ。
全13巻のマンガを映画にするんだから、ある程度端折ったり構成を変えたりするのは仕方ないけども、それにしても雑だなぁ…という印象。
これ、原作読んでない人が観て理解したり共感したりできるんだろうか?
全体に緩急がないというか…端折るところとじっくり観せるところとを見極めて、もっと丁寧に作って欲しかったなぁ。
いや、役者さんはいいんだわ。ハル役の菅田将暉、シズク役の土屋太凰、どちらもさすがの演技力できっちり良い芝居をしていて非常に魅力的。「トウが立ちすぎ! 高校生に見えない!」という事前のネット評価はあったけど(私も、そうかもなぁと思ったけど)、彼らはその演技力でちゃんと違和感なく見せてくれましたよ、ホント。
しかし、その演技力をぶちこわしにしてくれる、いかにもマンガな過剰演出。ワイヤーで人を飛ばしすぎだってば。
衣装もねぇ…この奇抜な色の制服にしない方が良かったんじゃないかなぁ。どうも「嘘っぽさ」を強調してしまってる気がしたよ。マンガに忠実にするためにそうしてるのかと思ったら、形はマンガと全然違うし。なんだかなー。
あーーー、もっと、普通に、丁寧に、作って欲しかったっす!
役者が魅力的だっただけに、非常にザンネン。私にはイマイチ不満な映画でしたー。67点。
(ちなみに。「いとこのみっちゃん」だの「腹を割って話す」だの…原作者はどうでしょう好きなんじゃなかろうか?…とマンガを読んだときから疑っている/笑.)
(ちなみにちなみに。いとこのみっちゃん役の速水もこみちは、予想外に良かった!/失礼)

映画を観た後は、近くのショッピングモールをぶらぶら。
あ、セ●ア覗こうっと♪ ぼちぼち夏物アイテムが出てるだろ。
で、手ぬぐいと扇子をゲット。
普通に唐草模様の手ぬぐいに見えるっしょ?
P4272900.jpg
よく見ると、「猫からくさ」なんすよ!
P4272901.jpg
あっはっは! この脱力系イラストがツボった!
新柄猫扇子、1つめ。藤色地に桜を愛でる黒猫。
P4272904.jpg
2つめは、妙にアメリカンイラストちっくなリアル猫。
P4272902.jpg
これも拡大すると、結構ツボる(笑)。
P4272903.jpg
どの猫も、閣下なみにむちむちしているのがかばいい
セ●アさん、今年の猫柄は攻めてるなぁーーー。

●夕食ワンプレート。ささみとアボカドと貝割れの柚子胡椒マヨ和え、プチトマト、鶏もも肉のソテー、オクラのごま和え。
P4272905.jpg
鶏尽くし(笑)。大変美味しゅうございました♪
いやー、この1ヶ月血糖値が安定しまくり。健常者と同じレベルの数値が継続しているのだよ? 糖尿病生活10年にして、初の快挙よ。
この食生活にも慣れてきて、以前のように糖質を渇望することもない。糖質依存、寛解か?
いい感じなんじゃーーーん? 次回の糖尿病病院が楽しみなくらいだ。薬が減るといいなぁ。
しかし、血糖値は下がっておるのに体重は落ちーーーーん! ま、増えもしないからいいんだけども。
インスリンが減量されたら、体重も落ちてくれないかな-? と、淡い期待を抱いている(笑)。

<今日のおまけ>
P4272906.jpg
…だからさ、何故あえて沢山のモノたちの上に載るかなぁ???

金曜日はサラちゃんバナー。おばちゃんっ、サラちゃんがなめてあげるの♪ お帰り前に2つともポチッとしてなの。
br_decobanner_20110612201207にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
関連記事


コメント
この記事へのコメント
お、この猫唐草やっぱり可愛いですねえ。
私も欲しいなあと思ってるんです。
明日こそ100均に行かなくっちゃ!
漫画に限らず原作があるものは自分の持っているイメージとのギャップが大きいとがっかりしますね。
2018/04/29(日) 20:03:44 | URL | ほあかばりきるま。 #-[ 編集]
ほあかばりきるま。さん
猫唐草っていう、発想がいいですよね(笑)。で、この「にょろん」とした脱力系イラスト。いいわー♪
しかし、半衿にするには少々柄が大きめなんですわ。なので、買ったはいいけどどう活用するか思案中…巾着袋でも作ろうかしら?
うーん、私は原作モノの実写化とかには比較的寛容な方だと思うんですがね。自分の持っているイメージと合わない、というよりも、映画なら映画単独できちんと楽しめるかどうか…という点が気になるんですわ。原作を素材として、映画として楽しめる作品に仕上がっていれば、私は全然OKです。「るろうに剣心」なんかは、そうだったので良かったんですよ。
「となりの怪物くん」は、映画としてちゃんと消化(昇華?)されてなかった気がして、それがザンネンなんです…。
2018/04/29(日) 20:42:58 | URL | べにお #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する