FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
行くどー、北海道!その10
2018年09月04日 (火) | 編集 |
<前回のあらすじ>
聖地、宮の森。
円山動物園…すげー。

<円山動物園、つづき。8/23午後>
キリン館2階にあがると、ミーアキャットが。
やっぱ、掲示物が上手い(笑)。
IMG_7212.jpg
後ろ姿。
IMG_7213.jpg
正面。
IMG_72150.jpg
…なんだろう、どこか親父臭い(爆)。
次にカバが見られるかと思ったら、屋外施設にこんな掲示が。
IMG_7217.jpg
ははあ、なるほど。いろいろと動物に配慮してるんだなぁ。
IMG_7218.jpg
うーーーん、これはキビシイ。そうか、カバって減少傾向なんだ…。
この動物園、こういう胸にグサッとくるような掲示物も多々あって考えさせられる。
かと思うと、コミカル路線も健在(笑)。
IMG_7221.jpg
IMG_7222.jpg
IMG_7227.jpg
…なんだろうなぁ、掲示物を見ているうちに、この動物園の動物たちが愛おしくなるよ。キャラ立ちしてるもん。
そして、そういう動物たちのキャラをしっかり観察して、愛ある掲示物を作っているスタッフさんたちも愛おしくなってくる。
IMG_7220.jpg
あくまで、主体は動物で、人間たちはそれを「見させてもらう」って立ち位置なんだよなぁぁ。
それって、忘れがちだけどすごく正しいと思った。
爬虫類館では、こんな掲示物も。
IMG_7229.jpg
そうか、建築環境学って学問があるんだ。それを使って、この施設を作ってるんだ。
IMG_7231.jpg
え…、そういう動物も動物園に来るんだ。
IMG_7234.jpg
拒食? 爬虫類が拒食って、するんだ…。
むむむ…円山動物園、頭と心に訴えてくるぞ。
すげーぞ、この動物園。

なんか、掲示物ばっかり写真に撮っちゃったけども、私は非常に感心したのだよ、この動物園の展示ポリシーに!
動物園の一番奥にあるホッキョクグマ館。
水の中を生き生き泳ぐホッキョクグマをパチリ。
IMG_7237.jpg
IMG_7238.jpg
こういう姿をずっと見ることができるように、私たちがどうにかせにゃいかんよなぁぁぁ…。
なんて、殊勝なことを考えたりしたわけだ。
IMG_7241.jpg
夕張メロンソフトを食べながらさ(笑)。

帰り際に、地元のご婦人らしきおばーちゃんが孫らしき子どもに「良かったねぇ、今日は見れて!」って言っているのを聴いてね。思わず笑っちゃったけども、実は深いなって。これって、他の動物園ではあまり出てこない言葉なんじゃない?
「動物がいない展示スペース」って、案外といろんなことを見学者に教えてくれるんじゃないかな、って思ったよ。
動物園に行けば動物が見られて当たり前、じゃないんだよね。
そこにいる動物にはそれぞれ個性があって、飼育員さんたちと生身で付き合っていて、その命が尽きることもあって、残された飼育員さんの想いというものもあって、だから動物が「今日は見れて良かったね」って言うのはとても正しい見学者の姿勢なんだ。
ってね、思ったさー。
円山動物園は、非常に教育的な動物園だ。素敵。
アクアマリンふくしまに続いて、骨太な動物園を見ることができてラッキーだったよ、うん。
<あとは帰るだけ-。その11へつづく>

火曜日は風花さんバナー。やっぱりふうちゃんが一番可愛いのよ! 2つともポチッとしなさいよ!
br_decobanner_20110609233723にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
関連記事


コメント
この記事へのコメント
いい!すっごくいい!
べにおさん、こんばんは
この動物園、いーですね~~~~
旭山動物園ってドラマで観たけど、ここもいんですね~
子どもの成長と共に動物園に行かなくなり久しいけど、こんな感じ、いいなーって思いました(^^)。ほんとに絵がお上手なのねーよく観察されてるぅ~
2018/09/05(水) 03:09:08 | URL | ふでぺん #iWX6Rsqc[ 編集]
楽しい〜
飼育員さんの絵とコメント、
ぜひ!本にして頂きたいです。
久しぶりに動物園に行きたくなる
べにお先生のレポでした。
ありがとうございました。
2018/09/05(水) 11:38:21 | URL | いろはにほへと #bUIzCHQE[ 編集]
嬉しいです。
私が関わっている訳ではありませんが、札幌の動物園を褒めていただくと、とても嬉しいです。
円山動物園は、立て続けに動物達が不慮の死を遂げてしまい、監査が入る入った事もあったのです。
動物園の皆さんは、辛かったでしょうね。
2年前に着物でジャックで動物園へ行った時はそのような掲示板はあるませんでした。
きっと動物達の事を考えて、私達人間が知らないばかりに動物に迷惑を掛けないように、啓蒙しようと考えたのでしょうか。
動物園の方々の優しさを感じますし、それをくみ取ったべにお先生の優しさが嬉しいです。
ちなみに私、動物園でフクロウとツーショット撮ってます。
マルヤマンとも撮りました。
2018/09/05(水) 15:34:19 | URL | ゆっちのハハ #CtV8g1Uk[ 編集]
ふでぺんさん
素敵な動物園でしょ? 
旭山動物園はすごく有名ですけど、円山動物園もなかなかどうして素晴らしい動物園でございました♪
掲示物がとにかくいいです。上手なだけじゃなく、愛に溢れています! ああ、ぜひみなさんにも訪問していただきたいなぁー。
2018/09/06(木) 18:31:13 | URL | べにお #-[ 編集]
いろはにほへとさん
ですよね? 画集にして欲しいですよね?
動物たちの写真とともに、掲示物たちもいっしょに掲載された冊子とか作ってくれないかなー。永久保存版でしょ、このクオリティーは(笑)。
動物園や水族館って、その展示ポリシーが伝わってくると楽しさが2倍3倍になります。ぜひ、いらしてください♪
2018/09/06(木) 18:36:23 | URL | べにお #-[ 編集]
ゆっちのハハさん
はい、私も帰宅してから円山動物園に興味がわいたので、ネットで調べて知りました。哀しいお別れが続いたみたいですね。原因不明ということで、余計に飼育員さんたちは悔しさと悲しさにくれたことと思います。
掲示物でたびたび見かけたのが、動物たちにストレスを与えないように…という注意書きでした。どんなに気をつけていても、見学者に「見せる」という施設である以上、動物園は動物たちにとってはストレスのかかる環境であると思います。だから、せめて過剰なストレスがかからないように、という配慮は当然のことだと思います。ほんと、「見せていただく」という気持ちで見学するのが正しいと思いますよ。
それに気づかせてくれた円山動物園さんは、とても素敵な動物園だと思ったのでした。
ああ、マルヤマンと写真をとったゆっち先輩がうらやましい!(笑)
2018/09/06(木) 18:43:33 | URL | べにお #-[ 編集]
そうそう。
私があまり動物園が好きじゃないのは生き物が見世物になっていてなんだかツラそうに見えちゃうからなんですよ。
もちろん動物は大好きだし見たことのない生き物を見たい気持ちは大いにあるのだけど。
見知らぬたくさんの人達にじっと見られて声をかけられてってしたら人間だったら病気になるよね。とか考えちゃう。
今、自分が飼っている犬さえこの子は幸せなのかな?これでいいのかな?とか考えちゃうくらいなんですよね~。
だから大事にされてストレスも少なく暮らしているのねと思えたら嬉しいですね。
それにしてもせんせ~の北海道旅行の記事を楽しみに読んでいたところにこの地震はショックですよね。
うちの方もかなりのダメージを受けたけど多分北海道に比べたら大したことない。
早く色々な事が回復?復旧?するように祈るばかりです。
2018/09/06(木) 20:36:38 | URL | ほあかばりきるま。 #-[ 編集]
ほあかばりきるま。さん
お気持ち分かります。どうしても、動物園=見世物=ツライという風に考えてしまいますよね。
でも私は、動物園や水族館が好きです。なるべく沢山の生き物を見たい知りたい、の気持ちの方が勝ってしまうんですな(笑)。なので、今回の円山動物園の掲示物のように、「人なつっこいシマウマ」や「人目を避けるハイエナ」なんて、内情をバラしてくれるとホッとして安心して見られる気がします。
こちら側の勝手な思い込みかもしれませんが、どうせ見るなら「可哀想に…」という視点ではなく、「そうかそうか、面白いな-」って視点で見た方が動物たちも報われるような気がするんですよね。勝手なエゴですけど。
もちろんガラスケースを叩いてこちらを振り向かせたり、寝ている動物を起こしたりするのは言語道断ですが、「こっち向いてくんねーかなぁ」と思いながらサーバルキャットの尻を見続けるというのは、なかなか悪くないんじゃないですかね?(笑) 罪悪感なく、動物園を楽しんでいただけたらいいな~と個人的には思います。たまに、水族館の魚なんかは水槽越しに見学者をじっと観察してることがありますよ(笑)。案外、見られているのは我々の方なのかもよ~。

水害、台風、地震…あちこちでとんでもない被害になって、オロオロざわざわしています。それでも、みんな頑張って乗り切ってる。日本人、素敵です。
2018/09/07(金) 21:19:11 | URL | べにお #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する