FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
へろへろ八寸帯に芯を入れてみる。
2018年10月19日 (金) | 編集 |
母親のお下がり、葡萄柄八寸帯。
PA193616.jpg
色味も好きだし、なによりこの抽象的な葡萄のデザインが好きなのだが、いかんせん柔らかすぎて締めづらい。
毎年秋になると1回は締めるのだが、その締め心地から「柔らかすぎるんだよなぁぁぁ…」とガッカリし、二度とは締めないのであった。繰り返されるガッカリはコチラ2017年2016年2012年
母親もこの帯の柔らかさには困っていたようで、裏に洋裁用接着芯がついていた。
PA193617.jpg
おそらく、付け帯にするときに付けたんじゃろ。でも薄手の接着芯くらいじゃ、全然ダメ。
そういやどっかに帯芯があったなぁ…と思い出し、
PA193618.jpg
よーし、八寸帯に帯芯をつけちゃえ! ということに、あいなった。
しかし、普通八寸には帯芯などつけないから、ネットや和裁本を参考にしつつ適当に。
①まずは、付け帯仕様をほどく。
PA193620.jpg
②胴巻き部分の長さに切った帯芯を二つ折りにして、胴巻きの上にのせ、
PA193623.jpg
③わの部分をミシンでガーッと押さえる。ま、そんなに縫い目も目立たないっしょ。
PA193625.jpg
④帯芯の方が幅があるので、胴巻き部分の帯幅より3ミリくらい狭くなるようにハサミで切る。
PA193626.jpg
⑤お太鼓部分にも帯芯をのせて、幅を狭く切って、ミシンで押さえる。
PA193627.jpg
⑥あとは、いつもの付け帯仕様に仕立て直して完成。
PA193628.jpg
ちょっとふわふわした厚みのある帯になった。さー、締めるのが楽しみじゃ♪

あー、こういう地味な作業をしていると脳みそが落ち着いていくのを感じるなぁ。
洗濯とか、料理とか、縫い物とか、…結局、家事が好きなんだね、あたしゃ。
だから忙しくて家事が滞ったりすると、ストレスが溜まる。
今日は家事ができたので、かなりスッキリした。
が、体調は良くない方向へ。今は喉の痛みが増して、頭がぼーっとする。さっきは寒気も。
風邪薬を飲んで、水分とって、寝る。
明日は考査前最後の授業だからなー、どうしても仕事に行かなきゃいかんけど…キビシくなってきたぞ。

金曜日はサラちゃんバナー。おばちゃんっ、サラちゃんがなめてあげるの♪ お帰り前に2つともポチッとしてなの。
br_decobanner_20110612201207にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
関連記事


コメント
この記事へのコメント
風邪が流行っておりまする
べにおさん、こんばんは
柔らかすぎる帯も締めづらいですが、それって締められますやん、一つ、素敵なのだけど、どうしても芯が厚すぎて締められないのがあるんです。はずして芯を抜いちゃおうかなと思ったり。面倒過ぎて放置してありますが。芯って大事ですよね。

私も家事が嫌いじゃない方でして、思いがけずはかどると実益やから得した気分になります(^^)。私の周りにも風邪をひいてる人がちらほら。喉から来るみたいです、お大事にされて下さいまし。

2018/10/19(金) 23:23:50 | URL | ふでぺん #iWX6Rsqc[ 編集]
ふでぺんさん
なるほどー、芯が厚すぎるというのも困りものなんですね。
そうか…私は付け帯しか締めないので、普通に帯結びをする時の悩みというのが分からないのかもしれません。帯は固ければ固いほど好き、というのは付け帯だからなのかも(笑)。
どこかのブログで「帯芯を抜く」という記事を拝見したことがあります。ちょっと検索してみてはいかがでしょう? 自分でできたら、有り難いですよねぇ。
あいー、喉が痛いです。今は唾を飲むのもキツイ…。流行りなんですか?
2018/10/20(土) 17:12:07 | URL | べにお #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する