FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
年内最後の旅は横川温泉へ。その2
2018年12月28日 (金) | 編集 |
<前回のあらすじ>
ぶらっと茨城・横川温泉へ。
広い部屋に美肌の湯、美味しくてボリューミィな夕食…。

<起床~朝風呂~朝食。12/26>
午前5時起床。…おんちゃんに起こされるのは午前3時だから、それに比べるとゆっくりだと思う。でも早いけどな(笑)。
朝風呂は6時からだというので、『こころ』を読みながら時間をつぶした。
時間になったのでお風呂に行くと、考えることは皆同じで入口にスリッパが2組。先客がいるようだ。
あまり大きくないお風呂(4~5人入ったらいっぱいくらい)なので、どうせなら貸し切り状態で入りたい。また出直すことにする。
そしてすっかり日も昇った7時頃に、貸し切り朝風呂入浴♪
はーーーーーーー清々すらぁ~!
お部屋からの眺め。
IMG_7517.jpg
周りは山に囲まれ、空気も澄んで静かな場所である。
きんと冷えた冬の空気を吸い込んで鼻の奥が痛くなる感じ、なんか久しぶりだなー。気持ちいいなー。
そうこうしているうちに朝食時間になった。今度は大広間にて。
●THE 朝食! 
納豆、漬け物、サラダ、味付け海苔、焼き鮭、ヤクルト、温泉卵、おひつご飯、具だくさん味噌汁、きんぴらごぼう。
IMG_7518.jpg
…旅先の朝は食がすすむなぁ~♪ きれいに完食いたしました!
部屋に戻って、iPadで「近くの観光地」を調べる。…よし、袋田の滝に行こう! 出発!

<袋田の滝。12/26>
日本三大名瀑の一つなのだそうだ。
ちなみに、日光の華厳の滝熊野の那智の滝、奥久慈の袋田の滝…である。あら、私、これで全部制覇だわ(笑)。
車で到着したものの…さてどこへ駐車したらいいものか…?
有料駐車場がたくさんあるのだが、どうせならなるべく滝の近くに駐めたい。うろうろと車を走らせているうちに、行き止まりになってしまった。やばい…!
すると近くのお店からおばちゃんが飛び出てきて、「どーぞ、無料ですから駐めて~」と声をかけてくれた。有難い!
私:「いいんですか? 無料で」
おばちゃん:「はいー、良かったら帰りにコーヒーか甘酒でも飲んでって~」
あ、なるほどね(笑)。そーかそーか、じゃあ、寒いことだし帰りに甘酒をいただくことにしよう。
「袋田の滝」という案内に従って斜面を登っていくと、チケット売り場があってトンネルの入口が。お???
IMG_7519.jpg
不思議な空間だー。しばらく歩いて行くと、通路脇にこんなオブジェが。
IMG_7520.jpg
あらー、キレイ! 照明が次第に変わっていって、ムーディで幻想的な雰囲気。
IMG_7521.jpg
これ、木のパーツを組み合わせて作ってあるんですよぉ~。いやーいいもん見せてもろた~♪
IMG_7522.jpg
さらに通路を進むと、横道にそれるルートが。はて…?
IMG_7524.jpg
…恋人の聖地、なのだそうな。なんか、キャラクターと一緒に撮れるアプリがダウンロードできたんで、つい撮ってしまった。
さらに進む。最初の展望所から見た袋田の滝だー!
IMG_7526.jpg
展望所からつり橋が渡っていたので、イチオウ渡ってみる。
IMG_7527.jpg
いかん、コワイぞ!(笑) すかさず、戻る。
滝を正面から見ると、こんな。
IMG_7528.jpg
西行法師(米津玄師ではない/笑)が愛でて歌を詠んだのだそうだー。そんな昔から「名瀑」だったのね~。
IMG_7529.jpg
西行法師好きなので、ちょっとこの滝への思い入れが増える(笑)。
さらにさらに通路を進んでエレベーターで上昇すると、第2の展望所だー!
IMG_7531.jpg
おーーーー、高い所から見るとまた雰囲気が変わるねぇ。紅葉の時期だと、まさに西行さんの歌のような世界になるんだろうなぁ。
冬場の滝見物ってのもいいもんだーーー、としばらく眺めていたのだが、いかんせん寒くて冷え込んできた。
山を下って、甘酒じゃ甘酒!
IMG_7533.jpg
やけどしそうにアッツアツの甘酒をいただいて、人心地ついた~。
ここからは、のんびり下道を通りながらの帰宅。時間はかかったけど、ドライブを満喫したのであった。
なんか私、群馬・栃木・茨城・福島って好きだわー(笑)。またぶらっと訪問したいなーと思った、今年最後の旅でした!<完>

金曜日はサラちゃんバナー。おばちゃんっ、サラちゃんがなめてあげるの♪ お帰り前に2つともポチッとしてなの。
br_decobanner_20110612201207にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
関連記事


コメント
この記事へのコメント
旅レポ
行った気分、食べた気分になって
楽しく読ませて頂いてます(^o^)
べにお先生は車で何処へも行かれるので
運転苦手の自分は羨ましいです。
2018/12/28(金) 23:36:15 | URL | 奈良の鹿煎餅 #D1bJ3drE[ 編集]
No title
年も押し詰まりましたね。(実感はないんですけど)

>清々すらぁ~!

べにお様の「清々する」が好きです。
これ「せいせいする」って読んでいいんですよね?
このまえふと「すがすがしい」=「清々しい」だなーと気づき、
ん?「すがすがする」?…いや、ちがうだろ…  と。

「せいせいする」って江戸っ子って感じ。


>西行法師(米津玄師ではない/笑)」

…あかん。素で吹いた。
2018/12/29(土) 07:04:16 | URL | タクラマカン砂漠 #-[ 編集]
お久しぶりです。
群馬・栃木・茨城・福島って、実は私、一度も行ったことがありません。九州から行くにはちょっと遠くて機会がなかったんですが、見所満載ですね。

道路脇のオブフェ、とっても綺麗v-238 こんな素敵なオブフェが道路脇にさりげなくあるなんて素敵v-345 

今年も残り少なくなりました。どうぞ良いお年をお迎え下さい。
2018/12/29(土) 12:27:39 | URL | マリー #o/PXu/q6[ 編集]
奈良の鹿煎餅さん
楽しんでいただけました? 嬉しいです~。
旅をすると、行って楽しく、帰ってきてレポを書くのも楽しく、コメントをいただけて更に楽しい。本人も2倍3倍と楽しませて貰ってます(笑)。
車の運転、好きなんす。逆に、最近では車以外のおでかけをしてませんわー。わははー。
2018/12/30(日) 19:30:23 | URL | べにお #-[ 編集]
タクラマカン砂漠さん
いやー、明日で今年も終わりますねぇ…。早いもんです。
「清々する」=せいせいする、です。すがすがするではありません(爆)。
以前、友達と旅行をする時に「何したい?」と訊いたら、「清々したい!」と返されたことがありましてね…。いや、そういうことを訊いてるんじゃないってば(笑)。それ以来、「清々する」という言葉が気に入っています。日々鬱屈しておりますものでねー、常に清々したいのでございますわよ。

>西行法師(米津玄師ではない/笑)

ここにウケて頂けて、めっさ嬉しいです! わーい。
2018/12/30(日) 19:35:41 | URL | べにお #-[ 編集]
マリーさん
どもども、ごぶさたです~。
千葉から1泊で行ける場所となると、群馬・栃木・茨城・福島がちょうどいいというのもありますが、こちらのお宿さんたちってコスパが良くて食事の美味しいところが多いのです。ケチで食いしん坊の私には、ピッタリ(笑)。
どちらかというと地味な印象の北関東ですが、いいところですよ~。機会があったら、ぜひいらして下さいまし!

こないだ同僚が「博多とおりもん」をお土産にくれまして、美味しく頂戴しながらマリーさんたちのことを思い出していました。
2018/12/30(日) 19:40:09 | URL | べにお #-[ 編集]
明けましておめでとうございます。

今旅レポ読みました。
べにおさんの泊まる宿は、いつも美味しそうです。レポの表現が食欲をそそります。

西行法師…米津玄師…もしもしべにおさん、師が同じなだけですよ(笑)。
もうべにおさんに、米、津、玄、師の
4文字のどれかを見せると、
そこに行き着いてしまうのですね。
2019/01/07(月) 17:43:47 | URL | みむめも #-[ 編集]
みむめもさん
どもー、あけましておめでとうございます!
旅レポ、楽しんでいただけましたか? 
美味しいモノをいただくと自然とああいう表現になってしまいます。伝わっているのなら、嬉しいです♪
そうなんですよ~。
もうねー、「玄米」って文字でときめいちゃいますもん(笑)。ビョーキですわ、わははー。
2019/01/07(月) 20:25:13 | URL | べにお #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する