FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
そういうこと。
2019年02月04日 (月) | 編集 |
昨日の疲れもあり、二度寝をして午前9時に起床。
●朝食。ワンタンの卵とじ。
P2044100.jpg

半衿付けを2枚やったら、もう家を出る時間になった。
手術の待ち時間に時間つぶしできるもの(教科書、ノート、iPad)を持参し、病院へ向かう。
ナースステーションに声をかけると、「あ、お母さまが今朝発熱しまして、手術は延期になりました」と看護師さん。え? そうなの?
「お兄さんには連絡をしたんですけど…」 アニキーーーー こっちにも教えてくれよっ!
手術の立ち会いがないならこのまま帰ろうかと思ったのだけど、面会届けとやらにうっかり署名してしまったため、母親の病室に行く。
…え、こんなに老けてたっけ。こんなに小さかったっけ。痩せてたっけ。
なんだか、顔を合わせなかった4年の間に、母親はすっかりしぼんで老人になっていた。
私のイメージの中の毒親モンスターが、こんな姿になっていようとは。
向かう車の中でどう考えれば母親からのダメージを最小限にできるだろうかと思案していたが、彼女の姿を見たとたん心に湧いたのは同情と憐憫の情だった。
目の前にいるのは、私を愛してくれない母親ではなく、年老いた可哀想な老人。
「おねえちゃん、着付け教室でもやればいいのに。上手だし、対面で人と会話するのが得意なんだから」
「おねえちゃん、晴れ着をぜんぶもってっちゃった(笑)。今はタンスしか残ってないのよ」
「おねえちゃん、ちゃんと食べてるかしら」
「M(孫。姉の娘)は卒業のときに、なんか賞をもらってねぇ」
「Mの部屋は今もきれいにしてるのよ」
私を目の前にして、あいかわらず姉と姪の話ばかりをする母。
私については、話すネタがないんだろうな。
彼女のあたまに私はいない。つまり、そういうことなんだろう。
頻繁に私の名前を姪と間違えるし(笑)。
そうか、存在しない娘が愛されたいと思うこと自体、滑稽なことだったんだ。やっと分かったよ。
ついに姉と姪のネタもなくなったのか、
「…じゃ、元気でいてね」
と口にしたのをきっかけに、病室をあとにした。
あの人は私と関係ない、可哀想な老人。そう思えば、腹も立たない。哀しくもない。
そういうことだ。

●夕食ワンプレート。ごま豆腐、豚肉の味噌漬け焼、ホタテのマリネ。
IMG_7612.jpg
●豆腐とワカメの味噌汁。ダシは煮干し。
IMG_7613.jpg

手術は木曜日に延期された。
ただ、その日は仕事も会議もあるし、私は行けない。
アニキに任す。

月曜日は海大くんバナー。手数ですが、二つともポチッとな、していただけると励みになります♪
br_decobanner_20110608205601[1]にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する