FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
送別会に思う。
2019年03月20日 (水) | 編集 |
今日のコーデ。最高気温:20.2度(湿度:31%)、天気:晴れ。
紫陽花紬単衣、モノトーン猫のポリ帯、たまさんからいただいたピンクに飛び絞り梅の帯揚げ、長春色の帯締め、「春はあけぼの」の刺繍半衿、白地に椿(?)の足袋っくす。
P3204318.jpg
IMG_7817.jpgIMG_7819.jpg
P3204319.jpg
下は麻の二部式襦袢、エアリズムTシャツ、エアリズムステテコ。
暑かったってばよ。
本日のコーデ組み過程。
①本日の送別会は近隣のホテル。パーカーとGパンじゃ行けないので、着物だな。気温高いから、単衣だね。
P3204314.jpg
②うーん、食事こぼして汚したらヤだから、帯はポリにするかー。
P3204315.jpg
③ちったぁ春らしさを出そうかね。この帯揚げにしよっと。
P3204316.jpg
④じゃあ、帯締めもピンク系で。
P3204317.jpg
⑤足元は白っぽくしますかー。
P3204318.jpg
ほーい、完成。

今年ご退職なさるのは、本校に勤続すること35~40年以上のお三方。
私が中学生の頃に教わった先生ばかり(私は母校で教員をやっている)で、感慨深いものがある。
それぞれのご挨拶を聴き、後輩教員からお三方へのメッセージを聴き、大盛り上がりで名残を惜しんでいる姿を見…。
ふーーーーーむ、とふと考えたのだな。
はたして私が退職するとき、こんなに名残を惜しんでもらえるもんだろうか?と。
そもそも私、自分の送別会に出席するだろうか? 気恥ずかしくて、欠席するんじゃなかろうか。
後輩からのメッセージなんて、恥ずかしすぎて死ぬんじゃなかろうか…。
っつーか、後輩の世話なんてしてないし。彼らの参考になるような仕事してないし
飲み会とかもほとんど出席しないから、若人たちとの交流もないし。
考えれば考えるほど、自分が職場で慕われているとは思えない。
なるほどなーーー。送別会に出席できるかどうかってのは、人それぞれなんだわな。
…なんてなことを、考えた次第。

朝から喉が痛いな-、と思っていたら、みるみるうちに扁桃腺が腫れ上がり、今は唾を飲むのも難儀するほど。
おいおいおい、どーしたいったい???
明日は祝日なので、ちょっとゆっくり休みましょ-。
そうそう、演劇部の卒業記念DVD。無事、編集作業もコピー作業も終わり、本日きれいにラッピングして全ての作業を終了することができた。がんばったーーー! あとは、終業式の日に彼女たちに手渡すのみ。喜んでくれるかなー?

水曜日は咲夜さんバナー。咲でしゅ。いつもありがとうございましゅ。2つともクリックしてくださると励みになるでしゅ♪
br_decobanner_20110607235956にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

…いかんなぁ。なんか、さみしーよ。
さみしくて、さみしくて、両肩のあたりが寒く感じるよ。
誰かに、大きなものに、ぎゅっとして欲しいよ。
そのままでいいんだよ、と。大丈夫だから、と。
そばにいるから、と。ずっといるから、と。
ぎゅっとして欲しいよ。包み込んで欲しいよ。
さみしくて、さみしくて、自分をズタズタにしたくなっちゃう。
傷つけられたくないから、誰かが傷つける前に自分で自分を傷つけたくなる。
なんでいつも、行き着くのはそこなんだろうなぁ。
この気持ちは、なんだろう…。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する