FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
春旅2:春の積善館へ行ってきた。その1
2019年04月03日 (水) | 編集 |
4/1~2と春旅2へ行ってきたので、そちらのレポを。

長期休み中の旅といえば、毎回覗いているのが群馬県四万温泉「積善館」
私はこちらのお宿さんが大好きでねぇ、これまでにも3回行っているのだよ。
(※2015年コチラ、2016年コチラ、2017年コチラ
去年の夏も行くつもりだったのだが、その時は丁度良い日程で部屋をとることができずに断念したのだった。
今回も春休みを迎えるにあたって、積善館さんはどうかなー?と空き室カレンダーをチェックしていたのだが、どうも大人一人宿泊はお嫌らしく(笑)、「ただいま、その予約はできません」と何回も拒否されてきた。ちぇーっ!
ところがだよ、ダメ元で直前に覗いて予約を入れてみたら、あらビックリ、すんなりと予約が取れたじゃないの!
それにね。あのね…、スタジオクゥさんの最新巻『温泉浴衣をめぐる旅』でも
P3314370.jpg
群馬県四万温泉が紹介されていて…
P3314371.jpg
積善館さんも紹介されてるんさ! 
P3314372.jpg
いやー、これを読んだ時は嬉しかったなー。『ひよささんとうにささんも行ったんだ!』って思ってね~♪(お二方のファンなの)余計に積善館へ行きたくなったわけよ。
そんなわけで、1年半ぶりに四万温泉へ向かったのだった。

<荷作り、服装>
さて、今回の荷作りも脊オパリュックに。
つい先日もこちらに1泊の荷物を作ったばかりだから、手際の良いこと良いこと(笑)。あっという間に荷作り完了。
カイ●ズのバッグインバッグ、こんな風にモノを入れますよぉ~。
P4014376.jpg
そして、今回の旅装束は…
IMG_7895.jpg
せきついくんパーカーHeysha-Tシャツ、Gパン、これに脊オパリュックを背負って。見る人が見れば米津玄師ライブかよっ!とツッコミが入るほどのライブグッズてんこ盛り状態。わっはっは!
いーの! 好きなモノを着て、好きなモノに囲まれて、お気に入りのお宿さんに行くのっ!
もちろん、車内は好きな音楽をガンガンですわよ~。
●Eve×Sou Album「蒼」クロスフェード

今回の旅ではこのアルバムにハマったなー、名曲ぞろいっす。Eve×Sou、いいじゃん。至福至福。

<ドライブ~到着♪4/1>
ワクワクソワソワして、ちょっと早めに家を出てしまったもんだから、到着予定時刻がチェックイン時間前。
…いかん、早すぎる。どっかで時間を潰さねば…。
ということで、SAやらPAがある度に立ち寄っては無駄にトイレ休憩を入れ(笑)、
IMG_7868.jpg
ソフトクリームを食べたりなどし、チェックイン時間丁度くらいにお宿さんに到着した。
積善館本館前に車を着けると、駐車場入口に立て看板が立っていて「ご宿泊のお客さまはフロントへお声がけください」とあった。
しかし、車を降りる前にすぐフロント係のおにーさんが飛び出てきて、看板をどかして駐車場へと案内してくれる。こういうきめ細かい対応が有難いよなー。
そんでもって、どうやら今回はプレゼント付きプランだったらしく、こんなものをくれた。
IMG_7869.jpg
積善館の刺繍入りタオル! わっはっは、これはマニア垂涎のグッズだな(笑)。
今回のお部屋は地熱を利用した床下暖房洋室。へー、積善館さんの洋室に泊まるのって初めてだー。
これが、また妙に落ち着くお部屋だった(笑)。4畳半~6畳くらいのコンパクトスペースで、一人がけのソファが居心地良くってさ。
ただ、机が低すぎ&机上にモノが満載なので、今回は筆ペン練習はできなかったけども。
お茶を飲んで少しゆっくりし、積善館の外観を撮影するために外で出た。
お宿の前には川が流れていて、赤い橋がかかっている。これは梅かな?
IMG_7870.jpg
そうそう、千葉では桜が満開だったけど、ここ群馬ではまだ桜はせいぜい3分咲き。まだまだ梅が主役の時期だったのだ。
そんでもって、寒い! なんと白いモノがちらちらと風に舞っている。風花(かざはな)だっ!
IMG_7871.jpg
いやー、まさか雪を拝めるとは思わなかったよ…。
IMG_7872.jpg
あーーーー、やっぱり素敵な建物だ 
IMG_7873.jpg
好き好き-。
…しかし、体が芯から冷えてしまった。よし、さっそく温泉じゃー!
<春旅2、連載します。その2へつづく>

水曜日は咲夜さんバナー。咲でしゅ。いつもありがとうございましゅ。2つともクリックしてくださると励みになるでしゅ♪
br_decobanner_20110607235956にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する