FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
はじめての岩手。その2
2019年08月22日 (木) | 編集 |
<前回のあらすじ>
ゆるっと決まった旅なれど、楽しみすぎて興奮して眠れず。
ひねくれ者のひまわり。
袋田の滝のオブジェが…ないっ!

<袋田の滝。8/16>
オブジェがないのは残念だったが、気を取り直してトンネルを進む。
第一の展望場所に到着。緑が濃いなぁ~!
同行人:「山が近いね」
私:「うん、圧を感じるくらいだ…ちょちょっ、距離近いって!のいてっ!」
同行人:「(笑)山とは適度な距離感がいいよね~」
IMG_8380.jpg
ばーーーん! 前回来た時も「なんで???」と思ったが、この場所は「恋人の聖地」なのだそーだ。
IMG_8381.jpg
やっぱ、なんで???(爆)
更にトンネルを進んで、第二の展望場所へ。
おー、だいぶ滝が近くなったなぁー!
IMG_8382.jpg
ここに、西行法師の歌などが展示されている。
IMG_8384.jpg
同行人:「四度の滝、だって。なにが四度?」
私:「四度? そんなん書いてあった?」
同行人:「ほら、ここ」
私:「…ホントだ。何が四度なんだろ? 1回や2回じゃなくて、4回観ろってこと?」
同行人:「春夏秋冬で、それぞれ見どころがある…とか?」
謎を抱えたまま、ここからはエレベーターで一番高い展望場所へ向かう。
エレベーターから降りると…ぐあああああ、暑い! 蒸し暑さがハンパない!
同行人:「あー、そうか! 四段になってる滝なんだ!」
IMG_8385.jpg
私:「なるほど! たしかに、四段ある!!」
同行人:「そっかー、四度の滝ってそういうことかー」
私:「でもこれって、この高さから見ないと絶対わからないよね(笑)」
同行人:「だねー。下からじゃ、四段どころか二段しか分からなかった(笑)」
…どうやら、四度の滝というのはそういうことのようである。
でも、こちらの滝は季節ごとに素晴らしい表情を見せてくれるらしく…四季の滝を味わいに四度観に行くべし!というのも、あながち間違いではなかったように思う。いつか、真冬の凍った滝を見てみたいもんだ。
いやーーー、それにしてもものすごい湿度と気温であった。
全身ぐしょ濡れになって車にもどり、途中の道の駅にてソフトクリームを食す。
IMG_8390.jpg
りんごソフトクリーム♪ 
汗をかいた体に、甘酸っぱいりんご味がぎゅいーーーんと染みこんだ。
はーーー、美味しかった!

<お宿到着。8/16>
この日お世話になったのは、湯宿 飛鳥さん。
“ペンション”と銘打ってはあるが…外観も内装もかぎりなく「和」(笑)。とっても落ち着く。
オーナー:「ウチの階段は自動となっております。足を左右交互に動かすと、自然と登っていきますから」
同行人&私:「あはは」
オーナー:「夕食は午後6時。10分遅れたらなくなりますので、注意してください」
同行人&私:「あは…あはは」
オーナー:「ご飯は5杯目まではタダです。5杯目からは有料となります」
同行人&私:「……あは」
どうやら、何か一言付け加えないと気が済まないご主人らしい(笑)。
温泉も案内していただいた。なんと、3種類もある!
オーナー:「今『男湯』になってるのが、明日の朝には『女湯』になります。あと、この奥の『釜湯』なんですが…石段が滑るのでお子さまには入って頂きたくないんです、危ないんで。他のお客さまはお子さま連れなんでご案内しないんです」
おー、つまり『釜湯』は、我々だけが貸しきりで入浴できると!
オーナー:「他のお客さまには内緒ですよ~」
それは嬉しいなぁ♪ なるほど、こいつぁー是非とも3種類の湯を制覇したい!
部屋に案内されて、少し休憩をとったら、さっそくの入浴じゃ。
こちらは源泉かけ流しなので、充分に湯もみをしてから入って欲しいとのこと。
おー、湯もみなんて滅多にやらない経験じゃ♪ こんなのも楽しい。
袋田の滝でたっぷりかいた汗を流して、熱めの湯につかる。わー、ぬるぬる系の美肌の湯だ!
いやーーーーー、さっぱりした! 気持ち良かった-!!
同行人:「ねー、筆ペンやらないのー?」
そう、同行人は拙ブログの読者でもある。私が旅に出ると毎回筆ペン練習をしているのも知っているのだ。
私:「やるやる。算数ドリルみたいなもんだからね、1旅で見開き2ページはやらないと」
IMG_8392.jpg
無事、ノルマ達成!(笑)
そうこうしているうちに、「ご飯ができましたよー!」とお声がかかった。
わーい、お楽しみの夕食じゃ♡
<なかなか話が進まないのは、いつものこと(笑)。その3へつづく>

木曜日は空良くんバナー。あんぽん、あんぽん、あんぽんたーん♪ お帰り前に2つともポチッとしていただけると嬉しいです♪
br_decobanner_20110611220432にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
関連記事

コメント
この記事へのコメント
オーナーとの会話
あ〜ツッコミ入れたい!
なんかノリ?が合いそうです。

滝の音が聞こえてくる写真ですね。
絹の糸が流れているみたいで綺麗です。
2019/08/22(木) 22:14:31 | URL | 奈良の鹿煎餅 #D1bJ3drE[ 編集]
こんにちは
恋人たちの聖地。最近なんですよねー言い出したの(笑)
たしか、地質の異なるふたつの地盤?岩盤?が滝のところでくっついてるとかそんな理由だったような。
2019/08/23(金) 18:40:33 | URL | やまめ #-[ 編集]
奈良の鹿煎餅さん
え?! オーナーとノリが合いそうですか?
ぜひぜひ、こちらのペンションへ♪ いいお宿ですよ〜。
滝…写真で見ると涼しげなんですけどねぇ…いかんせん蒸し暑さMAXでございました。滝はあんまりじっくり鑑賞できませんでしたわー。わはは。
2019/08/23(金) 20:18:09 | URL | べにお #-[ 編集]
やまめさん
なんと! そんないわれがあったのですか!
うーーーん、そういう説明書きみたいなのがなかったような気が…。あったら、読んでると思うので…。
地質学的な「恋人たちの聖地」なんですね。それもまた壮大だ(笑)。
2019/08/23(金) 20:20:07 | URL | べにお #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する