FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
「永敬爺82 令和元年弾き語り」に行ってきた!その2  ※9/26大幅書き換え
2019年09月24日 (火) | 編集 |
<前回のあらすじ>
駐車場難民。
島爺ライブコーデ。

<開場>
ライブグッズを無事購入し、しばらく待っていると開場の時間となった。
孫友(まごとも。島爺ファン同士のお友達)がたくさんいらっしゃるようで、あちこちで「久しぶりー!」などとハイタッチが交わされて、お土産らしきものを交換している姿が見うけられる。はー、そういう交流が盛んなのね-。
それにしても、この客入れの曲たちは琴線に触れるわ-。
ラブイズオーヴァー、つぐない、カモメが飛んだ日、飛んでイスタンブール、傘がない、飾りじゃないのよ涙は…。
モロ世代っす(笑)。どの曲も、イントロだけですぐ分かるっす。
周囲の若いお孫さんたちが「えー? 歌謡曲っぽーい」と反応している中で、1人イントロドン状態ですわ(爆)。
謎の優越感と幾ばくかの淋しさを感じたよ。わっはっは!
それにしてもこの選曲って…じぃちゃんってば、いくつなのよ?…あ、82か(笑)。
というわけで、開演待ちの時間も個人的にとっても楽しかったのであった。
※追記:9/21の「しゃべるじじい」(=島爺さんの生ラジオ放送)によると、この客入れ曲たちは罠孫さん(ワーナーミュージック・ジャパンの島爺さん担当の方)が懐メロプレイリストのようなものを見つけてきて、「これ流しましょうか?」ってことになったらしい。ほうほう、そんなのがあるんだねー。

<開演>
ステージには腰掛けるための四角い台と譜面台。あとは照明機材のみ。
じぃちゃんが静かに登場して、台に腰掛けギターを抱えて歌い出す。
うわーーーーーー、ナマのじぃちゃんの声だーーーーっ!
今回の座席はかなーーーり後ろの方(T列だもんね。20列目ってことよ)だったのだけど、キャパ800人くらいのホールだし、何よりじぃちゃんの圧倒的な存在感で舞台がぐんと近く感じる。
近い…近いよ、じぃちゃん!
じぃちゃんは銀髪を後ろで一つ結びにし、黒いフード付きの羽織風上着を「三途の川」Tシャツの上に羽織り、黒いダボッとしたパンツ(サルエルパンツ?)を履いておられました。
これがねー、後ろの座席からだと「坊主頭に袈裟姿」に見えてね。「琵琶法師、琵琶法師なの?!」と心でツッコンでしまったよ(笑)。

(えー、いつも通りここで1曲1曲の紹介と感想をレポしていくのですが、今回のセトリがみつからなかったので…すんません、記憶だけを頼りに書いていきます。曲順やら曲名やら、きっとぐじゃぐじゃです。ご了承ください)
と、書いて9/24にアップしたのですが、なんと9/26にセトリをツイッターで発見いたしました!
なので、大幅に書き換えます! 以下、セトリに基づいて書き換えましたので宜しくです。

1.生爺のテーマ(島爺)
…これは、じぃちゃんが弾き語りライブ用に作ったオリジナル曲。なんかね、初っぱなからハートを鷲づかみにされた感じ。
「届け! 伝われ!」って力強い想いを、ズギューンと感じたよ。

2.家族の風景(ハナレグミ)

…初めて聴いたけど、イイ歌っすね。ギターの弾き語りがよく合う。

3.カモメが飛んだ日(渡辺真知子)
…で、これですもん! モロ、世代ですもん!
じぃちゃん曰く「ちっちゃい82歳(笑)の頃、懐メロ番組で観て『歌の上手いおばはんやなぁ!』と思った初めての曲」だそうな。
じぃちゃんの声で聴くと、すごく新鮮。アレンジも利いていて、聞き惚れましたわ-。

4.別の人の彼女になったよ(wacci)

…これねー、じぃちゃんが以前ツイッターで弾き語りを披露してくれてた曲なんだけど、その時は1番だけで。
今回全部最後まで聴いたら…あららら、なんて切ない展開に。ぐっときましたわ。

5.茜色の夕日(フジファブリック、歌唱:奥田民生)

…この曲を作った志村さんが急逝してすぐのライブで、奥田さんが歌った時の動画がこれ。
じぃちゃんいわく、「この動画って盗撮…盗聴なんですよね。だから、アップされては消されしてるんだけど、その度にまたアップされて。俺なんかの立場が言っちゃいかんとは思うんだけど、奥田さんの思いがこもった歌で、すごく良くて…消されて欲しくない動画なんです」。
じぃちゃんもたっぷりと想いを込めて歌ってくれました。ちょっとうるっときた。

6.パプリカ(米津玄師Ver.)

…まさか、米津さんバージョンでくるとは思わなかった(笑)。これも、弾き語りで聴くとまた味わい深いっす。
「米津さん…なんなんでしょうね、あの人は。ホンマに人間ですか?」とリスペクト。
9/21の「しゃべるじじい」では「パプの歌は、練習してるうちに『花が咲いたら~』の部分が『鼻、ガッサー行ったら~』に変換されるようになってもうて…(爆)。舞台で笑わなくてよかったわー」とのこと。
じぃちゃんのアタマの中では「幼稚園児くらいのオトコノコが全力疾走してコケて、顔から地面に『ガッサー』といって、『鼻』からダラダラ血を流している」という映像が流れてしまうらしい。なんじゃそりゃ(笑)。

ここで「短い歌シリーズ!」とじぃちゃんが高らかに宣言し、短い歌たちが続いた。

7.も一度(島爺)
…これも、じぃちゃんのオリジナル曲。いったん音楽をあきらめたが「も一度」音楽の世界に…という私小説のような内容。「これは…すごくボクです」って、舞台でも言っていた。染みるんだよなー、これ。

8.たんじょうびの歌(島爺)
…これは、「しゃべるじじい」で毎月披露されるじぃちゃんの曲。
この日会場にいらしていた9月生まれの人、ナマ歌で祝ってもらえて良かったね♪ うらやましー!

9.気圧のせい(島爺)
…じぃちゃんオリジナル。ツイッターで公開された時は、爆笑したな、もう(笑)。
そう、電信柱が高いのも郵便ポストが赤いのも、みんなみんな「気圧のせい」ですから!(爆)

10.ブリキノダンス(日向電工、歌唱:島爺)

…「最近、ブリキノダンスを高速で弾くのにハマってましてね」とのことで、サビの部分を高速早弾きで披露。
いやいや、もともと速い曲だっていうのに完璧にやり遂げる…すげーな、じぃちゃん!
「もっと!」と客席のお孫さんから声がかかり(じぃちゃんのライブでは、客席と舞台のじぃちゃんがふつーに会話する/笑)、さらに高速に。
「もっと、もっと!」と更にせがまれて、さらにさらに高速に…。
3回目が終わったあたりで、じぃちゃん:「さすがにこれ以上は…口が回っても手が追いつかへん」。
…いや、それ、普通 逆だから(笑)。えー、口だけならまだいけるの?!
すると、ドSなお孫さんから「じゃあ口だけでやってー!」
ここで、じぃちゃんのハートに火がついた(爆)。
数回深呼吸をし、ぬおーーーーっ!という勢いで超超超高速早弾き! 
結局、口だけでなく手もやり遂げたのだった。わっはっは、じぃちゃんってばムキになるタイプ?
必死でついていく孫の手拍子も、もう限界。手拍子と言うより、ほとんど拍手(笑)。
照明までもがそのテンポに合わせてせわしなく点滅するのがまた可笑しい。
もうもうもう、大爆笑でございましたわ!! ヘンなライブー!!
<まだまだ続くよ~。その3へつづく>

火曜日は風花さんバナー。やっぱりふうちゃんが一番可愛いのよ! 2つともポチッとしなさいよ!
br_decobanner_20110609233723にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する