FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
べにお家のねこ自慢。その6
2019年12月30日 (月) | 編集 |
<べにお家のねこ自慢、その6>

我が家に最初に加入した、「かいた」を自慢します。
かいた君は、地域新聞の「里親募集」コーナーで見つけました。
お宅にお邪魔して 数匹みせてもらった仔猫の中で、
「にゃーーーっ!!」と私に飛びついてきたのが 彼でした。
生後1か月半だったと思います。

Before06.jpg

のちに「無敵のおにーちゃん」へと変貌を遂げる かいた君ですが、
このころは めちゃくちゃヤンチャ坊主でした。
一人っ子だったし、好き放題していました。
それが、1年後に妹(=風花さん)を迎えると…

Before06-2.jpg

彼女の教育的指導により、すっかり「いいお兄ちゃん」に変わってしまいました。
もともと父性愛が多めの猫だったのでしょうけど、
わがままな妹が可愛くて可愛くて仕方ないといった様子でした。

その後、
生徒が拾ってきた猫(=咲夜さん)、
あんぽんたんな「つぃー」、
After06.jpg
愛に生きる「らっこ」と妹(=黄ちゃん)、
女子力の低い「閣下」、
P5024641s_20191225110647cb2.jpg
女王さまな「ままま」と アホの子「ぼーくん」。
IMG_2442_20191225110647f90.jpg
新規加入される猫たちすべてを、
どーんと大きな心で受け入れ、全員を可愛がってきた かいたおにーちゃん。

「かいたおにーちゃん」は「かいたおんちゃん」となり、
「おんちゃん」もしくは「おん」と呼ばれるようになりました。
おんは賢くて 常にイイコ・いいおにーちゃんでした。
自分が使っているクッションでも、妹たちが来ると譲ってやる おん。
病院に行くためキャリーを出すと、自分から中に入ってくれる おん。
朝 私を起こしに来て「みんなー、メシだぞー!」と号令をかけるのも おん。
本当に頼りになる、我が家の大黒柱でした。
そんなしっかり者の おにーちゃんでしたが、
年をとってからは すっかり甘えん坊になって、よく私の邪魔をしてくれました。

ojama02.jpg
After06-2.jpg

「かーさん、そんなことよりオイラを構うのです。さあ、さあ!」
…家で予習をするのは、諦めざるを得ませんでした(笑)。

気が付けば、おんと暮らして18年の時が経っていました。
人間で言ったら86~90歳の高齢です。
それでも食欲旺盛で病気もせずに ずっと元気だったので、
「これはもう、猫又になるまで長生きするに違いない」と半ば本気で思っていました。
「じじぃになっても可愛いなんて、猫ってすごい生き物だなー」と呑気に思っていました。

9月20日、急に食欲が落ちて、
9月21日、全く食べなくなり、病院へ連れて行くと「老衰」だと言われました。
家でしゃべじじを聴きながら、おんに点滴をしていました。
9月22日、朝 けいれん発作を起こし、それでもずっと浅い呼吸を続けていましたが、
夜になって胸の動きがなくなり、静かに旅立ったことが分かりました。
長患いもせず、苦しむこともなく、ほとんど面倒もかけずに、
最期の最期までイイコのおんでした。

matane.jpg

おんちゃん、18年間 一緒に暮らしてくれてありがとう。
いってらっしゃい。
いつか、またね。

リクエスト:生命線
…おんは私にとって、彼氏であり、ダンナであり、息子だったのかなー、と思います。
この曲のおかげで、彼の死後はじめて泣けました。感謝です。


<おわりに>
ながながと連載させていただき、どうもありがとうございました。
1匹1匹を振り返ることができて、とても楽しかったです。
じぃちゃん(=島爺さん)、いつも長文を読んで写真をアップしていただき、ご面倒をおかけしました。
毎回 楽しそうに紹介していただけて、とてもとても幸せでした。
お孫さん(=島爺さんのファン)からのコメントも、いつも楽しみにしていました。
リクエスト曲を予想して当てて下さったりして、めちゃくちゃ嬉しかったです。
この猫たち全員を看取るのが、私の大事な仕事です。それまで、頑張って生きないと。
最後までご視聴いただき、ありがとうございました、ありがとうございました、ありがとうございました…。<完>

月曜日は海大くんバナー。お手数ですが、二つともポチッとな、していただけると励みになります♪
br_decobanner_20110608205601[1]にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

…そもそも「ねこ自慢」連載は、この最終回を書きたくて始めたのでした。
おんちゃんが亡くなって、ずっと泣けなくて、それが「生命線」を聴いたら一気に涙があふれてきて…。
じぃちゃんの歌のおかげで泣けたこと、こんなに素敵な猫がいたんだってことを書き残しておきたかった。
ラジオでこの記事をじぃちゃんが読んで、「べにおさんとおんちゃんのために、『生命線』」と言って、リクエスト曲を流してくれたのが嬉しかった。
リクエストが流れている間ずっと、リスナーのお孫さん達がコメントで泣いてくれていたのが嬉しかった。
こういう機会を与えてくれて、感謝感謝です。じぃちゃん、あざまっす。
なんと、3ヶ月にわたって放送してもらったのよ~(笑)。居心地のよい、素敵なラジオです。はい。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
ねこ自慢
連載お疲れさまでした。読んでいて、懐かしく思い返しました。べにおさんちのHPやブログで、リアルタイムでにゃんこ達が増えていく様子を読んでいたことや、数少なくても猫ちゃんたちと実際にお目にかかれたことをまざまざと思い返します。

私も、今飼ってるにゃんこ達を看取るのが大切な仕事です。それまで頑張って生きなくては。

今年も残すところ。あと1日。どうぞ良いお年をお迎え下さい。
2019/12/30(月) 21:09:29 | URL | マリー #o/PXu/q6[ 編集]
素敵な出会い
会うは別れの始まりという言葉、会者定離…。
べにお家に迎えられた時からのお話は興味深く楽しく読みました!
おんちゃんはそんな仔だったんですね〜

しまじぃさん、お孫さん中々素敵ですね〜
来年もブログ楽しみです!
2019/12/30(月) 23:22:26 | URL | 三匹のはは #-[ 編集]
マリーさん
ああ、そうですねぇ。マリーさんは、海大くんを迎え入れる前からのお付き合いですものね。猫を飼おうかどうしようか…なんて悩んでいた頃をご存知ですものね。
累計9匹ですわー。彼らと暮らすことができて、本当に有難いことだと思っています。
お互い、彼らの旅立ちまでしっかり見届けられるよう頑張りましょうね。
2019/12/31(火) 20:16:41 | URL | べにお #-[ 編集]
三匹のははさん
ふふふ、1枚目の写真なんて、最近のおんちゃんしか知らない人からしたら、ビックリするほどヤンチャでしょ? そんな時期もあったんですよねー。
人に歴史あり、猫にも歴史あり、ですなぁ…。
じぃちゃんもお孫さんたちも、とっても素敵なんです。歌い手&リスナー界隈の、懐の深さナンバーワンです(笑)
2019/12/31(火) 20:21:03 | URL | べにお #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する