FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
クリスマス積善館。その3
2020年01月06日 (月) | 編集 |
<前回のあらすじ>
なぜか水車ができていた。
やっぱり素敵なお風呂&やっぱり素敵な夕食!

<起床~朝食。12/26>
おーはーよーぉーごーざーいーまーす-。
朝5時半頃に起床。ああ…猫に起こされないとゆっくり眠れるなぁ(笑)。
もちろん、朝風呂に入る。岩風呂とお部屋ちかくの浪漫の湯をハシゴ。きもちいーっ!!
体があったまったところで、いつもの旅のノルマを。
IMG_8806.jpg
行書、たのしー♪
そして、積善館でもっとも楽しみにしている朝食!
●サラダ、切り干し大根の煮物、ブルーベリージャムのせヨーグルト、白粥、味噌汁。
IMG_8807.jpg
…これです! 私が愛してやまない積善館のお粥!! 普通のご飯も選べるけど、ここへ来たら絶対お粥!
温泉で炊いてるんですよ~、ダシがほんのり利いてるんですよ~。サイコーの美味なんですよ~。
ひと口食べるだけで、ほわんと優しい気持ちになれるお粥なんす。あーーーーシアワセー!
●焼き塩鮭、だし巻き卵、がんもどきと野菜の煮物、納豆、インゲンのごま和え、卯の花。
IMG_8808.jpg
…お粥と味噌汁だけでもいけるのだが、こういう小さなおかず達をつまみながらってのがまた嬉しい。
他のものはあらかじめテーブルにセッティングされているけど、塩鮭は焼きたて熱熱を届けてくれます~。
こういう心配りも嬉しいよなぁ。
●梅干し、きんぴらごぼう、白粥。
IMG_8809.jpg
…はい、これまたお粥と味噌汁は3杯ずつ戴きました~♪ あああ…美味しかったよぉー!!
御馳走様でした!
朝の水車はこんな様子。
IMG_8810.jpg
あら、素敵。なかなかの風景でございました。
ひとしきり部屋でダラダラと食休みをとってから、さぁ帰りましょうかね~。

<立ち寄り~帰宅。12/26>
どこも観光せず(いいかげん通ってるもんで、今更観光する気がない/笑)関越道をひた走る。
すると、道路脇になんだかラブリーな建物が…え? お菓子屋さんなの?
ちょっと気になったので、上里インターで下りてその建物に向かってみた。
上里カンターレ、というらしい。
IMG_8811.jpg
中に入ると、どうやらイタリア料理レストラン+ベーカリー+スイーツ工場&直売…という施設みたい。へー、面白い。
見学する前に、まずはトイレへ。うはーーー! なんだか、べらぼうに綺麗なトイレだっ!
IMG_8812.jpg
スイーツ工場の見学ができるというので2階に行ったが、当日は工場見学不可だった。ザンネン。
でも、なぜかマッサージ機が置いてあったりしたので、しっかりマッサージしてもらう。気持ちええ…。
1階に下りて、直売のスイーツ達を見て回っていたら、アウトレット品がたくさんあった。美味しそっ! 安っ!
ということで、購入。
PC265925.jpg
はちみつバームクーヘン400円、フロランタン1000円、ミルフィーユのチョコレートがけ1000円。
これねー、どれもべらぼうに美味しかった! うわー、また関越道を走る時は絶対立ち寄ろうっと
ホクホク気分で再び帰路につき、夕方前には家に着いた。
「おかえりん、おかぁちゃん
PC265926.jpg
おう、ただいま!
閣下はお見送りもお出迎えも、ぐりんぐりんなのであった。<完>

* * * * * * * * * *

さー、なんやかやと連載をしているうちに、今日で冬休みは終了!
明日からまた着物生活に戻りますよぉー。さ、半衿をつけないと…。

月曜日は海大くんバナー。お手数ですが、二つともポチッとな、していただけると励みになります♪
br_decobanner_20110608205601[1]にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
関連記事


コメント
この記事へのコメント
閣下のおかえりなさい
相変わらず鉄板の可愛さですわ。
ニャンズの起きろ〜!が無いと
嬉しいような寂しいような?
朝食の一口サイズお料理がオシャレです。

最後にベラボーにオシャレなおトイレ。。。
楽しいレポありがとうございました。
2020/01/06(月) 21:30:24 | URL | 奈良の鹿煎餅 #D1bJ3drE[ 編集]
奈良の鹿煎餅さん
可愛いですよね~。閣下の可愛さは無敵です(笑)。
そう、猫に起こされないとゆっくり眠れるのですけど、どこか物足りない…。
そして猫不足モードになり、帰路を急ぐことになるのでした。
トイレ、あまりに美しかったので写真にとってしまいました。誰もいなくて良かった(笑)。
2020/01/07(火) 21:08:23 | URL | べにお #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する