FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
  • 02«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »04
梅雨入りかよー!
2008年06月02日 (月) | 編集 |
d8c30f0c.JPG今日は学校に行った。
行ったけども、生徒がワイワイガヤガヤやっているのが、気に障って仕方ない。呼吸が苦しくなる。
授業も普通にやったけど、元気だったら冗談で切り返せるところが、それができない。ま、仕方ないな。
早退したいくらいの気分だったのだけど、部室倉庫の大掃除をやらせなければいけなかったので、頑張って残った。

そう、部活がねー。
というか、部活顧問がねー…。
この4月から一緒に組むことになった女性教員が、どうも苦手。本人に悪気は全くないんだろうけど、彼女の存在が結構私のストレス。
彼女はきっと良き教師・良き妻・良き母なのだろう。
そして誰かに頼り、誰かのサポーターという立場で、これまでの人生を過ごしてきたのだろう。
だけどね、部活顧問って(もっと言うなら仕事って)そうじゃないと思うのよ、私は。
私と彼女、どちらも一顧問として、生徒の指導にあたっていくべきだと思うわけ。
それが…彼女はひたすら謙遜し、何でもかんでも私に報告・相談し、自分の意志で指導しようという姿勢が見られない。
何でいくら新人とはいえ年上の彼女に、私が全面的に頼られなくちゃならんのよ?
冗談じゃないっての。
今日も土曜日に部活であったことの顛末を、わざわざ時間を割いて「報告」し、明らかに答えが分かっている「相談」をしてきたもんだから、ぶち切れてしまった。
「あなたのなさったことは充分正しい行動だと思いますから、自分に自信を持って、ご自分の意志で生徒を指導なさってください。なんでもかんでも私に報告する必要はありません」って。彼女はハトが豆鉄砲喰らったような顔をしていて、逆に私は罪悪感を感じてしまったのだけど。
私にとっては当たり前のことなんだけど、彼女を傷つけてしまったかしら?
うーん、でもいずれきっと言っていたことだと思うし。
これで少しは彼女の意識が変わってくれたら…いいなぁ。
いやいや、でもこれまでの生き方を変えることは難しいわね。期待しないでおいた方が良さそうだ。

あーーーーー、女って、めんどくせーーーーーっっ!!!

画像は面倒くさくない女、咲夜さん。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック