fc2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
| Login |
2023年10月29日 (日) | 編集 |
ウチの学校、年末調整が今年からWeb上で扱われるようになったそうで、その手続きを自分でやらねばならないので学校へ行ってきた(自宅のPCからではそのWebサイトにログインできないため)。
なるべく誰にも会いたくないので、日曜の早朝を選び、研究室へまっしぐら。
別にこそこそする筋合いはないのだけど、誰かと会うのは単純に緊張するし、復職の目途も立っていないのに何を会話したらいいのか…とか考えると、ゲンナリしてしまうから。
良かった、誰にも会わなくて済んだ。
さっそく自分のPCを2ヶ月ぶりに開けて、Webサイトにつなげ、持参した書類たちを見ながら入力していく。
事務室から「手続きの手引き」のようなものもいただいてはいるのだが、実際にやってみての疑問や質問を誰にも訊けないのはキツイ。おそらくこうだろう、きっとこうだろう、と自分なりの解釈を交えつつ入力手続きを終えた。
完成したモノをプリントアウトし、返送用封筒に入れて手紙を添えた。事務室から、11月分の休職願とともに提出するように送付されてきたものだ。
手紙には、「こういう解釈で算出した数字を入力しました。間違っていたら、ご訂正願います」という内容を記述。おそらく、本校における元締めの事務室なら、全員のデータを入手することができるだろうから。
年末調整の作業を終えて、研究室の掲示物を整える作業に移る。研究室用に来年のカレンダーを買ったので、そこに行事予定を記入していく。
書きながら、自分はこのカレンダーの時期にここにいるんだろうか?…などと考えて、ちょっと沈んだ気持ちになる。
廊下から、物音がした。どうやら近くの研究室に、出勤してきた先生がいるようだ。
急にドキドキする。ウチの研究室に訪ねてきたらどうしよう…。
居心地の悪い、落ち着かない気分になってきたので、カレンダー記入をそそくさと終わらせて、学校をあとにした。
…やはり、職場の誰かと会うというのは、まだハードルが高いんだな。
2ヶ月ぶりの学校だったが、自分一人で作業をしている分には結構普通にできた(と思う)。
でも「誰か」の存在を感じると、にわかに緊張が走る。
1時間半ほどの滞在で、なんだかとても疲労してしまった。
復職、難しいな。

日曜日はえんちゃんバナー。いつもありがとうございます。おかぁちゃんあちょぶ? あたちとあちょぶ? 2つともポチッとしていただけると、励みになります♪
banneren.gifにほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する