FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
中間考査3日目
2008年10月22日 (水) | 編集 |
そんなこんなで最終日。
今日はテストが終わってから、「授業アンケート」なるものが実施された。これまでに2回実施されてきたが、これがまた腹の立つシロモノ。各授業について「この先生の授業に熱意を感じますか?」だの「板書は見やすいですか?」だの「授業にクラス全員が集中していますか?」だの…要するに教員を生徒が評価するアンケートなのだ。
これは後ほど集計されて、教頭直々に各教員に配られる。…なんか、バカまるだしのシステム。あんなアンケートで教師の質を問うという学校の(校長・教頭の)姿勢自体に憤りを感じる。
こんなアンケートをやることで、教師の質が向上するとでも考えているのだろうか? 生徒に教師を評価させることにどんな教育的意義があるというのだろう? はなはだ疑問である。
ま、気にしなきゃいいんだけどね。結論。

さて、10月9日に怒らしてしまった先輩教員が、今日の部活にひょっこりと顔を出した。まるで何もなかったかのように。
…あれ以来アレコレと思い悩んでビクビクしていた自分が、ほとほとバカらしくなった。
やはり彼とはもうつき合えない。
この芝居が終わったら、もう彼とは縁を切ろう。彼のご機嫌を窺う自分は好きじゃないし、苦痛だ。自分が苦痛を感じてまで、彼を喜ばせようと努力する必要はない。ウツの原因の一端は彼にあるとさえ思える。
もうご免被る。さようなら。
私は心の中で彼と訣別をした。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック