FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
穏やかな一日
2008年12月14日 (日) | 編集 |
昨日は親友とホルモン焼き屋で飲み会。散々食べて、飲んで、お喋りして、ストレス発散!
帰宅したのは午前0時過ぎ。眠剤を飲んで、そのまますとんと眠りについた。素晴らしい。

今朝起きたのは午前5時。まあまあの睡眠だったと思う。
で、猫にエサやって、自分も朝食を食べてまた寝た。
昼に起きて、昼食を食べてまた寝た。
さきほど猫に起こされて起きた。エサをやって、現在に至る。
寝ていても嫌な夢をみないのが嬉しい。
ベゲタミン様々である。

今日はこのまま眠剤を飲んで寝てしまうつもり。
たっぷり眠れる幸せをかみしめつつ…。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
No title
随分前に(夏休み始め頃?)にコメントさせていただいたChihaです。

みやぢさんのブログ、まめに読ませてもらっています。

うつ病と共存する生活は、睡眠が大きく影響しますよね。

眠れないと、ボーっとして授業どころではありませんが、

それが生徒や同僚に伝わらぬようフツウを装うのも大変・・・。

実は私、うつ病と「共存」していたはずが負けてしまい、希死念慮が強くなり、5週間の入院生活を強いられました。

みやぢさんの学校のように、産業医の先生がいらっしゃると心強いですね。

うつ病の知識のない同僚などから、元気な励まし(?!)をもらっても、自分が辛くなるだけですから・・・。では。
2008/12/14(日) 22:16:00 | URL | Chiha #79D/WHSg[ 編集]
No title
☆Chihaさん

お久しぶりです! そうですか、入院されましたか。今はもう退院されたのですよね?

私は入院の経験はありませんが、希死念慮が強くでることは、たまにあります。そうすると、一人暮らしなもんで一人でジタバタして、ブログに書き散らしたり、メールを送りまくったりしています。幸い付きあってくれる友達がいるので、実行には移っていませんが。

うつ病は治る病気なのだそうですが、いつ治るのかが知りたいです。気がつけばウツ歴9年目ですから。

ウツに理解のない人は、時に残酷な励ましをしてくれたりしますよね…。分かります。

Chihaさんも同じウツ仲間として、いつでも書き込みしてくださいね。
2008/12/15(月) 19:06:00 | URL | みやぢ #79D/WHSg[ 編集]
No title
はい、2週間前に退院しました♪

主治医からは「年末年始は心が不安定になる人が多いから、あと数ヶ月入院を・・・」と勧められましたが、実際は うつ病患者よりも他の病気を抱えている人(統合失調症など)が多くて、叫び声やらケンカやら うすら笑いやら・・・とても落ち着ける環境ではありませんでした。

でも、持ち物検査が厳しくて とても命を絶てるような環境ではなかったこと、看護士さんやヘルパーさんの献身的な働きぶりに触れられたことは、何よりも収穫でした。

私もひとり暮らしです。希死念慮が強くでると まずは泣きわめき、それでも収まらず致死率の高い方法で自死しようとしましたが、気を失って九死に一生を得て 今に至っています。

みやぢさんのように、ブログに素直に綴ったり、友だちに甘えたりできる強さがほしいです。

「病気」は治るものですよね。そう信じて、お互い うつ仲間教員として、マイペースにやっていきましょうね。

長くなってスミマセン
2008/12/15(月) 20:30:00 | URL | Chiha #79D/WHSg[ 編集]
No title
☆Chihaさん

ほほー、精神科の入院というのはそのような感じなのですか。勉強になります(笑)。精神的にきているから入院するのに、落ち着ける環境でないというのは困りものですね。

やっぱり自分の家が一番落ち着けるということでしょうか。

自分も何度も夢想しましたが、自殺はやめましょうね、お互い。アレはウツが思わせていることなので、ウツのせいなんだから私は全然悪くない!って叫びましょう。

どうもうつ病患者ってのは、自責の念が強くていかんですよねー。ちょっと気を抜くと、すぐに自分を責める方向に考えちゃう…。思いグセですねー。

Chihaさん、長くても全然かまいませんよ。同志として、一緒に闘病頑張りましょう。励まし合える時は、励まし合いましょう。

そして、ゆるゆるとでも病状が回復することを祈って、できる限りのことをしていきましょうね。
2008/12/16(火) 15:34:00 | URL | みやぢ #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック